寝室のテレビを壁掛けにする!寝ながらテレビを見るとっておきの方法

どうも。ariko(@otonmediariko)です

寝室のテレビを壁掛けテレビにしてみました。ベッドで寝ながら見ることが多い寝室のテレビは、ある程度高い位置に置かないと布団が邪魔でテレビがうまく見えません。かと言って、高い台の上などにテレビを置いたりすると落ちてきたりする危険もありますし、見栄えもイマイチ。。

そんな時こそ壁掛けテレビ!てな訳で今回は、寝室に壁掛けテレビを設置する様子をお届けします!

スポンサーリンク

 寝室のテレビ 最適な位置と高さは?

まずは、寝室に置くテレビの最適な位置と高さについて考えてみます。ベッドで寝ながらテレビを見るという場合、理想的なテレビの位置はやはり、足元の方にテレビがあって、ベッドに真っ直ぐ仰向けの状態で枕に頭を乗せたその目線の先にテレビがあるという位置でしょう

ちなみに、こちらが今回テレビを設置する寝室です。この画像で言うと左側を頭にして寝ていますので、窓がある方にテレビを置く感じになります

コンセントやアンテナ線もちょうどこの場所にきていますので、ここなら配線の取り回しも割りとスムーズにいきそうです

ただしこの場合気をつけないといけないのはテレビの高さです。リビングで使うような普通の高さのテレビ台をここに置いてその上にテレビを置いても、布団が邪魔になってテレビは見えません

なので、ベッドの高さと布団の高さを踏まえた上で、ベッドに横になりながらでも足元にあるテレビがちゃんと見える高さにしないといけません

これに関しては、テレビを壁に取り付ける段階で実際にベッドに寝てみて最適な高さを決めるのが一番でしょう。ということで、早速、壁掛けテレビを取り付けていきたいと思います!

穴あけ、傷つけ、配線工事一切無しで壁掛けテレビを取り付ける方法

壁掛けテレビは、テレビ裏の配線を壁の中に隠すことができるので見た目すごくスッキリするのが良いところ。ただ、それをするにはどうしても壁に穴を開けて配線工事をする必要があります

コンセントやアンテナ線の位置なども関係してくるので、DIYでそれをするにはかなり難易度が高く初心者にとっては難しいのが実際のところでしょう

そんな壁掛けテレビですが、これから紹介する方法なら、壁に穴を開けたり傷つけたりすることなく、しかも素人には難しい壁の中の配線工事も一切することなく、壁掛けテレビを取り付けることができます!

壁の前に壁を作る!

【参考記事】ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法-おとんメディア

その方法というのが、壁の前にもう1枚壁を作ってしまうというものです。壁を作るなんて聞くとすごく大掛かりな作業に聞こえるかもしれませんが、実際には2×4材で作った骨組みに壁材を貼り付けるだけなので、そこまで難しいものではありません

今回のような寝室の一部の壁面くらいの大きさであれば、初心者の方でも一人で十分作業できますし1時間もあればできちゃいますよ!

ということで、こんな感じで壁の前にもう1枚壁を作ることができました!

ちなみに今回使用した材料はというと

  • 2×4材(8フィート)498円×3本
  • 壁材(杉板)1,980円/12枚
  • ディアウォール 900円×2個
  • 2×4用金具 100円×6個
  • ネジ

これだけです。ディアウォールを使うと2×4材が骨組みの柱として使えるようになりますので、あとは2×4用金具で骨組みを組み立ててそこに壁材を並べてネジで止めていくだけです

杉板の壁材は、木目がとても美しく部屋を自然で落ち着いた雰囲気にしてくれます。価格も手頃なので壁作りの壁材としてはおすすめの材料です

この壁の前に壁を作る方法については、下の記事で更に詳しく紹介していますのでそちらも参考にしてみてくださいね!

【参考記事】ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法-おとんメディア

壁掛けテレビ金具を用意する

壁の前にもう1枚壁が完成したら、次に壁掛けテレビの金具を用意します。壁掛けテレビ金具はテレビのメーカーによっては純正品も用意されていますが、結構高いので今回はサードパーティ製を使います

以前、リビングのテレビを壁掛けにした際には、BESTEK(ベステック)というメーカーの壁掛けテレビ金具を使って、これがまたすこぶる調子が良く超おすすめの商品なのですが、今回寝室で使うテレビのサイズは24インチと小さめなので、金具もそれに合わせてもう少し小さいものを選ぶことにしました

ということで今回私が用意した壁掛けテレビ金具はこちら。Himino 14~40インチ対応上下調節式 壁掛けテレビ金具 です

24インチ対応であること、テレビの上下角度を調節できること、できるだけコンパクトで薄いこと、などを条件にAmazonで探したところ、こちらの商品がユーザーレビュー評価も高く、物も結構良さげだったのでこれに決めました。ちなみに価格は1,568円でした。安い!

■製品特徴

<上下角度調節が可能>
シーンに応じて視点を変えられて自分の見やすい角度に調節できて快適です。

<薄い壁面距離>
部屋がスッキリ見えて高級感があるように見えます。

<取り付け簡単>
壁側・テレビ側のネジ類は商品に付属しています。

製品仕様:
外形寸法:壁側プレート部 (約)横幅28cm×縦幅18.5cm
対応ネジピッチ:75X75mm、100X100mm、100X200mm、200X200mm、250X210mm。
搭載制限重量:25kgまで
角度機能:上下角度調節
表面処理:黒色塗装
壁から離れ距離:(約)5.5cm
目安インチ :14〜40インチ

商品ページより引用

テレビに金具(テレビ側ブラケット)を取り付ける

ということで早速、用意した壁掛けテレビ金具をまずはテレビの背面に取り付けます。金具にはネジ穴が複数空いているので、汎用品ですがいろんなメーカーのテレビに対応しているようです。取り付けネジも数種類入っていました

テレビ背面にある4つのネジ穴にネジで金具をしっかりと固定すれば取り付け完了。ネジ穴の精度には何の問題もなく、強度的にもかなりしっかりしている印象ですね

壁に金具(壁側プレート)を取り付ける

次に、壁にも金具を取り付けます。付属の水平器でしっかり水平を取りながら取り付け位置を確認し、4本のネジで金具を取り付けます。杉板は柔らかく横にひび割れしやすいので、ネジ止めする際には先にドリルでネジ穴を開けてからネジ止めすると良いでしょう

壁の裏側、ちょうどネジが入るところにはこのように2×4材を2本、柱と柱を繋ぐようにして取り付けてあります。杉板にネジ止めしただけでは強度的に絶対に耐えられないので、この補強は必ず必要です。この裏側に入れた2本の2×4材にネジが入れば、金具はガッチリと固定されます

テレビを取り付ける

テレビ側と壁側、両方に金具を取り付けることができたら、いよいよ壁にテレビを取り付けます。壁側のプレートにテレビ側のフックを引っ掛けるだけなので取り付け自体はとても簡単です

あらかじめ電源コードやアンテナ線などをテレビに接続して、壁の適当な位置に穴を開けて配線類を壁の裏側に通しておきます

補強のために入れた2×4材が、ちょうど配線を置いておくスペースとして使えたので、そこに配線を束ねておきました。壁の前にもう1枚壁を作ると、このように配線の処理がすごーく簡単にできます

壁は下からぐっと持ち上げることで簡単に動かすことができますので、将来的に機器を増設してテレビに接続する際にも、大掛かりな配線工事をすること無く壁の裏に配線をスッキリ隠すことが可能です。いいでしょ♪自作の壁!

寝室に憧れの壁掛けテレビが付いた!

ということで、寝室に憧れの壁掛けテレビを取り付けることができましました!このシンプルでスッキリとした見た目、やっぱり壁掛けテレビは最高ですね!

おすすめの塗料

ちなみに、杉板の見た目が若干こげ茶色っぽく変わっているのは、ブライワックスで塗装したせいです。ブライワックスは布やスポンジに染み込ませて表面に塗り込むだけで、木目を際立たせ深みのある木の風合いに仕上げることができる超おすすめの塗料です

【関連記事】
ディアウォールで作った壁を塗装してみた/ブライワックスはやっぱりスゴイ!

テレビ裏の配線もスッキリ!

配線は全て壁の裏側に隠してありますので、足元はこの通りめちゃくちゃスッキリ!テレビ裏には必ず付きもののごちゃごちゃした配線は一切なく、掃除もらくらくです♪

寝ながらテレビが見れる高さ

こちらは、ベッドに横になってそこからテレビを眺めた時の様子。手前に写っている白いのが布団です。寝ながらでも布団がじゃまにならずちゃんとテレビ画面を見ることができます。ベッドで横になりながら映画鑑賞とか最高ですね♪

ちなみに今回は、床からテレビの上端までの高さを150cmにしました。テレビまでの距離やベッドの高さによって最適なテレビの高さは変わってきますので、高さを決める際には実際に寝てみて確認してくださいね!

LED間接照明も付けてみました♪

あと今回は、せっかくなんで壁掛けテレビの取り付けだけではなく、ついでにLEDの間接照明もテレビと一緒に取り付けてみました

部屋が暗いとこんな感じで何の変哲もないただの暗い壁掛けテレビですが、スイッチを入れると。。

じゃーん♪この通り、雰囲気がガラリと変わります(ちょっと明るすぎたかな笑)

【関連記事】
LEDテープライトで間接照明!壁掛けテレビが更におしゃれになったよ♪

まとめ

ある程度高い位置に置かないとベッドでは見づらい場合が多い寝室のテレビ。壁掛けテレビはそんな寝室のテレビには相性バツグン、まさにうってつけの選択肢と言って良いでしょう

今回ご紹介した壁の前に壁をもう1枚作る方法なら、壁に穴を開けたり傷つけたりすることなく、厄介な配線処理も楽らく。手軽に壁掛けテレビを手に入れることが可能です

皆さんも是非参考にしてみて下さいね!

それではまた!

寝室に見た目スッキリの壁掛けテレビは相性バツグンですよ♪


2月1日追記

2×4材でテーブルを作って、壁に取り付けてみました♪

【関連】2×4材で簡単テーブル作り♪ディアウォールで作った壁に取り付けたらすごく良い!


今回ご紹介したおすすめの道具はこちら!

寝室で映画を楽しみたい♪という方にはテレビよりもプロジェクターがおすすめです!

プロジェクターを壁付けしているわが家の設置例

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪