【サビキ釣り】初めての海釣りで初心者があっさり魚ゲットしちゃいました♪

サビキ釣りに初挑戦したうちの奥さん。あっさり魚ゲットして、どうやら釣りにハマっちゃったみたいです!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

魚釣りって道具がたくさんありすぎて、初めての方が遊びや趣味として気軽に始めるにはかなりハードルが高いイメージありますよね

釣る場所や狙う魚によって道具も違ってくるのですが、そもそも初心者の方はどこで何を狙えば良いのかが分からない

道具選びを間違うと、ほとんどの場合魚は全く釣れませんので、魚釣りの道具選びでまず必要なことは、どこでどんな魚を釣るのか?を決めることです

とは言っても、初心者の方がいきなり「沖でカツオを釣りたい!」は、現実的に難しいです笑

そんな時、釣り初心者の方におすすめなのが、サビキ釣りです

そもそも魚釣りは、魚が釣れないと楽しくありませんが、サビキ釣りであれば釣り初心者の方でもかなりの確率で魚を釣ることができます

ちなみに先日、生まれて初めて釣りをしたといううちの奥さんでも、サビキ釣りをしたらあっさりと魚を釣ることができました!

釣りが初めての女性や子供でも魚が釣れるサビキ釣り。今回は、そんなサビキ釣りについて、初心者向けに釣り方や必要な道具をご紹介します♪

スポンサーリンク

サビキ釣りとは?

サビキ釣りとは、エサに似せたつり針がいくつも付いたサビキ仕掛けと、アミエビなどを入れたマキエカゴを連結させた仕かけで魚を釣る釣り方のことです

マキエカゴには重りが付いていて、水に沈む勢いでカゴからエサが水中に漂います。マキエにつり針を紛れさせて魚に食いつかせるという寸法です

釣り場の条件が良ければ、カゴにエサを入れて水に沈めた瞬間に、全てのつり針に魚が食いつくなんてことも珍しくありません

エサを直接触る必要が無いので手が汚れず、ニオイなども付きません。釣り初心者の方の中には、エサ付けに抵抗がある方も多いでしょうが、サビキ釣りならその心配は一切ありませんよ^^

どんな魚が釣れる?

サビキ釣りでは、アジやイワシ、サバ、サッパなどがよく釣れます

大きさは10cm未満の豆サイズから20cmを超える大物まで。魚の大きさは時期やエリアによって変わりますし、もちろん使うつり針のサイズによっても変わってきます

▼サビキ釣りでゲットした豆アジ

ちっさ^^;

ただし、豆アジはたくさん釣れると、唐揚げが最高に美味しい!ビールのおつまみにもピッタリです♪^^

どこで釣るの?

サビキ釣りはこの場所で!という決まりは特にありませんが、釣りやすいのは漁港などの防波堤の上。そこから真下に仕掛けを落とすのが良いでしょう

少し沖の方を狙う場合もありますが、仕掛けをそこまで飛ばすのに少々テクニックが必要です

真下に落とすだけなら初心者の方でも簡単にできますし、それでも魚はちゃんと釣れます

仕掛けを真下に落とすだけなので、初めてでも簡単でした~♪

釣り方

サビキ釣りの釣り方は以下の通り

  1. エサをカゴに入れて水の中に落とす
  2. カゴが底についたらリールを少し巻く
  3. 魚が食いつく(アタリ)を待つ
  4. アタリが来たらリールを巻き上げる

基本これの繰り返しです

竿を上下に動かすことでカゴの中のエサが水の中に漂います。魚がいそうな深さを狙ってエサを漂わせるのがコツです

これさえあればOK!
初心者におすすめなサビキ釣り道具5つ

ここからは、サビキ釣りに必要な道具についてご紹介していきます

今回は、初めて釣りをするという方向けに、必要最小限の道具でサビキ釣りが楽しめるよう、厳選して5つ紹介します

☑初心者サビキ釣りに必要な道具5つ

  1. 竿リールセット
  2. 仕掛け(サビキ仕掛け&マキエカゴ)
  3. エサ
  4. 魚バサミ
  5. プライヤー

サビキ釣りはこれさえあればOKです!


少ない道具で楽しめるのは良いわね♪

1.竿リールセット

まずは一番肝心な竿とリール。これがないと始まりません

竿とリールがセットになった初心者向けの商品がありますので、最初はこれで十分です。サビキ釣りなら、このような初心者向けセット竿でも魚はちゃんと釣れます

予算:1,000円~3,000円

▼初心者向け竿リールセット

つり針や重り、浮きなどがいろいろセットになった商品もありますが、はっきり言ってそういう道具は最初は使いません

一見、そっちの方がお得に見えますが、結局使わないので竿とリールだけあれば十分です

2.仕掛け(サビキ仕掛け&マキエカゴ)

サビキ仕掛けは市販のものを使います。サイズは4号~6号あたりが良いでしょう

市販のサビキ仕掛けには、数え切れないくらい種類がたくさんありますが、正直、どれを選んでも釣れる時は釣れます

私もこれまで、色んな仕掛けを使ってきましたが、ここのメーカーのこれが良いというものははっきり言ってありません

予算:100円~

▼市販のサビキ仕掛け

ちなみに、100均(ダイソー)にもサビキ仕掛けが売っていて、それでも普通に連れます^^

▼マキエカゴ

スチール製とプラスチック製があります。どちらでもOKです

3.エサ

エサには主にアミエビと呼ばれる小さなエビを使います。釣具店のエサコーナーへ行けば、冷凍されている物や常温タイプの物までいろんなアミエビが売ってます

アミエビは想像以上に生臭く、手に付くとしばらくはニオイが取れません。カゴに入れる際には割り箸やスプーンがあると便利です

おすすめはチューブに入ったタイプ。カゴの中に入れやすく、キャップ付きで常温保存できるので、余ったら持ち帰って次の釣りに使うことができます

予算:500円程度

▼チューブタイプがおすすめ!

↑こちらの商品は、フルーツ系の香りで、アミエビのにおいが苦手な人も安心して使えます

これなら女性の方でも簡単にできそうね♪

ここまで紹介してきた竿リールセット、仕掛け、エサ、これら3つの道具があればサビキ釣りはできます。

ここから紹介するあとの2つの道具は、いざ魚が釣れたという時に必要になってくる道具です!

4.魚バサミ

まず一つ目が、魚バサミ。釣れた魚の針を外す時に使う、魚が動かないようにギュッと掴むための道具です

初めての方が生きた魚を手で触るのは、かなり抵抗があるでしょうし、慣れない方が手で触るとヒレなどが刺さって危険です

ちなみに、うちの奥さんは、釣った魚を見て「絶対に素手ではムリ。。」と言ってました^^;

予算:1,000円~3,000円

▼初心者は魚バサミをお忘れなく!

腰に引っ掛けることができるホルスター付きがおすすめです

5.プライヤー

プライヤーがあると、魚の口に引っ掛かったつり針を取る時に便利です

素手で魚を触るのに抵抗がある初心者の方であれば、素手で魚の口の中のつり針を取るなんてもっての外でしょう^^

しかも、つり針を外すときは、魚が暴れたりするので慣れた人でも素手でやるのは結構苦労します。道具があれば初心者の方でも大丈夫でしょう

まず魚バサミで魚をギュッとつかみ、もう片方の手でプライヤーを使って外します。掴んだ針を刺さっている方向と反対に回しながら抜くと簡単に取れます

予算:1,000円程度~

▼釣り専用のものじゃなくてもOKです

釣れたは良いけど針が外せない。。なんてことにならないよう、魚バサミプライヤーは初心者の方はくれぐれもお忘れなく!

まとめ

釣りは全くの初心者という方でも、サビキ釣りならかなりの確率で何かしら魚が釣れます

ブルブルッという魚のアタリや、釣れたときの喜びを手軽に感じることができるサビキ釣り。是非お試しあれ♪

サビキ釣りの対象魚は幅広いので、1年中楽しむ事ができますよ!

☑初心者サビキ釣りに必要な道具5つ

  1. 竿リールセット
  2. 仕掛け(サビキ仕掛け&マキエカゴ)
  3. エサ
  4. 魚バサミ
  5. プライヤー


追記

すっかり釣りにハマってしまった奥さん^^

人生2回目の釣りは、ダイソーの100円ジグを使ってショアジギングに挑戦してみました!

【関連記事】ダイソーのジグロックが有能過ぎる!人生2回目の釣りでサバを爆釣した話

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪