ナイキで一番売れてるバッシュ カイリーを買った!特徴とか履いてプレーした感想とか

どうも。ariko(@otonmediariko)です

新しいバスケットボールシューズを買ったのでさくっとご紹介しておきます!

スポンサーリンク

ナイキ カイリーはどんなバッシュ?

ナイキで一番売れてるバッシュ

突然ですがナイキのバスケットボールシューズの中で一番売れているモデルは何か皆さんご存知でしょうか?

人気があるバッシュということでぱっと頭に思い浮かぶのは、バスケットボールの神様マイケル・ジョーダンのシグニチャーモデル『エアジョーダン』シリーズがありますが、正解は違うようです

ナイキブランドの最高責任者トレバー・エドワーズによると「2016年12月に発表されたカイリー3は、市場に出回るパフォーマンス用のバスケットボールシューズの中でトップセールスを記録しています」とコメント。しかも、それはジョーダンシリーズを含む全バスケットボールカテゴリー商品の中でトップセールスを記録したようです

カイリー・アービングのシグニチャーモデル

『ナイキ カイリー』シリーズは、現在NBAボストン・セルティックスに所属するカイリー・アービングのシグニチャーモデルのバスケットボールシューズです

切れ味抜群のクロスオーバーやチェンジオブペース、トリッキーなムーブで敵を翻弄し、得点やアシストを量産していくカイリー・アービングは、世界最高のボールハンドリング技術を持つと言われるNBAの屈指のスタープレーヤー

NBAさん(@nba)がシェアした投稿

大事な曲面、最後の勝負どころで見せる決定力は、多くのファンを魅了する要因にもなっていますね!

歴代の『ナイキ カイリー』シリーズ

『ナイキ カイリー』シリーズは、2017年12月に発売された最新モデル「ナイキ カイリー4」を含めこれまでに4つのモデルが発売されています

▶2015年1月に発売された記念すべきカイリーシリーズ第一段。つま先部分のギザギザのアウトソールが特徴的な『ナイキ カイリー1』

▶2016年1月に発売された『ナイキ カイリー2』は、アンクル部分に付いたストラップで好みのフィット感を調節できるようになっています

▶こちらが、ナイキのバッシュで一番売れている『ナイキ カイリー3』。2017年1月から国内販売されています。アッパーに付いた小さなウロコのような無数の突起が特徴的です

▶2018年1月販売のカイリーシリーズ最新モデル『ナイキ カイリー4』。カイリー1のギザギザアウトソールが復活。マルチカラーモデル”CONFETTI(紙吹雪)”は見た目のインパクトがすごい!

人気の理由

『ナイキ カイリー』シリーズの人気の理由は、当然、カイリー・アービングの人気に比例しているわけですが、他にも、各モデルによってさまざまなカラーバリエーションが発売されていて豊富なカラーの中から選べることや、スタープレーヤーのシグニチャーモデルシューズでありながら比較的安価な価格設定になっていることなどがあげられます

憧れのスター選手が履いているバッシュを、低価格でしかも豊富なカラーリングの中から選んで購入することができるとなれば、人気が出るのは当然のことでしょう

私が買ったカイリーはこれ!

ということで、ここからは今回私が新しく購入したバッシュを紹介していきます!

今回私が買ったカイリーはこちらです!

ザ・水色!!!

今回私が買った新しいバッシュは『ナイキ カイリー3』、 カラーは『Aqua/Aqua-Black』になります

アッパー、シューレース、ソール、パーツの全てが水色一色でまとめられた、この上なく爽やかなバッシュ。ネットで見つけて思わず衝動買いしてしまいました

購入した理由

というのも、我が家の2人の息子が所属しているバスケットボールクラブのチームカラーがまさにこの水色で、チームカラーに似合うバッシュを前から探していたのですが中々これというものが見つからなかったところだったので、このバッシュを見つけたときにはホント「これだ!」って感じでしたね

渡りに船、地獄に仏、チームカラー水色バスケチームにカイリー3アクアです

ソールの裏面に一部ブラックが使われていますが、普通に履いているぶんには見えないところなので、ほぼ水色一色と言って良いでしょう。それにしてもとことん水色!

デザイン詳細

『ナイキ カイリー3』のアッパーには、こんな感じで魚のウロコのようなトゲのような小さな突起がたくさん付いていて、それがデザインの特徴になっています

デザイン的な意味の他にこの小さな突起にどんな役目があるのかはよく分かりませんが、触るとけっこう固くザラザラします。アッパーの耐久性や耐摩耗性を向上させる意味合いもありそうですね

近くで見ると結構気持ち悪いです笑

この小さな突起はアッパーの側面からかかとの後ろ部分までぐるっと一周付いています

また、アッパーはかかと部分で切り返されていて、内側はメッシュ素材になっています

中敷き(インソール)は黒で、かかとのところにローマ数字が VIII と XIII が書かれています。この数字は、カイリー・アービングの左右の手首に刻まれているものと同じで、アービングの亡き母、エリザベスを陰に示すものなんだそうです

ぱっと見は水色ということしか印象に残らないほど、水色のインパクトが強すぎるバッシュですが、細部のデザインや作り込みをまじまじと見ると、さすがナイキで一番売れてるバッシュなだけなって、すごく良くできたかっこいいバッシュです

履いてプレーした感想

週3日のバスケ練習で1ヶ月ほどこのバッシュを履いてプレーしてみた感想ですが、まずは何と言ってもこのバッシュめちゃくちゃ目立ちます笑!

初見の人はまず間違いなくこのバッシュを見るやいなや「すげー!」という反応を示します。かっこいいねとかいう反応ではなく驚かれる感じに近いので、嬉しいかどうかは正直微妙ですが、目立つことは間違いありません

ウェアのカラーリングもこのバッシュに合わせるとそこまで目立つわけではありませんが、バッシュのカラーをワンポイント的に使ったコーディネートにすると、その効果は絶大ですね!

肝心のパフォーマンスに関して、特に印象に残ったのはソールの固さ。この『ナイキ カイリー3』はソールが結構固めです。ストリートバスケでも使える用に開発されたバッシュらしいのですが、体育館で使用するぶんには少し固いかなと感じる人もいるかもしれません

個人的に、これまで履いていたバッシュが結構柔らかめのソールだったので、その違いはかなりはっきりと感じました

ソールが固めなので、前にダッシュするときなんかは踏み込んで曲げられたつま先部分のソールがいい具合に反発して、素早くダッシュすることができますね

ソールも含め全体的に固くつくられたバッシュという印象で、足元をカチッとさせてプレーしたい人にとってはすごく使いやすいバッシュだと思います

ちなみに、カイリー・アービングは足首がもの凄く柔らかいことで有名で、クロスオーバーする時なんかは足の側面が地面に付きそうなほど足首が横に曲がっています。カイリーシリーズはアウトソールが側面にまでせり上がっているのは、足首の柔らかいアービングの特徴を踏まえより高いグリップ力を発揮する為に作られているんですね

まとめ

最新モデルの『ナイキ カイリー4』も、今後さまざまなカラーバリエーションが発売されていくことでしょう

人気のカラーは発売後すぐに完売してしまうなんてことも、過去のカイリーシリーズではよくあることでしたので、気になる方は早めにチェックすることをおすすめします!

ちなみに、今回ご紹介した私が買った『ナイキ カイリー3 Aqua/Aqua-Black』も品薄で、ネットでは既にプレ値になっちゃってるみたいです。チームカラー水色の方は急げ!

>>Amazonで『ナイキ カイリー』をチェックする

>>楽天で『ナイキ カイリー』をチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪