販売率100%の私がメルカリで商品が売れない時にやっている7つのこと

どうも。ariko(@otonmediariko)です

メルカリに商品を出品したのになかなか売れないときってありますよね。こちらとしては絶対にお買い得だと思うのに全く売れる気配がないとき。そんな時は、みんな見る目無いなー!もういいよ!知らねー!と諦めずに是非これから紹介する方法を試してみてください!

それまでほとんど見向きもされなかった商品が驚くほどあっさり売れちゃった!なんてことになるかもしれませんよ!実際に私がそうでしたから!

これから紹介する方法は、メルカリ販売率100%の実績を誇る私が、これまで商品が中々売れない時に実際に試してきた方法です。是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

1.写真を撮り直す

まず最初に私がとった方法は、商品の写真を撮り直す、というものです。これからあと6つ他の方法を紹介していきますが、はっきり言ってこの1つ目の方法が一番大事です!これは間違いなく断言できます。これさえ上手くやれば他の方法は試さなくても何とかなると言っても過言ではありません

メルカリのホーム画面を見ていただければ分かるとおり、メルカリでは最初の画面に商品の写真が一覧になってずらーっと表示されます。商品名などの詳細はその写真をクリックしない限り表示されません

商品名や商品の説明文をどれだけ考えて凝った内容にしたところで、最初に表示される商品の写真が悪ければその先へは進んでもらえず、そうなれば当然、最終的に商品を買ってもらうことには繋がりません

あなたが今出品している商品の写真を見直してみて、暗かったり、ピントがズレていたり、商品の一部しか写っていなかったり、枚数が少なかったりする場合には、売れない原因はかなりの確率でその商品写真にあります。すぐに撮り直しましょう!

撮影する際には以下のポイントに気をつけてください

メルカリ商品写真の撮影ポイント

  • 明るい部屋で撮る(暖色系よりも白くて明るい電気が◎)
  • 背景に余計な物を写り込ませない
  • 手ブレを抑えピントを合わせる
  • 全体といろんな角度から計4枚撮る
  • 正確に撮る(嘘を付かない)

写真はできるだけ明るい部屋で撮影します。自然光が入る部屋であれば商品に影ができないよう向きを工夫します。部屋の明かりは暖色系の色よりも白い色の方が商品が分かりやすく写るのでおすすめです

また、背景に余計なものがごちゃごちゃと写り込まないようにすることも大切です。商品に関係ない余計な情報が写真に写っていたりすると、売れるのに妨げになったりする場合がありますので。この人ちゃんと商品を送ってくれるのかな?などと相手を不安にさせるような写真はNGです

白い背景や撮影台、三脚まで用意する必要はありません。商品にちゃんとピントが合っていて明るく鮮明な写真を、商品全体といろいろな角度から計4枚撮影します

あとは、正確に撮る、ということも大切なポイントです。商品に傷や汚れが付いている場合には、できるだけ写さずに隠したくなる気持ちはあるでしょうが、正確に撮ることで逆にその方が売れたりします。この人から買っても大丈夫かどうか、買ってもらう人に信用してもらうためには嘘をつかないということは大前提です

2.商品説明を書き直す

商品写真を撮り直したら、次に商品説明も見直してみましょう。内容が極端に少なかったり、文体が分かりにくく読みづらかったり、商品のことを正確に伝えきれていない内容だったりしませんか

決して盛りだくさんの内容にする必要はありませんが、例えば洋服であれば、ブランド名、種類、サイズ、色、購入時期、商品の状態、このくらいの情報は最低でも欲しいところですね

サイズに関してはタグなどを参考にして表記通りの情報を書くようにします。更に自分の身長や体型、着用感などの情報も書いてあげると親切で分かりやすいでしょう

商品の状態に関しては、写真を見て判断してください、と言いたくなるところですが、一言でも良いので例えば「使用感ほとんど無く全体的に綺麗です」と書くだけで、相手に与える印象は全く違ってきます

まだ出品履歴がそれほどなく評価の数も少ない方の場合には特に、面倒がらずにできるだけ詳しく、分かりやすい文章で説明文を書くように心がけましょう

3.カテゴリーを見直す

商品を出品する際に登録した商品カテゴリーを一度見直してみるというのも一つの手です。そんな方法で本当に売れるようになるの?と意外に思われるかもしれませんが、結構効果がある方法だと私は思っています

基本はその商品に合ったカテゴリーを選択できていればそれで問題ないのですが、商品によっては色々なカテゴリーに当てはまってどのカテゴリーを選択すれば良いのか迷う商品というのも中にはあります

私は以前、ペット用の自動餌やり機というかなりマニアックな商品をメルカリに出品したことがあるのですが、うちで猫用に使っていた機械なので当初私は『ペット用品>猫』というカテゴリーを選択して出品していました。ただ、あまりにも反応が無かったのでこのカテゴリーを『ペット用品>犬』に変更したところすぐに『いいね』や『コメント』が付くようになり、結果売ることができたという経験があります

その商品を探している人は、猫を飼っている人よりも犬を飼っている人の方が多いから、というのがその理由だったのですが、確かに出品されているアイテム数を比べてみても猫のカテゴリーよりも犬のカテゴリーの方が多かったのです

たくさんの人が集まるカテゴリーであればそれだけ商品が目につく機会も増えてその分売れる確率も高まります。どちらにも当てはまるカテゴリーがある場合には、より多くの人が集まっている方のカテゴリーを選ぶのがおすすめです

4.相場に合った価格にする

いくら商品写真が綺麗に撮れていて、説明文も分かりやすく書かれていたとしても、商品の価格があまりにも高すぎる場合には、絶対にその商品は売れません

この場合、価格が高い安いは何をもって判断するのかというと、あなたが出品した商品と同じ商品もしくは似たような商品を検索してみて、それらの価格と比べてみてどうか?ということです

どんな商品でも検索すれば必ず他にも同じような商品が出品されていますので、そういった商品を見て自分が出品している商品の相場を知ることが大切です。その相場からあまりにもかけ離れて高い価格を設定してしまっている場合には、価格を相場に合わせるように変更してみましょう

多少相場より高くても差別化できるポイントがあるのであれば、それが分かるような説明文を追加するなりして、その価格が妥当であることを納得してもらうようにします

自分が売りたい価格を自分で自由に設定できるのがメルカリの良いところではありますが、売れなければ意味がありません。メルカリで商品を売りたいのであれば、相場に合った価格の範囲内でなら自由に価格を設定できる、ということを知りましょう

5.送料込みにする

私の経験上、メルカリで商品を売りたい場合には、送料は全体に込みにすべきです!これはまず間違いなく言い切れます

逆の立場で考えてみてください。例えばあなたがネット通販で欲しいものを買う場合、送料込みとそうでない2つの商品があった場合、それらが同じ価格なら間違いなく送料込みの商品を選びますよね。これは当然です。また、価格に多少違いがあったとしても、送料がいくらかかるかはっきりしない場合は、そんなややこしさから結局は多少高くても送料込みを選びたくなりませんか?私なら絶対そうしますね

もしあなたが出品している商品の送料を別にしてしまっているのであれば、送料込みに変更してみてください。送料分利益が減るのが嫌なら、販売価格をその分上げてみるのも良いでしょう

送料込みという条件をクリアしていないがために、はなから候補に入れないということを防ぐためにも、とりあえず送料込み!話はそれからです

6.コメントにすぐ返信する

コメントに関しては、値下げの要求などであまり良いイメージを持っていない方がいらっしゃるかもしれませんが、コメントをくれるということは少なからず商品に興味があるという証拠です

商品に付いたコメントは必ずすぐに内容をチェックして、返信が必要なものに対してはすぐに返信するように心がけましょう

私の個人的な失敗談として、ある商品に付いたコメントでその時は内容が商品に対する質問だったのですが、その返信を1日以上しなかった為に、返信した時にはその方はすでに別の商品を購入されてしまっていた、という経験があります。すぐにコメントに返信できていれば、もしかしたらその方は私の商品を買ってくれていたかもしれません

メルカリはプッシュ通知の設定ができて、自分が出品している商品にいいねやコメントが付いた場合にお知らせしてくれる機能がありますので、この設定は必ずしておくことをおすすめします

■プッシュ通知の設定方法
メルカリ」を起動→「三(画面左上)」を選択→「設定」を選択
「その他の設定」の「お知らせ設定」を選択→「お知らせ設定」画面にて「プッシュ通知」の「いいね!」「コメント」「取引関連」「アナウンス」「いいね!した商品の値下げ」「保存した検索条件の新着」などを変更

7.再出品する

メルカリに出品された商品は、新しく出品された商品から順番に掲載されるというルールがあります。毎日次から次へと数多くの商品が出品されていますので、時間の経過とともにあなたの出品した商品はどんどんと後の方にいってしまいます

なのでメルカリで一番売れやすいタイミングは、出品後すぐ、商品が最初の方に掲載されている間、になります

これまで紹介してきたポイントを抑えた出品の仕方をちゃんととっていれば、かなりの確率で出品してからすぐに何らかの反応が付くはずです

あなたの出品した商品がそのタイミングを過ぎてしまい、出品から1週間以上経過してしまっている場合には、一度出品をキャンセルして再出品してみましょう

使用する写真や説明文はそのままでも、再出品すれば意外と反応がもらえたりすることもありますし、再出品のタイミングでもっと分かりやすい文面に変更するとか、少し値下げしてみるなどすると更に効果的です

再出品するのは手間に思えるかもしれませんが、そのまま出品し続けても恐らくは売れないでしょう。売るために出品しているのであれば、多少の手間は惜しまずにサクッと再出品あるのみです!

まとめ

メルカリで商品が売れない時にやるべき7つのこと

  1. 写真を撮り直す
  2. 商品説明を書き直す
  3. カテゴリーを見直す
  4. 相場に合った価格にする
  5. 送料込みにする
  6. コメントにすぐ返信する
  7. 再出品する

これらの方法を継続して試してみてきた結果、私はこれまでにメルカリで出品した商品は100%全て売ってきました!

メルカリでは評価の数が増えてくると相乗効果で更に商品が売れやすくなっていきます。みんな見る目無いなー!もういいよ!知らねー!と諦めずに、皆さんも是非参考にしてメルカリでどんどん商品を売っちゃいましょう!

あなたが商品を買う側の立場になると、やるべきことが見えてくるかも?

こちらの記事も参考にどうぞ!

らくらくメルカリ便を使った梱包の方法/初めてのメルカリで売れた椅子を梱包してみた!

メルカリで売れた商品代金は最短でいつ振込される?

使わなくなったトリップトラップは買取よりもメルカリがおすすめな理由

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪