メルカリで売れた商品代金は最短でいつ振込される?

どうも。ariko(@otonmediariko)です

メルカリに商品を出品して無事に販売することができたら、商品代金は1日でも早く手に入れたいところですよね

メルカリで商品が売れてから商品代金が振込されるまでの最短ルートを探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

商品が売れた後の流れ

商品が売れる

【相手】
購入者が商品代金を支払う

【自分】
商品を発送する

【配送業者】
商品を届ける

【相手】
購入者から『受取評価』される

【自分】
購入者を評価する

【メルカリ】
商品代金が『売上金』に反映される

【自分】
『振込申請』する

【メルカリ】
振込される

メルカリで商品を出品しそれが売れた場合の取引後の流れは、販売者である【自分】と、購入者の【相手】、商品を届ける【配送業者】、そして【メルカリ】という4者が関わってすすんでいきます

最短で振込してもらうためには、自分がやることを素早く済ませることはもちろんのこと、取引に関わる他の方にもスムーズに動いてもらう必要があります

ゴールから逆算した最短ルート

振込スケジュール

メルカリの振込スケジュールは『振込申請』の締め切り日から数えて4営業日目になります

振込申請の締め切り日は、毎週月曜日になっていますので、通常だと金曜日が振込日と考えて良いでしょう

なので、月曜日に振込申請をしてその週の金曜日に振込されるというパターンが最短ということになります

振込申請が月曜日から火曜日に1日遅れてしまうだけで、振込が1週間遅れてしまうことになりますので、最短での振込を考えた場合には注意が必要ですね

振込申請をする為には?

振込申請をする為には、商品代金が『売上金』に反映されなければなりません。商品代金が売上金に反映されるのは、購入者と自分お互いの評価が終わり取引が全て完了したタイミングになります

順番としては、購入者からの『受取評価』を受けてその後自分が購入者を評価します

なので最短での振込を考えた場合には、購入者からの『受取評価』を月曜日までにしてもらう必要があるということです

輸送中の破損を防ぐ

購入者は商品を受け取り、届いた商品の状態を確認してから受取評価を行います

商品の配送は配送業者にお任せすることになり、最短で翌日、遠方なら2~3日で購入者に届くことになります。こればかりはいくら急いで届けてとお願いしても無理がありますので、自分でできることと言えば、輸送中に荷物が破損しないよう商品をしっかりと梱包することくらいでしょう

らくらくメルカリ便を使っていれば、輸送中商品が破損してしまった場合にはメルカリが全額補償してくれるので安心ですが、そうならない為にもしっかりと梱包するようにしましょう

【関連】らくらくメルカリ便を使った梱包の方法/初めてのメルカリで売れた椅子を梱包してみた!

月曜日までに相手から受取評価をもらうためには、配送に長くて3日かかると考えて金曜日までには配送業者に商品を渡し、発送完了しておく必要があるでしょう

商品代金の支払いをスムーズにすすめるには

ちなみにメルカリでは、購入者が商品代金を支払わないと、荷物に貼る送り状が発行できず商品を配送できないようになっています

この時、購入者の支払い方法がクレジットカードになっている場合には、すぐに発送のステップにすすめるのですが、コンビニやATMでの支払いになっていると、相手が商品代金を支払うまで待たなければなりません

なので、メルカリで商品が売れてから商品代金が振込されるまでの最短ルートを考えた場合には、商品代金の支払いがいかにスムーズにいくかが大きなポイントになります

メルカリでは商品が購入されると、購入者との間で『取引メッセージ』が使えるようになります。取引メッセージを有効に活用することでトラブルを回避しましょう

【取引メッセージ例文】

「この度はお買い上げありがとうございます!取引終了までの間、よろしくお願いします!取り急ぎお礼まで♪」

「お買い上げいただいた商品は、お支払い完了後〇〇日までには梱包、発送できると思います。よろしくお願いします!」

このようにできるだけ丁寧な言葉遣いで、お互いが気持ちよくやり取りできるよう心がけると良いでしょう

ちなみに最短での振込を考えた場合には、購入者の支払い方法がクレジットカードのパターンです。クレジットカード払いになっていれば、購入されればすぐに商品を発送するステップにすすむことが可能です

『お急ぎ振込』を使う!

メルカリには通常の振込申請とは別に、とにかく早く振込して欲しいという方のために『お急ぎ振込』というサービスも用意されています

お急ぎ振込には、通常の振込手数料(¥ 10,000未満:¥ 210/¥10,000以上:¥ 0円)に加え、別途お急ぎ振込の手数料が¥ 200がかかりますが、通常よりも早く振込されます

振込スケジュールは以下のとおり

・営業日0時00分~営業日8時59分に振込申請⇒翌営業日に振込

・営業日9時00分~営業日23時59分に振込申請⇒翌々営業日に振込

・営業日以外に振込申請⇒翌々営業日に振込

・営業日は土、日、祝、年末年始(12/30~1/3)を除く平日を指します。

お急ぎ振込を使って最短での振込を考えた場合には、月曜日の8時59分までに振込申請すれば、翌日の火曜日には振込されるということも可能ですね

まとめ

ということで、メルカリで商品が売れてから商品代金が振込されるまでの最短ルートを考えた場合、通常であれば

月曜日に振込申請をしてその週の金曜日に振込されるというパターンが最短

その為には

  • 金曜日までには配送業者に商品を渡し、発送完了しておく
  • 輸送中に荷物が破損しないよう商品をしっかりと梱包する
  • コンビニやATM払いの相手には取引メッセージを有効活用する

また、お急ぎ振込を利用すれば通常のスケジュールよりも早く振込することも可能

その際には

  • 通常の振込手数料に加え別途¥ 200かかる
  • 月曜日8時59分までの振込申請で翌火曜日に振込も可能

以上、参考にしてみて下さいね!

【関連】使わなくなったトリップトラップは買取よりもメルカリがおすすめな理由

【関連】らくらくメルカリ便を使った梱包の方法/初めてのメルカリで売れた椅子を梱包してみた!

【関連】ストッケ トリップトラップをオフハウスで査定してもらったら買取価格があまりにも衝撃的だった話

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪