とろ~りチーズが絶品!! 肉汁たっぷりチーズインハンバーグの作り方

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

いつもの手作りハンバーグにちょっとアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。ハンバーグの中からとろけ出るチーズがジューシーな肉汁と絶妙にマッチして最高の一品になります♪

お子さんはもちろん、大人も発狂せんばかりの美味しさ! 超おすすめのレシピです!!

スポンサーリンク

チーズインハンバーグの作り方

材料(3人分)

  • 合挽き肉     300g
  • 玉ねぎ      1個
  • 卵        1個
  • パン粉      大さじ2
  • 粗挽き塩こしょう 適量
  • チェダーチーズ

肉汁したたるハンバーグを作るには断然、合挽き肉がおすすめです。豚挽き肉が入ることでよりジューシーなハンバーグに仕上ります

ただし脂分が苦手な方や、ダイエット中などで肉の脂はちょっと…という方は、牛挽き肉や鶏挽き肉にすると脂質がよりカットできます

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにする

DSCN2979

玉ねぎを5mm角くらいにみじん切りします

ある程度玉ねぎの食感が残った方が出来上がりが美味しくなるので、あまり細かく刻み過ぎないようにしましょう

2.玉ねぎを炒める

オリーブオイルをひいた中火のフライパンで玉ねぎを炒めていきます

あまり炒め過ぎると柔らかくなりすぎて食感が悪くなってしまうので、ほんのり色が付く程度でOKです

DSCN2981

炒めたらボールに入れて冷ましておきましょう

3.材料を混ぜ合わせる

DSCN2984

玉ねぎの粗熱が取れたら、挽き肉、卵、パン粉、塩こしょうをボールに入れ混ぜ合わせます

DSCN2987

粘り気がでるまでよくかき混ぜます

DSCN2990

これで生地の完成です♪

4.チーズを入れて形を整える

ここで今回のレシピの主役?と言ってもいいでしょうコレを使います♪

DSCN2986

チェダーチーズ は、牛乳を原料とするセミハードタイプのチーズ。元来はイングランドのサマセット州チェダーで作られていたが、今日では世界中で生産されている。 チェダリングという特徴的な工程を持つ。チェダーチーズは最も一般的なチーズのひとつであり、ゴーダチーズと並びプロセスチーズの主な原料となっている。

チェダーチーズ-Wikipedia

見た目がちょっと黄色っぽいのが特徴のチェダーチーズ。ハンバーガーに挟んであるのは大体チェダーチーズですね。お肉料理との相性バツグンのチーズです

DSCN2991

生地を適量手に取って、中央にチェダーチーズをのせます

今回は「でっかいハンバーグにして♪」という子供のリクエストに応えて、チーズも2切れ入れました!

DSCN2993

チーズを生地で包み込むように形を整えます。チーズが生地のちょうど中央にくるようにうまく包みましょう

DSCN2994

できました~(*´ω`*)♪

5.フライパンで焼く

熱したフライパンにオリーブオイルをひいて、フタをして中火で焼いていきます

焼色が付いたらひっくり返し、火を少し弱めて反対側もフタをして焼いていきます

両面に焼き色がついて、中まで火が通ったら完成です♪

DSCN3007


advice2

ハンバーグは焼く時の火加減がポイントです

焼きすぎると肉汁がどんどん流れ出ていってしまい、出来上がりがスカスカのハンバーグになってしまいます

こまめに焼き色を確認しながら、肉汁を中にしっかりと閉じ込めましょう。後半は余熱でも中まで十分火が通りますよ!


DSCN3009

中から肉汁がじゅわ~っ♪

(;゚∀゚)=3ハァハァ

FSCN3020

見てください!このトロけるチーズ感!! 皿の上にのったハンバーグからもチーズがとろけ出てますね

とろとろで濃厚なチェダーチーズの風味とジューシーな肉汁たっぷりのハンバーグが絶妙なハーモニー♪ 口に入れた瞬間、至福のひと時が訪れます

ハァ~、シアワセ(*´ω`*)

みなさんも是非参考にして作ってみてくださいね♪

ではまた!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加