24インチテレビの壁掛け実例♪おすすめの激安テレビ・金具・取り付け方

どうも。ariko(@otonmediariko)です

24インチ液晶テレビの壁掛けを検討されている方に、我が家の実例をご紹介します。使用したテレビや金具、取り付け方など参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

24インチ液晶テレビ選びのポイント

大き過ぎず、かと言ってそこまで小さくもない手頃なサイズ感。価格的にもこなれてきているので、液晶テレビとしては非常に手が出しやすいサイズ。そんな24インチサイズの液晶テレビを選ぶにあたって、私が重視したポイントをいくつかご紹介します

国内メーカーか海外メーカーか?

まずは、どこのメーカーを選ぶか?大きく分けると、国内メーカーにするかそれとも海外メーカーにするかが、大きなポイントになるでしょう

うちでは5年ほど前にリビングのテレビを買い替えたのが最後に買ったテレビですが、その時はシャープのAQUOSを買いました。当時は国内メーカーの対抗馬になるほどまだ海外メーカーのテレビに信頼性も魅力も感じなかったので、迷うこと無く国内メーカー数社の中から選びましたが、現在の状況は当時とはかなり変わってきています

実際に、ネットの売れ筋ランキングを見てみても、海外メーカーのテレビが数多く上位にランクインしていますし、自宅以外の場所、例えばたまにホテルなどを利用したときに部屋に置いてあるテレビはかなりの確率で海外メーカーだったりするのを見ると、ここ数年でいかに海外メーカーのテレビが伸びてきているのかが分かります

その魅力は何と言っても国内メーカーのものに比べ価格が安いということでしょう。同じ24インチサイズ同士で比べると、今は約8,000円~1万円ほど海外メーカーの方が安い印象です。これは結構な価格差ですね

商品の品質や信頼性が気になるところではありますが、ネットのレビュー評価を見てもそこまで悪い評価が目立つ訳でもなく、上位にランクしている商品は悪い評価を探すほうが難しいくらいいずれも高評価のものばかりです

ということで、個人的な結論としては、テレビのメーカー選びにおいて国産メーカーか海外メーカーか、という2択は最早はっきり言ってナンセンス。どこの国のメーカーであろうが、安くて良い商品を選ぶのが正解、ということになりました

画質について

あとは、もちろんテレビなので当然、より綺麗で鮮明な画質のテレビを選びたいところですが、これに関しては今回はぶっちゃけあまり重視しませんでした

というのも、今回テレビを設置する場所は寝室で、リビングのテレビのように普段からがっつりテレビを見る場所でもなく、寝る前などにたまに見る程度の使い方。地上波の番組が普通に見れればいいかなくらいなので、画質に関してはそこまでこだわりません

本来なら、店頭などで実際にテレビの画質を確認し、見比べながら選ぶのが良いのでしょうが、今回はネットのユーザーレビュー評価のみで選ぶことにしました

チューナーの数

テレビ選びで意外と見落としがちになるのが、内蔵されているチューナーの数。これは何に関係してくるのかというと、外付けのハードディスクを接続した時に、裏番組を録画できるかどうかの違いです

チューナーが1つしか内蔵されていないシングルチューナータイプのテレビの場合だと、見ている番組の裏番組を録画することはできません。それをしたい場合にはチューナーが2つ内蔵されているダブルチューナータイプのテレビを選ぶ必要があります

よく番組を録画して見るという方は、裏番組が録画できるかできないかは結構重要なポイントでしょうから、テレビを選ぶ際には必ずチェックすると良いでしょう

ちなみに今回は、寝室用のテレビで録画機能は必要ないので、選ぶのはシングルチューナータイプでOKです

HDMI端子の数

他にチェックするポイントとしては、HDMI端子の数くらいでしょうか。入力端子としてHDMI端子さえ付いていれば、今はとりあえず大抵の入力機器を接続することができますので、最低でも1個、欲を言えば複数個HDMI端子があると後々便利でしょう

寝室用のテレビということで、個人的には地上波の番組よりもむしろFire TV StickAmazonプライムビデオを見るという使い方の方が多そうな気がします。ちなみに、Fire TV Stickの接続にもHDMI端子が必要です

私が選んだ24インチ液晶テレビはこれ!

maxzen(マクスゼン)J24SK03

ということで、今回私が選んだ24インチサイズの液晶テレビはこちら!maxzen(マクスゼン)24型デジタルハイビジョン液晶テレビ J24SK03 です

聞いたことなかったけど国内メーカーです!

Amazonの液晶テレビ売れ筋ランキングではかなり上位にランクされていて、レビュー評価もいずれもすこぶる高評価!ぶっちゃけあまり聞いたことが無いメーカーで、価格も他と比べるとかなり安かったのでてっきり海外のメーカーだとばかり思っていましたが、maxzen(マクスゼン)はれっきとした国内メーカーのテレビでした

国内メーカーにも関わらず海外メーカー並みの低価格で、レビュー評価も高く、先程あげた今回の私のテレビ選びのポイント(国内外問わず安くて良いテレビであること、画質はこだわらない、シングルチューナータイプ、HDMI端子は複数個ほしい)これらを全て叶えているということでこちらを購入することにしました

スッキリとした見た目、安っぽさは無い

デザイン的にはベゼル(液晶周りの枠)の幅が他の24インチサイズのテレビと比べて比較的細く、スッキリとした見た目が個人的には好みですね。あとは、テレビ正面下にスピーカーが付いているのが特徴的です。価格的には激安テレビの部類に入るテレビですが、見た目にそこまで安っぽさは感じられません

操作感よく使いやすそうなリモコン。「意外とちゃんとしてるじゃん!」率直な感想です

驚きの1000日保証!

そして何より驚きなのが、maxzen(マクスゼン)24型デジタルハイビジョン液晶テレビ J24SK03には「1000日保証」と呼ばれるメーカー保証が付いていて、その内容は購入から3年間の保証期間中、通常使用中の故障であれば、無料で交換、修理を行ってくれるというもの。これってスゴくないですか?

商品の品質に絶対的な自信がないとこんな手厚い保証は付けられないはずです。この価格でこの安心感、そりゃめちゃくちゃ売れるのも納得です!

壁掛けテレビ金具選びのポイント

次に、テレビを壁掛けにする際には絶対に必要になる壁掛けテレビ金具について、私が選んだポイントをご紹介します

純正品かサードパーティ製か?

壁掛けテレビ金具は、テレビによってはメーカーがオプション品として用意しているメーカー純正品がある場合もありますが、ない場合にはサードパーティ製の汎用品を使うことになります

メーカー純正品であれば耐久性やフィッティングに関しては安心して使えますが、価格が割高なのがネック。その点、サードパーティ製の金具は手頃な価格が魅力ですが、テレビに上手く使えるかどうかが心配なところ

ただ、壁掛けテレビ金具を取り付けるネジ穴は「VESA規格」と言って決まった間隔になっているので、この規格に対応している金具であればどんなテレビでも大抵は金具を取り付けることが可能になっています

それぞれの商品仕様にもネジ穴の間隔は記載されていますので、フィッティングが心配であれば事前に確認しておくのが良いでしょう

耐久性はどうか?

最近の液晶テレビはどんどんと軽くなっていて、今回私が購入したテレビもホント軽くてびっくりしましたが、それでも壁掛けにした場合にはやはり、壁から落ちてこないかどうかが心配なところ

金具にしっかりとした耐久性がないと、万が一の時にテレビが落下して大事故に繋がる危険性もありますので、この点はしっかり抑えておきたいですね

実物を見ずにこれを判断するのは結構難しいところではありますが、商品自体の機構や商品画像から判断できる作りの品質、あとはやはりユーザーレビュー評価を参考にするしかないでしょう

他の商品を買った時に作りが良かったのでその同じメーカーのやつを買う、というのもアリですね。個人的にはこの方法をけっこう使ったりします

上下角度調節が可能

あとは、今回テレビを取り付けるのが寝室ということで、ベッドに寝ながらテレビを見たいのでテレビの角度を上下に調節できる金具が良いですね

ベッドの上からだと斜め下の角度から少し見上げるようなかたちでテレビを見ることになるので、テレビの角度を下に調節できると見やすいです

一旦、角度を調節して固定してしまえば、あとはそのままずっと使うでしょうから、角度調節の機構はできるだけシンプルなもので、しっかりと固定できてグラつきの少ないものが理想ですね

私が選んだ壁掛けテレビ金具はこれ!

Himino 14~40インチ対応上下調節式 壁掛けテレビ金具

ということで今回私が購入した壁掛けテレビ金具はこちら。Himino 14~40インチ対応上下調節式 壁掛けテレビ金具 です。サードパーティ製の汎用品で、価格はAmazonで1,568円でした。安い!

シンプルな作り、耐久性も◎

壁側プレートにテレビ側ブラケットを引っ掛けて取り付けるタイプの金具で、作り自体は非常にシンプル。コンパクトですがガッチリとした材質で見た目以上に重みもあって、耐久性に関してはかなり高そうです。40インチサイズまで対応の金具ということで、24インチサイズで使う分には十分すぎる印象です

画像中央のツマミを回すことでテレビの角度を上下に調節することが可能です。ツマミを回して一旦角度を決めてしまえばグラつきも一切なく、かなりガッチリと固定することができます

この価格を考えれば、品質的には十分に満足できる金具です。24インチサイズのテレビに使う壁掛け金具で、上下角度調節が可能な金具をお探しの方は是非参考にしてみてください

我が家の壁掛け実例

シンプルでおしゃれな見た目に大満足!

ということで、用意した24インチ液晶テレビと壁掛けテレビ金具を使ってできた我が家の壁掛けテレビの様子がこんな感じです

コンパクトでスッキリとしたサイズ感の24インチ液晶テレビが、このように壁掛けテレビになるとそのスッキリ感が更に増して、この上なくシンプルでおしゃれな見た目になりますね♪

サイズ的には小さな絵画を壁にかけているような、そんなシンプルでスッキリとした見た目です。我ながら大満足の壁掛けテレビになりました!

おすすめの取り付け方法

ちなみに、上の画像を見ると分かる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回テレビを壁掛けするにあたり、既存の壁に直接テレビを取り付けるのではなく、壁の前にもう1枚壁を作ってその壁に取り付けるという、ちょっと特殊な方法を使って取り付けています

壁に穴を開けたり傷をつけることなく、また、テレビ裏の配線処理もすごく楽にできるこの方法。詳しくは下の参考記事で紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧になってみてくださいね!

【参考記事】
寝室のテレビを壁掛けにする!寝ながらテレビを見るとっておきの方法

【要注意!】今回失敗したこと

ということで、結果的に大満足な仕上がりになった壁掛けテレビですが、今回唯一、失敗したことがあります。結構な大失敗なので皆さんくれぐれもご注意ください!

それがこちら!

分かりますでしょうか?これ

実は今回、用意したテレビと壁掛けテレビ金具は絶望的に相性が悪かったんです。悪いというか、はっきり言ってそのままの状態ではテレビに金具を取り付けすることはできませんでした

というのも、テレビの電源コードを挿すところがちょうど金具と干渉してしまい、テレビに壁掛けテレビ金具を取り付けようとすると、電源コードがじゃまになって取り付けすることができなかったんです!

最初これに気づいた時には

「何でこんなところに電源コード付けるんだよ!!!」

と思わず大声でツッコんでしまいました。どう考えてもおかしいでしょこの場所は?!あと数センチ横にずらしてくれていたら問題なく取り付けすることができたんですが、金具があたる場所に見事に電源コードがかぶってしまってます

私の場合は、金属をカットする電動工具、ディスクグラインダーでこの干渉する部分をぶった切ってこの問題を何とか切り抜けることができましたが、通常ならありえませんね。強度的には問題無さそうなので私はこのまま使いますが、皆さんは真似しないようにお願いします笑

液晶テレビ(maxzen(マクスゼン)24型デジタルハイビジョン液晶テレビ J24SK03)も壁掛けテレビ金具(Himino 14~40インチ対応上下調節式 壁掛けテレビ金具)も、それぞれはどちらも素晴らしい商品であることに間違いはないのですが、この2つの商品を一緒に使おうとした場合には、電源コードが干渉してしまいそのままでは取り付けすることはできませんので、くれぐれも注意してください!

まとめ

ということで、途中、若干のトラブルには見舞われましたが、何とか24インチ液晶テレビを壁掛けにすることができました

手頃なサイズ感の24インチテレビは、スッキリとした壁掛けテレビにすると見た目も使い勝手も更に増してすごくおすすめです

参考にしていただけたら幸いです!

くれぐれも金具選びには注意してくださいね!

今回使用した商品はこちら!

こちらの記事も参考にどうぞ!

寝室のテレビを壁掛けにする!寝ながらテレビを見るとっておきの方法

壁掛けテレビをDIYしてみた!金具の調子がすこぶる良い件

ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法

ディアウォールで作った壁を塗装してみた/ブライワックスはやっぱりスゴイ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪