【男性用】保温弁当箱の選び方とおすすめランキング

せっかくのお弁当、より美味しく味わうにはやっぱり温かい方が良いですよね。そんな時は、保温弁当箱!

お昼までしっかりと保温してくれる保温弁当箱は、年々進化していて、現在は種類も豊富で、いろんな形やデザインから選ぶことができます

そこで今回は、これから保温弁当箱を検討されるという方に、自分にあった保温弁当箱の選び方と、おすすめの保温弁当箱をご紹介します!

スポンサーリンク

保温弁当箱のタイプ

ランチジャータイプ

丸い筒型になった魔法瓶タイプの弁当箱に、スープ、ごはん、おかずが入った容器を順番に入れて持ち運びます

いわゆる『昔ながらのお父さんのお弁当箱』ってやつですね

弁当箱自体の保温効果に加え、スープの熱で更に温かさが持続するというメリットがあります

サイズは比較的大きめのものが多く、その分重量も重くなります

ご飯のみ保温するタイプ

ご飯を入れる容器のみ、魔法瓶タイプになっている弁当箱です。おかず容器はタッパー型になっているものが一般的です

ごはん容器、おかず容器を専用ポーチに入れて持ち運びます

この専用ポーチ自体にはほとんど保温効果がないので、夏などは中のおかずが傷まないよう注意が必要です

サイズやデザインが豊富でおしゃれなものも多くでています

どんぶりタイプ

どんぶり型になった魔法瓶タイプの容器の中に、ご飯と具材をそれぞれ別々に入れられる弁当箱。食べるときはご飯の上に具材をかけてどんぶりにして食べる弁当箱です

ご飯も具材も温かいまま食べられるというメリットがあります

作る具材のバリエーションに工夫が必要ですが、おしゃれなカフェ丼風お弁当が食べられます

保温弁当箱のタイプ別特徴まとめ

☑ランチジャータイプ
・昔ながらの保温弁当箱
・温かさがより長く持続する
・サイズ大きめで重い

☑ご飯のみ保温タイプ
・ご飯容器は魔法瓶、おかず容器はタッパー
・専用ポーチで持ち運び
・形やサイズいろいろ

☑どんぶりタイプ
・食べるときに具材をかける
・ご飯も具材も温かい
・メニューに工夫が必要

大きさの目安

保温弁当箱にはさまざまなサイズのものがあります。選ぶ際には、ご飯容器の容量を基準にして自分にあったサイズを選ぶようにしましょう

ご飯容器に入るご飯の量は、商品説明欄に「茶碗○杯分のご飯が入ります」などと書かれています

一般的なお茶碗1杯分のご飯が約150g。容量にして約180ml~200mlになります

ご飯容量300ml~400mlくらいのものが、男性用のものとしてはちょうど良いくらいでしょう

ごはん:390ml、おかず:400ml、スープ:250ml
かなりボリューム満点の弁当箱です

保温効力を確かめよう

保温弁当箱を選ぶ際に重要なのが、ちゃんと保温効果があるのかどうか?というところ

「そんなの実際に使ってみないと分からないのでは?」と思われるかもしれませんが、保温弁当箱にはちゃんと『保温効力』というものがあって、商品説明欄に示されています

保温効力をチェックする!

保温効力の数値がよいものほど、保温効果が高く冷めにくくなります。あくまで目安ですが、より保温効果の高い弁当箱を選ぶ際にはここをチェックすると良いでしょう

男性用保温弁当箱おすすめランキング

第5位

どんぶりタイプの保温弁当箱。とてもコンパクトなデザインですがご飯と具材をそれぞれ310ml入れることができます

ステンレス製の真空断熱保温容器がご飯と具材をしっかりと保温してくれるので、お昼に温かいどんぶりお弁当が食べたいなら、この弁当箱で決まり!

更に、物足りない方は、ご飯と具材がそれぞれ400ml入る大盛りタイプも用意されています

  • コンパクトたっぷり容量のどんぶりタイプ
  • 温かいどんぶりお弁当ならコレ
  • 大盛りタイプも選べる

第4位

マチ幅が約9.2cmの専用ポーチに収納できる軽量スリムタイプの保温弁当箱。ビジネスバッグにすっぽり入るサイズで、しかも縦置きでも横置きでもどちらでも使えるので、通勤や通学にとても便利です

また、専用ポーチは丸洗いが可能なので、万が一汚れてしまっても清潔に使うことができます

ご飯300ml(お茶碗1.5杯分)ちょうど良いサイズ感。もう少し小さい方が良いという方には【ご飯240mlタイプ】も有ります

  • 軽量スリムで携帯性バツグン
  • 縦置き横置き2way
  • 洗濯できる専用ポーチで清潔感◎

第3位

サイズが大きめになりがちなランチジャータイプの保温弁当箱にあって、こちらはすごくスッキリとしたスリムなデザインが特徴の弁当箱

容器の内側には汚れが落ちやすい特殊な加工がされているので、お手入れもすごく簡単です

大きめのスープ容器で、保温効果もばっちりです(65度以上6時間)

  • ランチジャータイプなのにすっきりデザイン
  • 洗いやすくお手入れ簡単
  • 高い保温効果

第2位

非常に高い保温効果で知られるサーモスの保温弁当箱。ご飯容器には、サーモス独自の「デュアル保温構造」が使われており、ランチジャー並みの保温力があります

おかず容器は汁漏れしにくいフタになっていて、持ち運びの際にも安心です。もちろん電子レンジ、食洗機にも対応しています

とてもコンパクトな専用ポーチも◎

  • サーモスならではの高い保温効果
  • 汁漏れしにくいおかず容器
  • コンパクトな専用ポーチ

第1位

保温効果の高いサーモスの弁当箱の中でも、圧倒的な保温力をはっきしてくれるのがこちらのランチジャータイプの保温弁当箱。68度以上を6時間もキープしてくれる保温効果で、熱々のお弁当を楽しむことができます

保温容器は「保温・保冷」ができるステンレス製真空二重構造のエリアと、「常温」エリアに分かれているので、ご飯やスープは温かく、傷みやすいおかずは常温にしておくことが可能です

とにかく、温かいお弁当をがっつり食べたい!という男性の方にはこれ以上ない保温弁当箱です!

  • 保温効果で選ぶならコレ!
  • ご飯、スープは温かく、おかずは常温
  • 大満足な容量
  • ご飯600ml、おかず400ml、スープ300ml

まとめ

いかがでしたか?保温弁当箱を選ぶときに特に重視したい保温効果は、やはり水筒やポットなど、他の魔法瓶製品で実績のあるメーカーを選ぶのが良いでしょう

中でもサーモスの保温効果は高く、特におすすめです。自分にあったサイズを選べば、きっと温かくて美味しいお弁当を楽しむことができるはず

是非、保温弁当箱選びの参考にしてみてくださいね!

以上、男性用の保温弁当箱の選び方とおすすめランキングのご紹介でした

それではまた!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

電気ケトルのおすすめはTIGER(タイガー)わく子で決まり!

おしゃれなデジタルキッチンスケール(電子はかり)があると料理がもっと楽しくなる♪おすすめアイテムご紹介!

手を汚さずにバターが切れるおすすめのバターカッター♪

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加