壁掛けテレビにしてみて分かったメリットとデメリット

どうも。ariko(@otonmediariko)です

テレビを壁掛けにしてみて感じたメリットとデメリットをまとめてみました。テレビを壁掛けテレビにしようとお考えの方は、是非参考にしてみて下さい

スポンサーリンク

壁掛けテレビのメリット

テレビ周りの見た目がスッキリする

テレビ台の上に置いて使っていたテレビを壁掛けテレビにしてみて感じた一番のメリットは、テレビ周りの見た目がすごくスッキリになったということです

これまでは、テレビ台とテレビは当然セットのような感覚で使っておりましたので、部屋の中でもテレビは場所をとるものという印象でした。薄型テレビが当たり前になったとは言え、それでも、テレビに脚が付いてその下にある程度の大きさのテレビ台があると、やはりそれなりの存在感になります

それが壁掛けテレビになると、そのごちゃっとしたテレビとテレビ台のセットが一気になくなり、テレビ周りの見た目がすごくスッキリになります

これまで、リビングの一角にテレビ台とセットでドーンと存在感を放っていた我が家のテレビでしたが、壁掛けテレビになってこんなにもスッキリとした見た目になりました

ごちゃっとした見た目、部屋の中でドーンと放つ存在感、これまでのテレビに対する固定概念をガラリと変えてくれる、それくらい、壁掛けテレビにした時の見た目のスッキリさには効果があり、これは間違いなく一番のメリットと言えるでしょう

部屋が広くなる

そして、テレビを壁掛けテレビにすることによって、当然それまで使っていたテレビ台が必要なくなりますので、その分部屋が広くなるというのも壁掛けテレビの大きなメリットのひとつです

テレビ台を置いていたスペースだけでなく、その上にあったテレビもまるまる無くなりますので、その分部屋が広く使えるようになります。テレビの大きさに比例してテレビ台も大きなものを使っているでしょうから、テレビが大きければ大きいほど効果大です

部屋の広さを考える時というのは、家電や家具が専有している場所(面積)にだけ目が行きがちで、意外とその上にある空間のスペースは見落としがち。テレビを壁掛けにすることによって、これまでデッドスペースだったテレビ上の空間も使えるようになるので、余計に広くなったと感じるのでしょう

テレビ裏のごちゃごちゃ配線が無くなる

テレビ裏には必ずつきもののごちゃごちゃ配線を無くすことができる、というのも、壁掛けテレビのメリットとしてはかなり大きいです。実際、私はこれにずっと頭を悩ませていて、これがしたくてテレビを壁掛けテレビにしました

ちなみにこちらは、壁掛けテレビにする前、テレビ台の上にテレビを置いて使っていた時のテレビ裏の配線の様子。からまりまくった何本の配線、見るだけでウンザリしてしまいそうな光景です。ここに溜まった大量のホコリを掃除する時は、毎回ほんと苦労していました

壁掛けテレビでは、テレビに繋がる配線は全て壁の中に隠すことができるので、見るたびにウンザリするごちゃごちゃ配線とも、そこに溜まる大量のホコリとも、完全にオサラバできます

正面からの見た目はもちろんスッキリ、テレビ裏の見た目はそれまでがあまりにもひどかったので、そのギャップもあって更にスッキリ♪

【関連】テレビ裏の配線をスッキリ整理するおすすめの方法まとめ

部屋の掃除が楽になる

テレビをテレビ台の上に置いて使っていた時は、テレビが置いてあるリビングのその一角は、掃除するのがすごく億劫でした

先程の、テレビ裏の配線に溜まったホコリは掃除機では中々うまく吸い取れませんし、そもそも、テレビとテレビ台を含めたそのごちゃっとした見た目が掃除する気を無くさせます。どうしても毎回隅々まで綺麗に掃除できずに、結果、テレビ裏にホコリが溜まり続けるという悪循環です

テレビを壁掛けテレビにすることによって、これまであれほど億劫だったテレビ周りの掃除が、驚くほど楽に短時間でできるようになりました。掃除のしやすさ、簡単さについては、ほんと劇的に変わりますよ!

テレビが見やすくなる

壁掛けテレビは、テレビを壁に取り付けする際に、ある程度自由に高さを決めることができます。部屋の使い方や、その部屋でテレビを見る姿勢に合わせて、一番見やすいベストな高さにテレビを置くことができるので、テレビが見やすくなるというのも壁掛けテレビのメリットです

使うテレビ台を変えたり、テレビを置く場所を変えたりしてテレビの高さを調節することは可能ですが、テレビが見やすいベストな高さとなると、そういった方法では中々難しいものがあります

うちの場合、テレビからある程度離れたところに置いてあるソファで座って見た時にベストな高さになるようにテレビを壁掛けにしました。大勢でテレビを見る場合の視認性も、以前より格段に良くなったのも◎

【関連】壁掛けテレビの最適な高さについて

部屋がおしゃれになる

ごちゃごちゃ配線からスッキリおさらばできて、部屋が広くなったり掃除が楽になったり、更にテレビが見やすくなったりということで、ここまでは実用性の部分でのメリットばかりが目立ちますが、個人的には、テレビを壁掛けテレビにすることのメリットとして、部屋がおしゃれになる、これもすごく大きいと感じています

モデルルームやおしゃれな部屋のテレビは、必ずと言っていいほど壁掛けテレビになっていますが、壁掛けテレビはインテリアとしてみた場合に、すごくおしゃれな部屋に見えるというメリットがあります

壁にスッキリとかけられた四角いテレビは、絵画やパネルアートのようにも見えて、家電でありながら部屋全体の雰囲気を壊すこと無く収まります

テレビをテレビ台の上に置いて使っていた時とは全く違う、おしゃれな雰囲気の部屋になりました。シンプルかつスッキリとしたおしゃれな見た目は、このテレビを初めて見る方からはすこぶる好評ですね♪

【関連】見た目スッキリ!DIYで壁にシンプルな棚を取り付ける方法

壁掛けテレビのメリットまとめ

■壁掛けテレビのメリット

  • テレビ周りの見た目がスッキリする
  • 部屋が広くなる
  • テレビ裏のごちゃごちゃ配線が無くなる
  • 部屋の掃除が楽になる
  • テレビが見やすくなる
  • 部屋がおしゃれになる

壁掛けテレビのデメリット

ここからは、テレビを壁掛けテレビにした時のデメリットを紹介していきます。実際、壁掛けテレビにしてみてほとんどが良いことばかりだったのですが、多少以前よりも悪くなったことや、デメリットとまでは行かないまでも、ちゃんと事前に頭に入れておかなければならないことなどがいくつかありますので、そちらをご紹介していきます

テレビを簡単に移動できない

テレビを壁掛けテレビにしてしまうと、簡単にはテレビを移動できなくなります。正確に言うと、テレビ自体を壁から取り外すことは簡単にできるのですが、部屋の模様替えをする感覚で壁掛けテレビの位置を気軽に変えたりすることはできません

テレビを壁掛けテレビにする際には、壁に専用の金具を取り付けて、そこにテレビを引っ掛けるようなかたちで固定します。更に、配線を通すための穴を壁に空けたりする場合もありますので、一旦取り付けた壁掛けテレビはそう簡単に移動することができないのです

リビングで使うテレビとかであれば、そこまで頻繁に移動するようなことは無いかもしれませんが、壁掛けテレビは一度取り付けたら基本的にはずっとその位置で使うことを前提に考えたほうが良いでしょう

落下する恐れが無くはない

壁にかけて宙に浮かせて設置する壁掛けテレビの場合、そこから絶対に落下しないということは言い切れません

最近のテレビはどんどんと薄く、軽くなってきているのは確かですが、それでもある程度の大きさのテレビになると、そこそこの重さがあります。そんなものが万が一落下してくるなんて想像するのも恐ろしいですが、テレビ台などの上に置いてテレビを使っている時には無いリスクで、可能性がゼロじゃない限り、このことも一応頭に入れておいたほうが良いでしょう

壁掛けテレビが落下するという状況を引き起こす原因で考えられるのは、取り付け方に問題があって強度不足で落下してくる、これが一番大きいと思います。あとは、取付け金具の強度や耐久性に問題がある場合もあるでしょう。地震などの災害も考えられますが、ちゃんとした取り付け方やしっかりとした金具を使っていれば、少々の揺れでは落ちてくることはないでしょう

どこでも取り付けられる訳ではない

壁掛けテレビが万が一落下してしまわないようにする為にも、壁にテレビを取り付けする際には壁の強度をしっかりと確認する必要があります。どこでも好きな場所に取り付けられるという訳ではなく、壁の強度によって取り付け場所に制限があるというのも、壁掛けテレビのデメリットです

どうしてもここに取り付けたいという場所があったとしても、その壁に十分な強度が無かったら、いくらインテリアとしての見え方やレイアウトが完璧だったとしても取り付けすることはできません

また、壁に穴を空けたりすることが難しい賃貸物件の場合も、壁掛けテレビを設置するには難しい場所と言わざるをえないでしょう

設置コストがかかる

テレビを壁掛けテレビにするには、ある程度、設置コストが掛かることも踏まえておく必要があります

先程の落下のリスクを抑えるためにも、金具は信頼性の高いちゃんとした金具を用意する必要がありますし、設置の際にはしっかりと取り付けする必要があります。DIYでできる方は別ですが、そうでない方は業者に頼まなくてはいけないので、その分のコストもかかります

金具の取り付け自体はそこまで難しいものではありませんが、配線を壁の中に隠すのをDIYでやるにはかなりハードルが高く、完成度を踏まえるとやはり専門の業者に依頼するという選択肢が無難なのでしょうか

壁掛けテレビのデメリットまとめ

■壁掛けテレビのデメリット

  • テレビを簡単に移動できない
  • 落下する恐れが無くはない
  • どこでも取り付けられる訳ではない
  • 設置コストがかかる

あとがき

壁掛けテレビにはメリットデメリット両方ありますが、実際にやってみて感じるのは、圧倒的にメリットの方が大きいです

どうしようか迷われている方は、是非参考にしてみて下さいね!

今回ご紹介したいくつかのデメリットのせいで、二の足を踏んでいるという方は、下の関連記事で紹介している我が家の壁掛けテレビの設置事例が参考になるかも。金具の問題や、設置コストはかなり解消できるはずです!

【関連】壁掛けテレビをDIYしてみた!金具の調子がすこぶる良い件

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪