エアコン取り付け壁の穴あけ!業者のやり方をじっくり観察してみた

どうも。ariko(@otonmediariko)です

先日、業者の方にエアコンの取り付けをお願いして、取り付け工事の一部始終をじっくり観察したのですが、中でも壁に穴あけする工事が「なるほどこうやるのか!」と目からウロコだったので紹介します!

スポンサーリンク

【壁の穴あけ】工事の手順と内容

1.穴あけする位置を決める

まずは、壁に穴を開ける位置を決めるところから。エアコンの取り付け場所や室外機を置く場所に応じて壁に穴あけする位置を決めます

セパレートタイプのエアコン(室内機と室外機が分かれているタイプのエアコン)の標準的な工事では、エアコン室内機を取り付ける位置に対して右下に穴あけするのが一般的で、室内機で隠すことができる位置に穴を開けると、正面からダクトが見えず見栄えがよくなるので、この位置が一番おすすめなようです

ただし、基本的にはどのエアコンも、左右どちらからでもダクトを通すことができるようになっているみたいです

実際にエアコンを見てみたところ、このようにダクトを通すためのガイドが左側にも付いていました。穴あけはどちらでも対応できるようになっているんですね

ちなみに寝室のエアコンは、このように右側の壁に穴があけられ、そちらからダクトを通してありました。こちら側の外にベランダがあり、そこに室外機が置いてあるのでそのためです

2.ドリルで穴あけする

穴あけする位置が決まったらいよいよ実際に壁に穴を開けていきます。そこで使うのがこちらの道具!

このパッと見マシンガンのようないかつい道具を使って穴あけします。こちら正確には、刃径65mmのコアドリルビットを装着した電動ハンマードリルになります

一般的に、エアコンダクトを通すための穴の直径は65mmと決まっていて、このドリルを使って壁に直径65mmの穴を開けます

こちらが実際にドリルを使って壁に穴あけしている時の様子です。職人さんが慎重に穴あけしていきます

斜めに勾配をつけるのがポイント!

ここでのポイントは、室内から外に向かって斜めに勾配をつけて穴を開けるということ。上の写真でもドリルが斜めに入っているのが分かりますよね?

ただ、この穴あけ作業を観察してたときには、どうしてこのように穴に勾配を付けるのか私はまだ分かっておらず「いやいや。。職人さん、ドリルめっちゃ曲がってるし!」と心の中でツッコんでました笑

穴に勾配を付ける理由は、エアコンの室内機で作られた排水がスムーズに室外へ排出されるようにするためです。穴が平行もしくは上を向いてしまっていると、排水が逆流してしまい室内に水漏れを引き起こしたりエアコンが故障する原因にもなってしまうんですって

職人さん、疑ってしまってごめんなさい^^;

3.貫通スリーブを付ける

無事、壁に穴あけできたら、最後に開いた穴に貫通スリーブという壁を保護するための部材を取り付ければ、穴あけ工事は全て完了です!

ちなみに、貫通スリーブとはこんなやつです↓

職人さんはこれを壁の厚さに合わせてハサミでチョキチョキ切って使ってました

業者に壁の穴あけを頼むといくらかかる?

ということで、こんな感じで壁の穴あけをやってもらったわけですが、気になるお値段はと言うと、今回は無料でやってもらうことができました

というのも、一般的にエアコン取り付けの際の壁の穴あけ工事は、標準取付工事の中に含まれていることが多く、家電量販店などで新規でエアコンを購入すると、標準取付工事は基本無料のところがほとんど

今回私はエアコンを家電量販店で購入し標準取付工事が無料で付いてきたので、壁の穴あけ工事もそれに含まれていて無料だったという訳です

ちなみに、穴あけ工事のみをお願いした場合にいくらくらいかかるのかを工事に来ていた職人さんに聞いてみたところ、壁材の種類によって値段が違うそうで、あくまでも目安ということですが、穴あけ費用は以下の通りです

壁材の種類による穴あけ費用

■壁材の種類による穴あけ費用の目安(家に工事に来た職人さん曰く)

・木造、モルタル壁の穴あけ 5,000円~
・タイル、レンガ壁の穴あけ 8,000円~
・コンクリート壁の穴あけ 12,000円~

壁材によって使う道具や手間も変わってくるでしょうから、その分かかる費用も結構違いますね

壁の穴あけを業者に安く頼む方法

壁の穴あけを含めエアコンの取り付けは、ネットを使って専門の工事業者に頼むことが可能です。エアコン本体は安くネットで買ったけど、取り付けはやっぱりプロに頼みたいという場合には、そういったところを利用するのが良いでしょう

複数の工事業者から見積りをとって、一番安いところにお願いするというような使い方もできるので、とにかくエアコンを安く取り付けしたいという方にピッタリのサービスですね

中でも、エアコンサポートセンターというサイトでは、最大5社から一括でしかも無料で見積りを取ることができて、簡単に比較することができるのでおすすめです

全国対応していますし、最短で翌日工事も可能ですよ

>>エアコンサポートセンター公式サイトはこちら



まとめ

業者による壁の穴あけ工事、見ているとそこまで難しそうな作業ではありませんでしたが、自分でできるかというと道具もありませんし、失敗すると壁の補修にそれ以上かかりそうなので、やっぱりプロにお願いするのが一番だと思います

とにかく安く済ませたいという方は、ネットで最安値のエアコンをゲットして、更に取り付けの業者もネットを使って比較するのが良いでしょう

>>エアコンサポートセンター公式サイトはこちら

壁の穴あけも含めエアコン取り付けはプロにお願いするのが正解です!



【関連】エアコンが故障したっぽい。。自分で修理できないかいろいろ試してみた / おとんメディア

【関連】エアコンの取り付けをじっくり観察!プロの作業手順とか工事内容、かかった費用も紹介するよ! / おとんメディア

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪