猫の小屋を手作りしたらほぼ動物園な件

スポンサーリンク

動物園みたいな猫の小屋が完成しました!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

市販の猫ケージはどれもどう考えても猫には小さくて、きっとストレスだろうなと思い、それならばということでDIYで手作りしたのが2ヶ月ほど前の話

その時の様子は↓こちらの記事で

【関連記事】猫のケージを木製で手作りしてみた♪/おとんメディア

そこから、中にキャットウォークを取り付けてみたり、キャットハウスを作ってみたりと、いろいろ手を加えていくうちに、ほぼ動物園にある飼育小屋のようなものが出来上がりました^^

真似する人はほぼいないとは思いますが、猫の小屋を手作りする際のちょっとした参考になればと思い、皆さんに我が家の手作り猫の小屋をシェアさせていただきます!

スポンサーリンク

我が家の手作り猫の小屋

こちらが、完成した我が家の猫の小屋。

前回ブログで紹介した際には『猫のケージ』と呼んでいましたが、ケージというよりも小屋と呼んだほうがしっくり来るので、今回から小屋と呼ぶことにします^^

もともと和室の床の間だったスペースを、メッシュパネルとコンパネで作った壁で仕切って、1つの空間ごと猫の小屋にしてしまったという、我ながら大胆な改造です^^;

市販の猫ケージが狭い割に結構値段が高いとういうのがそもそもの発端で、手作りするならできるだけ大きなものを作ってあげようと。その結果がこれです

ちなみに、改造する前はこんな感じ

劇的ビフォー↑

アフター↓

少々張り切りすぎた(やりすぎた?)感は否めませんが、できに関しては大満足!もちろん猫も大満足の大喜びですよ!

それでは早速、猫の小屋をご案内しま~す!

扉を開けますとすぐ左手にトイレがあります

今回のリフォームに合わせて、トイレも大きめサイズのものに新調しました

入り口から上は天井まで吹き抜けになっており、最上階まで見上げることができます♪

上に見えるキャットハウスまでは、さすがに一気にジャンプでたどり着くことができないので、真ん中に木の板をL字に置いてみました

こちらがキャットハウス。もちろんこれも手作りです

1×4材(ワンバイフォー材)で骨組みを作り、入り口と横の壁、そして天井をベニヤ板で囲って作りました。コーナーに置くことで既存の壁が使えます

掃除しやすいクッションフロア

床にはクッションフロアを敷いて、汚れたときでも掃除しやすいようにしてあります

猫は基本、段ボールとか箱の中とかが大好物。キャットハウスの中にはふわふわの毛布が敷いてあります♪

▼ベニヤ板を丸く切り抜く方法

ベニヤ板を丸く切り抜く際は、まず1箇所ドリルで穴を開けてから、挽廻鋸(まわしびきのこぎり)を使うと簡単です

こちらは、1×4材の柱と木の板を使って作ったキャットウォークです

短い板を階段状に取り付けてみたり、間に長めの板を取り付けてみたり、猫が遊ぶ姿をニヤニヤと想像しながら作りました^^

【関連】DIYでキャットウォーク作るの楽しすぎ♪ワクワクが止まんねぇ!/おとんメディア

1×4材の柱は、天井と腰壁に直接ネジ止めしてあります。かなり大胆な工法です^^;

家を傷付けたくないという方は、ディアウォールを使って柱を立てると良いでしょう

【参考】ディアウォールで失敗しないために注意すべきポイント/おとんメディア

板の固定にはL字の棚受け金具を使いました。柱を立てれば、好きな高さにネジ止めできます。壁に直接じゃない分、傷がつかず気が楽で良いですね

うん。ほぼ動物園ですな^^;

まとめ

ちなみに、この動物園ライクな猫の小屋は、こんな材料でできています

■壁枠
・上:1×4材(1745mm×2本、1245mm×2本)
・下:1×4材(1710mm×2本、750mm×3本)

■メッシュパネル
・1800mm×900mm×1枚
・1800mm×450mm×1枚

■コンパネ
・1710mm×750mm×1枚
※1110幅(壁板用)と600幅(扉用)に切り分けて使います

■ドア用部品
・蝶番
・マグネット
・カギ

■キャットハウス(全て端材のみ)
・ベニヤ板
・1×4材

■キャットウォーク(全て端材のみ)
・1×4材
・板

■その他
・ネジフック
・結束バンド

かかった費用はトータルで12,000円くらいでした

メッシュパネルとコンパネを使った壁や、扉の部分の作り方は前回の記事で詳しく紹介していますので、そちらも参考にどうぞ!

【前回の記事】猫のケージを木製で手作りしてみた♪/おとんメディア

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪

スポンサーリンク