耳が痛くならないおすすめのランニング用Bluetoothイヤホン

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

ランニング用に新しいBluetoothイヤホンをゲットしたので、早速レビューしていきたいと思います!是非参考にしてみてください。コレかなりおすすめです♪

スポンサーリンク

イヤホンの種類と特徴

まずは、これからランニング用のイヤホンを購入するという方のために、形状の違いや特徴などについて簡単にご紹介しておきます

インイヤー型(開放型)

インイヤー型イヤホン

インイヤー型イヤホン

昔からあるお馴染み形。いわゆる普通のイヤホンですね。耳の穴に入れる部分は平べったい形をしていて、ある程度どんな人にもフィットするように作られています

軽い

イヤホン自体非常に軽く、装着感が良いので長時間つけていても耳が疲れにくいのが特徴です

激しい動きで外れやすい

耳の穴に軽く引っ掛けているだけなので、激しく動かすとすぐに外れてしまいます。運動するときなどには向きません

音漏れしやすい

比較的音漏れしやすく、周囲の音も入ってきます。電車のアナウンスなど周りの音を聴き逃したくないときなどには良いでしょう

カナル型(密閉型)

カナル型イヤホン

カナル型イヤホン

インイヤー型よりも深く耳の穴にねじ込んで使うタイプのイヤホン。装着感が窮屈なので、人によっては慣れない場合もあります

遮音性が高い

耳の穴を完全に塞ぐように装着するので、遮音性が高く周囲の音を気にすること無く集中できるのが特徴です

外れにくい

すっぽり差し込んでしまえば、少々の動きでは外れる心配はありません。自分の耳にピッタリ合うサイズを選ぶのが重要です

細かな音もしっかり聞こえる

周囲の音に邪魔されること無く、比較的小さなボリュームでも細かな音までしっかりと聞くことができます。周囲が静かすぎると、自分の息や動きによるノイズが気になる場合もあります

耳かけ型

耳かけ型イヤホン

耳かけ型イヤホン

イヤホンにフックが付いていて、耳に引っ掛けて使うタイプのイヤホン。耳かけタイプにも開放型、密閉型の2種類があります

激しい動きでも外れない

普通のイヤホンに比べ非常に外れにくいのが特徴です。装着による耳の穴への負担が少ないので、ランニング用にはこのタイプのイヤホンがおすすめです

ネックバンド型

ネックバンド型イヤホン

ネックバンド型イヤホン

イヤホンにネックバンドが付いており、首の後にネックバンドを回して装着するタイプのイヤホン。

動きに強い

耳かけ型のイヤホン同様、このタイプもスポーツなどの激しい動きをしても、イヤホンが外れにくい特徴があります

コードの有無

これまでに紹介してきたイヤホンの形状の違いに加えて、それぞれ、コードの有無による違いがあります

屋外で使用するイヤホンの場合は、コードが邪魔にならない無線タイプのものが最近は主流になりつつあります。有線のものに比べると音質は劣る傾向にあります

おすすめのランニング用Bluetoothイヤホン

そして今回私がゲットしたイヤホンがこちら!

Anker SoundBuds Sport NB10

dscn5705

  • 完璧にフィット: 調節可能なフィットクリップと3つのサイズのイヤーチップが同梱し、ベストな組み合わせを選ぶことが可能。激しい運動であったとしても外れることなく、確実で快適な付け心地を得ることができます。
  • 防水構造: IPX5防水規格対応の外装と、内部のナノコーティングによる2層の防水性能によって、雨の中でのランニングやジムでの激しい運動であっても機器本体へ影響なくご使用いただけます。
  • 力強いサウンド: 12mmのオーディオドライバーが可能にした驚くほどクリアでパワフルな音質を実現。エクササイズやランニング時にもぴったりです。
  • 簡単&安定接続: Bluetooth 4.1に対応し、簡単かつ一瞬でペアリング可能。最大で10mの範囲までであれば安定的に接続することができ、6時間以上連続で音楽を楽しむことができます。また、バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です(※iOS 6以上の機器のみ対応)。

出典:https://jp.anker.com/

安定のAnker製品

USB製品を中心に、その高い品質と充実したアフターフォローで定評のあるAnker(アンカー)

それにしてもAnker製品の箱って、何でいつもこんなにクオリティが高いんでしょう。製品自体もそうですが、箱や付属品なども一つ一つこだわって作られてるのがよく分かります

以前このブログでご紹介したAnkerのUSBカーチャージャーも、箱から何からおよそカー用品のクオリティではありませんでした。もちろん今もすこぶる調子良く快適に使ってます♪

関連記事:【レビュー】Ankerの高出力3ポートUSBカーチャージャー「Anker PowerDrive+3」

今回のイヤホンはどんなもんでしょう。早速、詳細をみていくことにします!

セット内容

dscn5707

  • Anker SoundBuds Sport NB10本体
  • 専用ポーチ
  • Micro USB 充電ケーブル
  • 交換用イヤーチップ
  • フィットクリップ
  • 取扱説明書
  • カスタマーサポートの紙

外観レビュー

dscn5737

「Anker SoundBuds Sport NB10」は耳かけ型とネックバンド型が一体になった無線タイプのイヤホン。激しい動きでもイヤホンが外れない2つのタイプを融合させた、正にスポーツ用イヤホンとして開発されたモデルです

dscn5733

バンドがくるっと盛り上がっている部分に耳を引っ掛けて、さらに首の後ろにバンドを回して装着します

dscn5728

手に持つと大きさはこんな感じ。約3.5cm✕1.5cm、重さは約19g

画像引用:https://jp.anker.com/

画像引用:https://jp.anker.com/

装着イメージはこのようになります。ANKERのロゴマークがかっこいいですね♪

dscn5726

イヤーチップが独特の形状をしています。インイヤー型とカナル型のちょうど中間くらいの形?

dscn5725

イヤホンカバーの上にカナル型風のイヤーチップがくっついてる感じです。素材はゴム製、触るとスゴくふにゃふにゃしてます

初めから付いているイヤーチップはMサイズ。他にSサイズとLサイズのイヤーチップが付属品として付いています

dscn5719

両端が「音量ボタン」、真ん中が電源やペアリングが割り当てられた「多機能ボタン」。右側の耳にはめる方に操作ボタンがついていますので、イヤホン装着時の操作は右手で行います

dscn5722

本体を裏から見たところ。フタになっている部分を開けるとUSB充電ポートがあります。その横の小さい穴はマイクです

それにしてもイヤーチップが面白い形してますね。キノコの傘みたいですw

dscn5731

正面から。カチッと自立しているように写ってますが、実はこのバンドかなりふにゃふにゃしてます

ただ、耳に掛ける部分や首の後ろのカーブしている部分はしっかりと形が保たれてて「ふにゃふにゃだけどちゃんとしてる」という感じ

dscn5738

なので、こうやってクルクルっと丸めることも出来ちゃいます。耳のところのカーブは形が保たれてるのが分かりますよね

dscn5735

広げるとまたこうやってピタッと元の形に戻ります。「ふにゃふにゃだけどちゃんとしてる」我ながら良い表現です♪

dscn5729

こちらは「フィットクリップ」というパーツ。このパーツを前後させることで首のフィット感を調整することが可能です

この「フィットクリップ」は付属で同じものがもう1個付いてます

dscn5732

全体のつくりは非常にしっかり?とした印象です。持った感じはとても軽くてふにゃふにゃしてるんですが形はちゃんと安定している。画像と文字だけではうまく伝わらないかもしれませんが、この感じかなり期待できそうです♪

装着して走ってみた♪

ということで、早速使ってみることにします。取り敢えず、装着して普段走ってる平坦な道を5kmほどランニング!

ちなみに操作方法を簡単にご紹介しておきますと、「多機能ボタン」を2秒間長押しで電源のオンオフ。ペアリングする時は「多機能ボタン」を2秒間長押し。基本、コレだけです。簡単ですね♪

フィット感が素晴らしい!

まず驚いたのがそのフィット感! イヤーチップが耳の穴に柔らかくピタッと納まり、更に耳かけバンドで本体をフワッと引っ掛けて、とどめにフィットクリップで首をキュッと固定

スゲー!!めちゃくちゃフィットするーーー!!!

絶対外れない!(たぶん)

思いっきり頭をブンブン振り回しても、イヤホンは全くブレずにぴったり固定されてます。手で持って外さない限り絶対に外れないでしょう!たぶん

イヤーチップが気持ちいい♪

ふにゃふにゃしたとっても柔らかいイヤーチップが、何の違和感もなく耳の穴に「ふにゅっ」と収まって、その感じがホント気持ちいい♪

今までのイヤホンのチップでは正直味わったことがない感じがします。これなら長時間イヤホンを装着していても耳が痛くなることは無いでしょう!

つまむとフニャフニャしてるイヤーチップ

つまむとすごくフニャフニャしてるイヤーチップ

とにかくズレない!

ランニングする時は頭が上下に動く走り方はあまり良くないとされていて、極力動かないよう気をつけて走りますが、そうは言っても多少は動きます

そんな時でも、このイヤホンは全くと言っていいほどズレません!上下どころか首を左右に振っても、ジャンプしようが段差から飛び降りようが、何をしてもズレません。このズレ無さ加減はほんとハンパない!

クリアでパワフルな音質♪

イヤーチップのフィット感が素晴らしすぎるので、カナル型イヤホンに近い遮音性があります。その為、予想以上に低音から高温までクリアでパワフルな音が楽しめます

ランニング中、風などのノイズに邪魔されること無く、好きな音楽を楽しみながら走ることができました。この価格を考えれば、十分過ぎるほどの満足感を得られる音ではないでしょうか

もちろん防水!

ランニング用イヤホンには必須の防水機能も、もちろん備わっています。雨の日や、激しい運動で汗をかいても安心して使えますね♪

あとがき

ファーストインプレッション、その後実際に使用してみて、取り敢えず今のところは非の打ち所が無い、ランニング用Bluetoothイヤホンとしては間違いなく文句なしにおすすめの商品ですね!

特にこのフィット感とズレ無さ加減はホント感動モンですよ♪ 外観レビューの時に感じた「ふにゃふにゃだけどちゃんとしてる」感じが、正に役立ってるのでしょう

ランニング用にフィット感の良いBluetoothイヤホンをお探しの方は是非参考にしてみてくださいね♪ もちろん通勤通学用でもおすすめです

以上、おすすめのランニング用Bluetoothイヤホンのご紹介でした

ではまた!


9月23日追記

ランニング用に購入したこのイヤホンですが、夜音楽を聴きながらパソコンする時にも使うようになりました

これまではヘッドホンで聞いてましたが、軽くて装着感がぜんぜん違うのでかなり快適になりました♪


dscn5733

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

おすすめのランニングシューズ/人気メーカーの一押しモデルをレベル別(初心者・中級者・上級者)にまとめて紹介!

ランニング中に聴きたいおすすめの音楽/定番12曲と個人的におすすめしたい6曲まとめて紹介するよ♪

ランニングアプリ「Runtastic(ランタスティック)」有料版と無料版の違いを分かりやすく紹介するよ♪

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加