壁掛けテレビをDIYしてみた!金具の調子がすこぶる良い件

dscn5958

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

DIYで壁掛けテレビに挑戦してみました。やる前は結構大変かなと思ってましたが意外にもあっさりと完成。見た目も超スッキリになって大満足です♪

取り付けにあたり用意した壁掛けテレビ用の金具が、低価格ながらすこぶる調子良い商品でしたので、あわせて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

DIYで壁掛けテレビは簡単?

配線を壁の中に隠すには

これまで壁掛けテレビに対してハードルが高いと感じていた理由の一つに、配線の問題がありました

DIYで配線を壁の中に隠すためには、壁に穴を開けたり、アンテナ線やコンセントの位置が関係してきますので、素人がそこに手を出すのは危険です(コンセントの位置を変えるには電気工事士の免許が要ります!)

壁とテレビの間に配線ぐちゃぐちゃ~、で対応出来なくもないですが、せっかく壁掛けテレビにするのなら、できれば配線は壁の中に隠して見た目を限りなくスッキリさせたいところ

同じ理由で二の足を踏んでいる方も多いのでは無いでしょうか。業者に頼めば一発なんでしょうが、そこまでするなら現状テレビは見れてる訳だしこのままでいいや、みたいな笑

DIYでもできる配線を壁の中に隠す良い方法は? たどり着いた答えがこちらです!

dscn5929

壁の前にもう1枚壁を作ってみました!

2×4材と杉板、あとは今話題のDIYアイテム「ディアウォール」を組み合わせて作った「自作おしゃれ板壁」です

dscn5932

2×4材とディアウォールを使えば、こんな壁でもびっくりするくらい簡単にできちゃいます。作り方は下の記事に詳しく書いてますのでよかったら参考にしてみてくださいね

ディアウォール良いっ!

参考:ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法

壁掛けテレビ取付け金具

壁の中に配線を隠す問題も無事に解決したところで、あと必要なものはテレビを壁に取り付けるための金具です

ということで、まずは純正品のオプションをネットで調べてみることに。すぐに見つかりましたが、価格19,000円。はい、却下!

そして、いろいろ調べた結果たどり着いたのがこちら!

BESTEKのテレビ壁掛け金具「BTTM0690B」

BESTEKのテレビ壁掛け金具「BTTM0690B」

  • 左右可動域600*400mm!上下15度調整可能! 自分の見やすい角度に調節できて快適です。
  • 60インチ型までのLCD・LED・液晶テレビ対応可能です。
  • 壁掛けのデザインで、テレビが倒れる心配がなく安心です。
  • ステンレススチールの材質なので頑丈で錆びれにくいです。

寸法:69*41*5cm
本体重量:2400g
耐荷重:50kgまで
材質:ステンレス·スチール
壁から離れ距離:7cm
26インチから60インチ対応
原産地:中国
付属品:取扱説明書、取り付けネジ類

BESTEK(ベステック)というメーカーの商品、サードパーティー製の壁掛けテレビ用取付け金具です

26~60インチまでの液晶テレビに対応しており、左右の移動と角度調節の機能がついて、それでいて価格は3,000円しません。品質に対する評価もかなり高かったので、こちらを選択することにしました

壁掛けテレビDIYスタート!

金具を開封

dscn5935

それでは開封していきます。ちなみに発送重量は2.6kg。結構ずっしりとしてます

dscn5937

内容物はこんな感じ。梱包、包装は比較的丁寧にされている印象です。安もの中国製によくある、開封した瞬間に感じる「これ大丈夫?」感は一切ないですね

dscn5940

カラーの取り付け手順が入ってました。組立自体はそれほど難しくはなさそうです

dscn5939

保証書の代わりにこんな紙が入ってました。この手の商品にはよくあるパターンですね。このあたりは価格と天秤にかけましょう

プレートの取付け

dscn5945

プレートを壁にビス止めしていきます。2×4材の骨組みにしっかりビスが入るように位置決めしました。この時、水平を計るのを忘れずに!

dscn5949

ちなみに、こちらの商品には付属品としてこういう水平器が付いてます。背面が磁石になっていて、プレートに取付けられるようになってます

私はこの存在に取り付け後に気づいたので、手持ちの水平器を使って今回これは使いませんでした

dscn5946

石膏ボードの壁にプレートを取り付ける際のアンカーもちゃんと付属しています。その際には、ドリルで壁に穴を開ける必要があります

ディスプレイホルダー取付け

dscn5943

次に、テレビの背面にディスプレイホルダーを取り付けます。たくさん空いている穴の中から、間隔がぴったり合うところを選んでビス止めします。直径の異なる3種類のビスが付属していますので、テレビ側のビス穴の大きさに合わせてビスを選びます

メーカーによってビス穴の間隔や直径は違うと思いますが、これだけあれば対応できるでしょう(たぶん)。ちなみに今回のテレビはシャープのアクオスLC-40H7

テレビを壁に掛ける

dscn5950

プレートの出っ張りにディスプレイホルダーのフック部分を引っ掛けるようにして取り付けます。ぐらつきなどはなく、強度も問題なさそうですね

dscn5951

ディスプレイホルダーの下部分。このビスをぎゅっと締めることでプレートにがしっと固定される感じです

プレートもディスプレイホルダーもしっかりとした厚みがあって頑丈にできているので、かなり安心感がありますね

dscn5956

中央のネジを回すとテレビの角度調節ができます。作り自体は非常にシンプルな物ですが、可動もスムーズで全く問題ないですね

配線は、壁に適当な大きさの穴をドリルで開けて、そこから壁の中に入れました。これがやりたかったんです♪

壁掛けテレビ完成!

dscn5957

ということで、DIYで壁掛けテレビの完成です。念願だった配線のぐちゃぐちゃが見事に全部無くなりました!

dscn5959

これまでは、このテレビ台の裏に配線がこれでもか!ってくらいにぐちゃぐちゃになってました。大量のホコリと一緒に…

これなら掃除機でさっと吸い取れて楽ちんです。何より、見た目がめちゃくちゃキレイになったので精神衛生上かなり快適になりました

dscn5958

配線が一切見えないこのスッキリ感、良いわ~♪

ちなみに壁と壁の間には約10cmのすき間があるので、大量にあった配線は壁の裏側にまとめて入れてあります

裏側で絶対に見えない場所ですが、この際なんで種類ごとにきれいに束ねて壁にフックでとめておきました。穴あけや加工の自由度が高いのが、DIYの良いところですね!

まとめ

これまでずっと気になっていたテレビ台の裏側のぐちゃぐちゃ配線が無くなって超すっきり♪壁掛けテレビがこんなに良いもんだとは思いませんでした!

スッキリした分見た目がきれいですし、掃除がめちゃくちゃ楽になりました。テレビの映りも以前より良くなった気がします(これはあくまでも気のせいです)

ちなみに今回選んだ金具は、がっしりとした頑丈な作りで、細かい部分の品質も特に問題なく、コスパは非常に高い商品でした。純正品と比べたわけではありませんが、このクオリティなら十分ではないでしょうか

角度調節ができて頑丈なコスパが高い壁掛けテレビの金具をお探しの方は、是非参考にしてみてください

あと、壁の作り方に関してはこちらの記事を参考にどうぞ。ディアウォールは間違いありません!

参考:ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法

以上、壁掛けテレビをDIYしてみた様子でした

それではまた!

dscn5957 dscn5958

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【DIY】おすすめの工具箱15選/材質別・種類別にまとめてご紹介!!

プロが認める高品質のこぎり「ゼットソー」の切れ味は確かに凄かった!DIY初心者におすすめのモデルを紹介するよ♪

タクティクスの両面パーツケースが部品入れや小物入れとして使うのに便利すぎる件!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加