有線LAN配線工事をNTTにやってもらったので見積りや工事内容など紹介するよ!

スポンサーリンク

NTTにLAN配線工事を外注してみることにしました!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

このたび、自宅の有線LAN配線工事をNTTにお願いしてやってもらったので、見積りや工事内容を紹介します!

自宅に有線LANを敷設したいなと検討されてる方は、是非参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

我が家のネットワーク環境

▼我が家のネットワーク環境図

こちらが我が家のネットワーク環境です(絵心なさ過ぎ…^^;)

インターネット回線はNTTのフレッツ光。回線の入り口に無線LANルーターを1台置いてそこからWi-Fiを飛ばしつつ、ルーターからLANケーブルを2階まで伸ばして、2階にもう1台無線のアンテナをたててます

ちなみに2階までのLAN配線は自分でやりました

有線LAN配線工事のきっかけ

先日、DIYで手作りデスクをつくってそこにメインPCを置いたんですが(上の図でいうと一番右隅の場所)、そこで思わぬトラブルが発生…。

ネットが遅すぎるー!!!

今回新たにデスクを作った部屋は、無線ルーターがある部屋から一番離れている奥の和室。かろうじて無線の電波はひろいますが速度が遅すぎる!

これじゃやってらんねー ٩(๑`ε´๑)۶ムキーッ

【関連記事】

自宅のWi-Fiが遅い5つの原因と解決方法/初心者がハマりやすい落とし穴はコレ!

▼配線工事の選択肢は2つ

ルーターからデスクを置いた部屋までの距離は、直線距離でだいたい15メートルくらいあります。壁や天井を這わしてケーブルを繋ごうと思うとさらに長くなるでしょう

くねくねさせないといけませんので20メートル以上はケーブルが必要でしょうか

選択肢その1.自分でやる?

2階までLAN配線したときは正直かなり大変でした。なるべく目立たないように配線したかったので、壁と天井のふちを這わすようにして。有給休暇とって丸1日つぶれました

しかも、今回再び同じルートでもう1本LANケーブルを這わすとなると、ケーブルが2本重なることになり見た目にもあまり美しくありません

壁の中や天井裏にケーブルを通す? 自分ひとりで?

うーむ…(-_-;)

選択肢その2.外注する?

プロに頼めば壁や天井裏はお手の物でしょう。 見た目もスッキリ気持ち良いです♪

でもいったいいくらくらいかかるんだろう?しかもどこに依頼すればいいんだろう??

NTTに問い合わせてみた

ということでとりあえずNTTの窓口に電話して聞いてみることにしました。似たような事例はたくさん持ってるでしょうから

自宅内の有線LAN配線工事はお願いできますか?できるなら価格も知りたいんですが


はい、できますよ。工事費、資材費で15,500円になります


壁とか天井裏にケーブルを通して欲しいんですが、それでも価格は同じですか?


はい。同じです

だそうです。

ちなみに、ルーターからの距離や1階から2階など関係なく、同じ価格でやってくれるそう。えらいざっくりしてるんですねw

自分でやったあの1日作業の手間と苦労を天秤にかけて検討した結果、お願いすることにしました

NTTの有線LAN工事の様子(当日)

▼贅沢な人員配置

ということでお願いして約2週間後に工事日が設定され、いざ当日。業社の人が3名やってきました

2名が実際に工事をする人、もう1名は乗ってきた車両を家の前の道路に駐車しておくのに邪魔にならないように交通整理する人!

なんかすごく贅沢な人員配置です

▼実際の工事内容

そしていざ工事開始!

こちらのテレビボードの下にルーターが置いてあります

DSCN1526

配線がぐちゃぐちゃ…。恥ずかしいとこ見られちゃいました^^;

【関連】テレビ裏の配線をスッキリ整理するおすすめの方法まとめ

DSCN1535

こちら、業社のAさん

もくもくと作業中。持参したモールを壁にネジ止めしています

モールの取り付け方法や場所については、こちらからお願いすれば希望通りすすめてくれると思いますので、事前に伝えておくと良いでしょう

DSCN1527

ちなみに、今回NTTさんが持参してきたケーブルは、まさかの青色!!

えーー?!

そこは普通、白でしょー…(;´Д`)

こればっかりは、何ともなりませんでした…。

※カテゴリー5eのケーブルです

DSCN1528

そんなことはお構い無しに配線工事は進んでいきます

天井に小さな穴をドリルで開けて、そこにケーブルを通しています

DSCN1530

こちら、足だけ写ってるのがもう一人の業社Bさん。天井裏に入ってケーブルをたぐり寄せてきます

この作業を自分一人でやるのはかなり大変だろうな…。作業を眺めながらそんなことを思っていました^^

DSCN1532

既存の電源コンセントのカバーを一旦外して、ここからLANケーブルを出してもらうことにしました

ケーブルの出口についても、こちらからお願いすれば可能な範囲で希望通りやってくれます

DSCN1533

無事にLANケーブルが出てきました!

コンセントの口がすでに2つ埋まってたので、隣にもひとつLANケーブル用の出口を作ってもらうことにしました

DSCN1537

業社Bさん、がんばってます

パンツがちょっと見えてます(;゚∀゚)

DSCN1545

できましたーー!!!

工事にかかった時間は約1時間半くらい。さすがプロ、手馴れた感じでささーっと作業して、さーっと帰って行きました

▼気になるお値段は?

ちなみに今回の工事の伝票がこちら↓

DSCN1546

【工事内容内訳】

  • 機器配線、LAN新設 11,000円
  • 基本工事費 4,500円

工事費計 15,500円

※伝票には「屋外・配線」と記載されてますが実際には屋内です

ルーターからの距離に関係なく、また、ケーブルむき出しだろうが壁の中や天井裏にケーブルを通すのだろうが一切関係なく一律でこの価格っていうのは本当でした

一軒家の場合であれば相当広い家じゃない限り作業の手間や使う資材の量はそこまで変わらないのでしょうね


追記

読者の方から教えていただいたのですが、自宅の環境によってはNTTでは対応してくれない場合もあるそうです。NTTに依頼する際には、壁や天井裏の状況をしっかりと伝えた上で対応可能かどうか、可能であればいくらかかるのか、を事前に確認されることをおすすめします


追記2

読者さんから、自宅のネット回線がNTTのフレッツ光じゃない人でも工事をしてもらえるのか?という質問をいただきました。NTTに電話で確認してみたところ、LAN配線工事のみの場合でも対応してくれるそうです

ただし、NTTのフレッツ光の申し込みと同時にLAN配線工事をお願いすると、11,000円の追加料金で対応可能とのことでした。私の場合、回線の申し込みとは別に後からLAN配線工事のみをお願いしたので、料金は15,500円だったようです

>>NTTのフレッツ光申し込みページはこちら


まとめ

今回お願いした工事15,500円。自分でやってやれないことはないかもしれませんが、どうでしょう? 私は十分良心的な価格なんじゃないかなと思いました

自分でやったら恐らく丸1日かかっても完了するかどうか。しかもケーブルを通す専用の工具などを新たに用意する必要もあります

自分の丸1日以上の人件費、資材費、工具類などの費用、完成度、それらもろもろを踏まえて考えると、NTTへの外注は選択肢としてはアリではないでしょうか

自宅内の有線LAN配線工事を検討されている方、是非参考にしてみてくださいね♪

ちなみに、仮に自分で有線LAN配線をしようと思うと、こういったものが必要になります

LAN線の先のコネクターを作るのにちょっとしたコツが必要ですが、慣れれば簡単に作ることができます

配線むき出しでも良い人、有り余る時間がある人、NTTの外注費用15,500円が高いと感じる人は、レッツ自分でチャレンジ♪

【参考記事】
LANケーブルを自作する方法/順番の覚え方

以上、有線LAN配線工事をNTTにやってもらったというお話でした。参考になれば幸いです

それではまた!

NTTさんのおかげで我が家のLAN環境がとっても快適になりました♪

☆LAN・ネットワーク関連おすすめ記事☆

LANケーブルを屋内配線してる我が家の3つの方法とそれぞれのメリットデメリット

固定電話の必要性について真剣に考える!メリットってぶっちゃけ何?

テレビ裏の配線をスッキリ整理するおすすめの方法まとめ

自宅のWi-Fiが遅い5つの原因と解決方法/初心者がハマりやすい落とし穴はコレ!

スイッチングハブの設定・使い方/自宅で簡単ネットワークを構築しよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪

スポンサーリンク