これって修行?ブラック企業だと分かっていても会社を辞めない理由

今日は日曜日 少し遅目の朝食を済ませリビングでマッタリしていると、家のチャイムが鳴りました。

「パパ-、男の人が何か言ってるよ-!」

我が家では基本 初めの来客対応をするのは次男(小1)です。

相手にとったらかなり困惑するでしょう 第一声が「誰?」ですからね笑

「ケーブルテレビの工事関係者です。来週この地区に工事に入るので挨拶に来ました」ん?

スポンサーリンク

はいはい、そのパターンね

連日のネタの予感?)聞くと、工事車両を家の前に停めることがあり迷惑をかけるかも 許してね と。

「あー、全然かまいませんよ-。じゃ」で終わろうとした所、まだ話しは続き

「今ってケーブルテレビでインターネットされてます?それともNTTさんですか?もしそうですと月に電話と合わせて1万円近くかかってますよね」

はいはい そのパターンの人ですか

メジャーなインフラ会社の関係業者を名乗り(まー ウソではないんですけどね)こちらの警戒感を解いたうえで、すかさず回線の営業をねじ込んでくる手口。

皆さん経験ないですか?私は今回で3度目です。

外は猛吹雪ですけど…

長引かせても誰も得しないんで、丁重にお断りしてお帰りいただきましたが、驚きは今日の天気!!

何十年に一度の寒波が日本列島に到来しており、外は猛吹雪!!積雪は10cm程度でしたが、それでもこんな凄まじい天気の中、飛び込み営業って

どんだけブラックなんすかーーーっ!?

見た目20代後半ちょっとやんちゃそうな男性でしたが、いやー あなた見上げた愛社精神ですねー。それとも修行中の身とか?

明らかに今日の天候には不相応な服装で(足元なんて普通の革靴でしたし)

やっぱり修行してるとしか思えません。でないと こんな日に飛び込み営業なんてできないですよ。ほんと すごいメンタルです。

それ以上考えなくても良くなる言葉「修行」

私もトータル15年ほど会社務めをした経験があり、ある時期はほんとに 修行修行 とブツブツ唱えては、やりたくないことでも目をつぶってこなしてました。

その経験もあっての今ですので、完全に否定するつもりはありませんが、今思えば単に 考えるのが面倒くさかっただけなんですよね。

修行って言っちゃえばそれ以上考えなくてすみますから

修行だから辛くて大変なのは当たり前。思考停止。はい終了ー。

あれっ?これ修行かな?今はこう感じた瞬間に逃げるようにしてます。そして、もっと楽な方法を真剣に考えます。

実はこっちのほうがよっぽど大変だったりするんですよね。脳ミソは汗かけませんから

たまに考えすぎて湯気でそう
プスプスプス~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪