【猫のベッドを手作り】100均で使える材料はズバリこれ!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

最近寒くなってきたので、猫ちゃんにベッドを作ってあげることにしました

手作りベッドのテーマは3つ

1.できるだけ安く作る

2.快適に眠れるベッド

3.いつも清潔なベッド

手作りするからにはできるだけ安く作りたい。これ一番大事なポイント。買ったほうが安いのでは意味ありません

そして、作ったはいいけど猫ちゃんが見向きもしないようなベッドでもダメ。快適に眠れるとびきりいいやつを作ります

あとは、いつも清潔に保てるよう、掃除のしやすさも重要。猫はきれい好きですからね(ΦωΦ)

今回、100均で手作りベッドの材料にぴったりなアイテムを見つけちゃいました!作り方も合わせて是非参考にしてみてくださいね♪

100均の材料で作る猫ベッドの作り方をご紹介します

スポンサーリンク

材料を探しにいざ100均へ!

ということで早速、猫のベッドを手作りするための材料を探しにいざ100均へ!

材料に使えそうなアイテムを物色します。。

▼色んなサイズのカゴ

まず目をつけたのが、こういう感じのカゴ

いろんな形や大きさのカゴがいくつも並んでます。プラスチックでできていて、軽さや強度は猫ベッドに使うにはちょうど良さそうです

ただ、猫のベッドに使うにしてはどれもサイズが若干小さいですね。。猫は窮屈な場所が好きですが、さすがにベッドにするにはもう少し大きい方が良いでしょう

▼食器の水切りカゴ

食器洗いコーナーで見つけた食器の水切りカゴは、先ほどのカゴコーナーで見つけたカゴよりもどれもサイズ一回り大きめ

ただ、それでも猫ベッドに使うにしてはもうちょい大きさが欲しいところ。惜しいんですけどね、あとちょっとが足りない感じです

更に探し回ること数分。。ふと目についたのが↓こちらのコーナー

▼お風呂場アイテムのコーナー

お風呂場で使ういろいろなアイテムがまとめて置いてあるコーナーです

そこで発見したのがこれ!!!

キターーーコレ!!!(゚∀゚)♪

これこれ!この大きさですよ!

猫ベッドに使ってちょーだいと言わんばかりの、正に猫ベッドにうってつけの大きさです!

ちなみにこちらのカゴは、脱衣所で脱いだ服を入れておくためのカゴ。銭湯の脱衣所によく置いてあるあれです

こんなカゴも100円で売ってるんですねぇ~、知りませんでした

本来の用途はともかく、この大きさといい、だ円形の形といい、これほど猫ベッドにぴったりな100均アイテムは他にありません!

ということで、猫ベッドの土台にはこの脱衣カゴを使うことにします!

あとは、これだけでは快適に眠ることはできなさそうなので、クッションが必要ですね。ということでクッションコーナーにレッツゴー♪

▼クッション&座布団コーナー

100均にはこんなに沢山のクッションや座布団が売ってます

ちなみに100円じゃないものもあります

こんなリアルな猫クッションもありました^^

この座布団が良さそうですね♪

大きさ的にも、先ほど選んだカゴにちょうど入りそうですし、定期的に新しいものに取り替えてあげればいつでも清潔に使えます。100円なんでそれでも全然アリです

買ってきた材料で猫ベッド作り♪

▼手作り猫ベッドの材料

・脱衣カゴ 100円
・座布団 100円

それでは早速、買ってきた材料で猫ベッドを作っていきます♪

①カゴの中に座布団を敷く

まずは、座布団をカゴの中に敷きます

②手で形を整える

手で形を整えてと、、

はい!できあがり(゚∀゚)!!!

えっ。。これだけ?!

はい、これだけです^^;

これを手作りというのは少々気が引けますが、、我ながらなかなかよくできた猫ベッドです!

なんたってこれ、材料費たったの200円ですからね♪

この座布団の折れ曲がり具合がすごくいい感じ♪こういうとこ猫ぜったい好きでしょ!

それなりにフワフワしてますし、これなら猫ちゃんも喜んでここで寝てくれるはずです

完成した手作り猫ベッドの寝心地は?

(ΦωΦ)「(おっ!何か新しい入れ物があるぞ?!)」

(ΦωΦ)「(クンカクンカ・・、よし、異常なし!)」

(ΦωΦ)「(よ~くフミフミしてっと♪)」

(ΦωΦ)「(いいの作ってくれてありがとニャ♪)」

手作りの猫ベッド、どうやら喜んでくれたみたいです^^

サイズに関しては最初、あれちょっと小さかったかなと思いましたが、これくらいピッタリサイズの方が猫は落ち着くんでしょうね。入ってしばらくするとゴロゴロと喉鳴らしてました^^

もう一匹の方もこの通り♪

まとめ

手作りの猫ベッドをとにかく安く簡単に作りたい方は、100均の脱衣カゴと座布団がオススメです!

サイズ的には、子猫はもちろんある程度の大きさの成猫までOK!

ちなみにうちの猫は3歳で、大きさは一般的なサイズ。これ以上大きくなることはないでしょうから、中に敷くものを定期的に変えてあげればずっと使えそうです

猫ベッドを手作りしようと考えている方は、是非参考にしてみてくださいね♪

季節に応じて中に敷くものを変えてあげると、猫ちゃんも大喜びです

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪