グレゴリーの財布(小銭入れ)が好き過ぎる人が語るその魅力

どうも。ariko(@otonmediariko)です

人は誰しも、好き過ぎてたまらない愛用品、というものを1個や2個は必ず持っているはず。その人にとって使いやすいという実用面での大前提があって、且つそれが長年使っていくうちに愛着が湧いてどんどん好きになっていくというもの

それらは、他人から見れば、他にも似たようなものはいくらでもありそうで、何故にそれ?と首を傾げたくなるような、至って普通のものなのに、その人にとってはそれしか考えられないかけがえのないものだったりします

今回はそんな、私の好き過ぎてたまらない愛用品のひとつ、グレゴリーの財布(小銭入れ)を紹介します

スポンサーリンク

グレゴリー 財布 コインワレットの魅力

今回紹介する、私が愛して止まない好き過ぎる愛用品というのがこちら。アウトドア用品メーカー、グレゴリーの財布で、正式な商品名はグレゴリー コインワレット(GREGORY COIN WALLET)と言います

機能性・耐久性の高さに定評のあるグレゴリー

本格的な登山用バックパックから、ファッション性の高いカジュアルなバッグまで、幅広ラインナップを持つグレゴリー。それぞれの用途に応じた機能性の高さや、ガンガン使い込んでもヘタらない耐久性の高さに定評がある、あらためて言うまでもなく非常に人気の高いバッグブランドです

グレゴリーのバッグは、私も好きでいくつか所有していますが、やはりどれも圧倒的に使いやすく、しかもすごく丈夫にできているのでほんと長く使えます

ちなみに、こちらのデイパックはかれこれ15年以上使い込んでいますが、まだまだ現役です!実用性というバッグとしての普遍的な価値が非常に高いので、流行り廃りを気にすることなく、ガンガン使い込むことができるのが、グレゴリーの良いところですね

シンプルなデザイン

見ての通り、デザインは物凄くシンプル。正面にグレゴリーのロゴマークが1個付いているだけで、あとは余計なものは他に一切付いていません。ただ、グレゴリーのバッグの良さを十分知っているだけに、グレゴリーというこの小さなロゴマークが入っているだけで、私の所有欲を満たしまくってくれます。デザインがシンプルであればあるほど、このロゴマークの威力が増してくる、そんな感じです

お馴染みの革製ジッパータブ

ジッパーには、グレゴリーファンにはお馴染みの革製のジッパータブが付いています。この革製ジッパータブの使い勝手の良さは、グレゴリーの他のバッグを使ったことのある方ならよーくご存知でしょうが、これがめちゃくちゃ使いやすい!あらゆるジッパーというジッパーに、この革製タブを付けて欲しいと思ってしまうくらい、一度使えば、このあまりの使いやすさにきっと革製ジッパータブの虜になってしまうことでしょう

財布全体の大きさに対し、少し大き過ぎるのではと感じるほど、しっかりとした大きめのタブが付いており、しかもスウェードなので掴みやすく、滑らずに指にフィットしてくれます

もう一つ、ジッパー関連でいうと、この、ジッパーを開ける際の始まりの部分(正面から見て左上の角の部分)が、90度になっているのもすごく良い!ここに角度がついているおかげで、仮にタグが何かに引っ掛かったとしても、簡単にはジッパーが開かないようになっているんです。真っ直ぐだと、そのままジーっとジッパーが開いてしまいますが、角の部分で引っ張る方向をクイックイッと変える必要があるので、そう簡単には開きません。細かいところではありますが、好きになるポイントって意外とこういう、実際に使うまで誰も気づかないような些細な部分だったりします

絶妙なサイズ感

大きさはタテ8cm×横11cm。片手にちょうどスッポリと収まるくらい、大き過ぎずかと言って小さ過ぎることもない、ほんと絶妙なサイズ感です。これ以上大きくても、逆にこれ以上小さくても、この財布の良さは無くなってしまう、実際に使っているとこの大きさがこの財布にとってベストな大きさであることがよく分かります

マチは仕様では1.5cmになっていますが、実際には左右の生地の厚みや、中に入れるものの厚みによってもう少し分厚くなります。この適度なふっくら感が、全体的なコロンとした丸みを帯びた存在感に繋がり、愛らしいフォルムになっています。手に持ったときのしっくりくる感じも、たまらなく良いです

ちなみに、スマホとこの財布、重ねて持つとこんな感じ。このセットで外出することもしばしば、この2つさえ持っていれば、外出先でも困ることは殆どありません

ポケットから出し入れしやすい

正面から見て右上の角の部分は、反対側とは違い曲線になっています。この形もまた、個人的にはすごく好きなポイントで、こうなっているおかげで、ポケットに入れる時すごくスムーズに入れることができます。私は普段、ズボンの右側のポケットに入れて持ち運ぶのですが、ポケットの端に財布の角が引っかかることが無いので、雑妙なサイズ感と相まって、ストレスフリーで定位置に納まる感じです

そこまで違和感のない厚みなので、ポケットに何かものを入れてるのが丸わかり、ということもありません。財布はお尻のポケット派という方にも、この形は絶妙だと思います

ポケットから出す時は、財布ごと持って取り出すこともあれば、財布の横についた小さなリングにヒモを取り付けて使っているので、このヒモに指を引っ掛けて引っ張り出すこともあります。以前はもう少し長めのストラップを付けていたこともありましたが、かさばるのと使い勝手でこのヒモに落ち着きました。右ポケットに入れた時に、このヒモがちょうど上にきて取り出しやすいようにしてます

普段使いに十分な容量

中は間仕切りがひとつ入っていて、収納部分が2箇所あります。使い方は自由ですが、基本的には小銭とカード類というような分け方になるかと思います。私は、右側に免許証とメインのクレカ1枚にSuica、左側に小銭を入れて使い分けしています。もちろん折りたためばお札も入れることが可能です

中の質感や縫製のクオリティは、非常にしっかりしています。小さい財布ですが、そこはさすがのグレゴリー品質。毎日使い倒してもヘタリは一切ありません!

間仕切りにもちゃんと迷彩柄が入ってます。こういった見えない部分のおしゃれも、所有欲をみたしてくれる大事なポイントですね♪

正面反対側には、ジッパーなしのポケットがひとつ付いています。私はここを、レシートを入れたりするのに使っています。すぐにアクセスできる外ポケットがついている小銭入れって、探しても意外と無かったりするので、こういった普段使いの使い勝手を考えた作りは、ここでも、やはりさすがのグレゴリー製と言って良いでしょう

子供の頃、私が初めて持った自分の財布は、確か布製のバリバリ財布。お金を入れるという財布本来の役割はそこそこに、その小さくまとまった可愛らしいフォルムや、手に持ったときの何とも言えずしっくり来る感触、ものとしての愛おしさに、ほんと大事に使っていた記憶があります。このグレゴリー コインワレットは、そんな懐かしい記憶を蘇らせ、ものを愛するという気持ちを持たせてくれる素晴らしい財布です!

あとがき

今回は、あくまでも超個人的な「好き」という思い中心でこの財布を紹介させてもらいましたので、人によっては使いにくいと感じるポイントもあるかもしれません。その場合は、ほんと申し訳ございませんm(_ _)m

ただ、私はこのグレゴリー コインワレットがすごく好き。めっちゃ好き!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

グレゴリーのリュックが15年使ってもへたれない理由

【レビュー】機能性高し!! 「グレゴリー スケッチ 25」は使い勝手が良すぎるとてもナイスなリュックだった

グレゴリー テールメイトSは丈夫で使い勝手が最高のバッグ! カラーに迷ったらHDナイロンがおすすめ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪