山本キッド徳郁さん、死去。ご冥福をお祈りします

お昼、いつものようにジムでトレーニングに励んでいると、床に置いたスマホからニュースアプリのプッシュ通知音が鳴った

普段なら特に気にならないその音が、なぜか今日はいつもとは違う音のように感じて、持っていたダンベルを置いてすぐにスマホの画面を立ち上げた

山本キッド徳郁さん、死去

えっ?!

一瞬我が目を疑った。。

山本キッドが死んだ?!

ガン闘病中であることをニュースで知ったのはつい1ヶ月ほど前の事。その時、久しぶりに写真で見た山本キッドさんはものすごく小さくなっていて、彼の病状がいかに深刻なものかを理解するのにさほど苦労しなかった

それほど、写真に写るその男性は、私が知っている山本キッドとはまるで別人だった

車椅子の上でカメラに向かってポーズを取るその小さな男性。ギラリとした鋭い眼光でかろうじてその人が山本キッドさんだと分かるくらい。現役の頃の面影はほとんど無くなっていた

私が山本キッドさんを初めて見たのは、確か彼が初めてK-1に参戦した年。ほぼノーガードで相手パンチを避けつつ、圧倒的なスピードとパンチ力で相手を圧倒。ダウンを奪った後も追撃の手を止めようとしない野性味あふれる彼のファイトスタイルに、私は一瞬で心を鷲掴みされた

それ以来、私は山本キッドさんの大ファンになった

相手が誰であろうと決して物怖じせず、毎回、絶対ぶっ倒してやるぜと言わんばかりの挑発的な姿勢で戦いに挑む山本キッド、そして実際にぶっ倒す山本キッドは、見ていて最高にかっこよかった

彼はその圧倒的な強さからいつしか「神の子」などと呼ばれるようになった

私が彼の虜になった理由は、その圧倒的な強さだけではなかった。彼の見た目やファッション、ライフスタイルもかなり影響している

分かりやすいところで言えば山本キッドさんの体。彼の体、とくに上半身の筋肉の付き方はとにかくかっこいい。見事な逆三角形を作っているデカい背中、丸く張った肩の筋肉、キレッキレで形の良い大胸筋、バランス的にどれも素晴らしく、ほんと見ていて惚れ惚れするかっこよさだった

私が本気でかっこいい体になろうと決意して、自宅で腕立て伏せやら懸垂やらの自重トレーニングを始めたのもちょうどこの頃で、山本キッドさんの体を見たことが大きく影響している

また、少し悪っぽい彼のファッションやライフスタイルも、世間体を気にしてそこまで突っ切れない私のような気の小さい男子には、憧れさせる要素を十分に持っていた

年を追うごとに増えていった全身のタトゥーに関しては、賛否両論あるのは仕方なく、個人的にも最後の方は流石にやりすぎかなと感じてはいたが、あそこまで突っ切れるのはやはり純粋にかっこいいと思う

世の格闘技ブームが一段落し、以前ほどメディアへの露出が減ってはいたものの、たまに見る山本キッドさんはやっぱりかっこよかった

ちなみに、前職の職場近くにあった山本キッドさんがやっていたカレー屋さんには、何度か通わせてもらった(現在は既に閉店)。結局店で会うことは一度もなかったが、良い意味でクセの強いカレーは山本キッドさんならではだなと思ったのを覚えている

自分の好きなことをやって生きているという姿がストレートに伝わってきて、そんな彼の自由な生き方を見るにつけこれまで以上に憧れを感じるようになっていた

そんな矢先の例の写真。まるで別人になってしまった私の憧れだった山本キッド。

ウソであってくれ!あまりのショックにそれがフェイクニュースであることを心から願った。そして、人をこれほどまでに変えてしまうガンという病に対し、心底恐怖を覚えた

そして今日。ガンという病は、私の憧れの人をあっという間に天国に連れて行ってしまった。

あの写真を見て、そう遠くない未来にそれが訪れるということは、心のどこかで覚悟はしていた。それでも、1ヶ月なんてあまりにも早すぎやしないか。。

山本キッドさんの病を知ってからというもの、自分の体がまだ全盛期の彼の体に全く追いつけていないことに焦りを感じ、急ピッチでトレーニングに励んでいたんだ

今更いくら急いでトレーニングしたとしても、体はそんなに急に変わらないことは、長年トレーニングをやってきての結果がこれなので、そんなことは自分では嫌というほど分かっている

それでも、私は筋トレせずにはいられなかった

もし仮に今、キッドさんに会えたとしても、この体じゃまだとてもじゃないけど、キッドさんに憧れて筋トレしてますなんて恥ずかしくて言えっこない

あと1年、いや半年本気でやればあの頃のキッドさんの体にまで仕上げる自信はあったんだ

早くしないともう二度と会うことはできない、そう思ったら重いバーベルもあと1回は挙げられた。おかげでこの1ヶ月は、ほんとうに濃いトレーニングができた

昨日は挙げられたあと1回が、今日はもう挙げられない

同じ重さなのに今日はものすごく重く感じる

山本キッド徳郁さん、心よりご冥福をお祈りします

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪