Audible(オーディブル)とりあえず無料体験して解約する方法

話題のAudible(オーディブル)とりあえずサクッと無料体験だけしてみました!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

プロの声優や著名人の朗読で人気作家のベストセラーや名作を聴くことができる話題のサービス「Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)は30日間無料体験できるみたいなので、とりあえず1回使ってみよ!ってことで無料体験してみました

今回は、とりあえず話題に乗っかっておくということが目的なので、無料体験だけしてすぐに解約します^^

Audible(オーディブル)を無料体験する、それからすぐに解約する、一連の方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

Audible(オーディブル)とは?

Amazonグループのオーディオブックサービス

Audible(オーディブル)は、ナレーターや声優が本を朗読した音声コンテンツを提供するオーディオブックサービスのひとつ

Amazonグループの会社で、2015年から日本でのサービスを開始しています

月額1,500円で1コイン制

Audible(オーディブル)は月額1,500円の定額で、毎月1つ付与される「コイン」で好きなタイトルを1つ購入することができます

Audible(オーディブル)の料金制度

  • 毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 聴きはじめてからでも交換OK。
  • 追加料金なしで楽しめるショートコンテンツも。
  • お持ちのコインを使い切っても、会員であれば、追加でタイトルを定価の30%OFFで購入可。

引用元:Audible公式ページ

Audible(オーディブル)は、以前は定額読み放題でしたが、現在は定額読み放題ではありませんので注意が必要です

Audibleの商品価格

Audible(オーディブル)の商品価格は、同じ本でも紙の本や電子書籍の価格に比べやや高めの設定になっています

▼「多動力 堀江貴文著」の場合

  • Kindle版 1,400円
  • 単行本 1,512円
  • Audible版 2,500円または、1コイン

▼「小説 君の名は。」の場合

  • Kindle版 544円
  • 単行本 605円
  • Audible版 3,000円または、1コイン

買うと3,000円する音声コンテンツが、Audible会員なら1コイン(1,500円)で購入できるのはお得ですね

Audibleを30日間無料体験する方法

Audible(オーディブル)は、30日間無料で体験することができます

どんなサービスでも、やはり実際に使ってみないことにはその良し悪しは分かりませんので、無料体験できるのはありがたいですね

話題のものにはとりあえず乗っかっておくという意味でも、無料なのでやらない手はないでしょう!

Step1.入会手続き

Audible(オーディブル)を30日間無料体験するには、まず入会手続きが必要です

Amazonのアカウントがあれば、そのままサインインすることができますので、登録の手間は一切ありません

▼Amazonアカウントでサインイン可能

>>Audible30日間無料体験を試してみる

Step2.アプリをインストールする

次に、お使いのスマホやタブレット、PCにAudible(オーディブル)のアプリをインストールします

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Step3.好きなタイトルを聴く

アプリを立ち上げると、初月分の1コインがすでに付与されていますので、あとは好きなタイトルを選ぶだけ

対象タイトルであれば価格に関係なく、どれでも1つ聴くことができます!

対象タイトルは20万冊以上!どれにしようか迷っちゃいます

さんざん迷った挙げ句、買うと3,000円する「君の名は。」に決めました。貧乏根性丸出しです笑

選んだタイトルを返品・交換する方法

一度選んだタイトルは、返品、交換することも可能です

返品すると、使ったコインは戻ってきますので、そのコインを使ってまた別のタイトルを選ぶことができます

音声が聞き取りにくかった場合や、間違って購入してしまった場合でも、返品、交換できるので安心です

Step1.AudibleのPCサイトにアクセス

一度選んだタイトルの返品は、Audible(オーディブル)のPCサイトから行います

アプリからは返品することができません

>>Audible公式サイト

Step2.「アカウントサービス」⇒「購入履歴」

▼Audibleトップページ

Audibleトップページの右上に表示されている「〇〇さん、こんにちは!」のところから「アカウントサービス」を選択します

▼購入履歴(返品)画面

左側のメニューから「購入履歴(返品・交換)」を選択すると、購入したタイトルが表示されます

返品可能なタイトルには「返品する」ボタンが表示されますので、このボタンをクリックします

Step3.返品理由を選んで返品

▼返品理由の選択画面

最後に、返品する理由を選んで「返品する」ボタンを押せばOKです

▼返品手続き完了後の画面

返品手続きが完了すると、先ほどまで0だったコインが「1コイン保有」に変わっています!

返品する時の注意点

ここまでくると、ほとんどの方は

「返品、交換を繰り返せば、いくらでも本を聴くことができるのでは?!」

と思われるでしょう。私も最初はそう思いました^^;

ただし、残念ながらそのような使い方はあまりよろしくないようで。(当然といえば当然です)

Audible(オーディブル)のヘルプには以下のように書かれています

ウェブサイトから返品いただける回数に制限があります。

制限回数を超えた場合は、 返品ボタンが表示されず「返品不可(詳細)」と表示されます。このメッセージが表示された場合は、カスタマーサービスまでご連絡ください。

具体的な制限回数は記載されていませんが、何度も繰り返し返品、交換を続けていると利用を制限されてしまうようです

>>Audible(オーディブル)のヘルプ

3回で返品制限がかかったという人や、10回までイケたという人まで。回数は人によって違う?

Audible(オーディブル)を解約する方法

それでは肝心の、Audible(オーディブル)を解約する方法について紹介します

Step1.AudibleのPCサイトにアクセス

解約は、Audible(オーディブル)のPCサイトから行います

アプリからは解約することができません

>>Audible公式サイト

PCを使わずにスマホから解約する方法については、下の記事を参考にどうぞ

【参考】Audible(オーディブル)をスマホから解約・退会する方法

Step2.「アカウントサービス」⇒「退会手続きへ」

▼Audibleトップページ

Audibleトップページの右上に表示されている「〇〇さん、こんにちは!」のところから「アカウントサービス」を選択します

▼アカウントサービス画面

アカウントサービス画面の中央付近、会員タイプが表示された左下あたりにある「退会手続きへ」をクリックします

Step3.退会理由を選んで退会

▼退会理由の選択画面

退会する理由を選んで「次へ」すすみます

▼退会手続き完了画面

最後に「退会手続きを完了する」ボタンを押せばOKです

30日を過ぎると月額1,500円請求されてしまいますので、無料体験のみで解約する方は30日以内に忘れずに退会手続きしましょう

ちなみに、購入したタイトルは退会後も聴くことができますので、無料体験で貰った1コインを使って、お気に入りのタイトルを購入しておくのが良いですね

Audible(オーディブル)おすすめ本の紹介

最後に、Audible(オーディブル)対象タイトルになっている本の中で、おすすめの本をいくつか紹介します

下町ロケット

研究者の道をあきらめ、家業の町工場を継いだ佃航平は、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。創業以来のピンチに、巨大企業・帝国重工が近寄ってきた。特許を売れば、窮地を脱することができる。だがその技術には、佃の夢が詰まっていた――。男たちの矜持が激突する感動のエンターテインメント巨編。第145回直木賞受賞作。

超人気作家、池井戸潤さんの大ヒット小説。ドラマ化もされた話題作がAudible(オーディブル)で無料体験できます

池井戸潤さんの作品は他にも「空飛ぶタイヤ」や「ロスジェネの逆襲」など、数多くがAudible(オーディブル)対象タイトルになっています

買うと3,500円もする作品が無料で楽しめちゃうなんてスゴい!

クライマーズ・ハイ

1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。その日、北関東新聞の古参記者・悠木は同僚の元クライマー・安西に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑むはずだった。未曾有の事故。全権デスクを命じられ、約束を違えた悠木だが、ひとり出発したはずの安西はなぜか山と無関係の歓楽街で倒れ、意識が戻らない。「下りるために登るんさ」という謎の言葉を残して――。若き日、新聞記者として現場を取材した著者みずからの実体験を昇華しきった、感動あふれる壮大な長編小説。

クライマーズ・ハイは映画版やドラマ版も素晴らしかったですが、やはりこの原作が一番です!

朗読で聴く原作クライマーズ・ハイは、また一味違った楽しみ方ができることでしょう

ちなみにこちらは、買うと4,000円する作品です。それが無料体験ならタダ!すごい!

ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ-

【ミニマリスト宣言!!】
持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。

誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。
最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。

モノも情報もあまりに複雑化した現代。
そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。

できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。
それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。

生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。
断捨離からミニマリストへ。
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。
これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

ミニマリストブームの火付け役となった本作

どうして物を買ってしまうのか、溜め込んでしまうのか、捨てられないのかが、この本を読めば(聴けば?)よーく分かります

新しい価値観や発見に溢れる良書が、無料で手に入ります。何度もいいますが、ホントにいいの無料で?!

多動力

堀江貴文のビジネス書の決定版!

『多動力』 Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。

この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる 「多動力」なのだ。
この『多動力』は渾身の力で書いた。 「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

ベストセラー1位ということで、せっかくなので無料体験で貰った1コインを使って解約する前に購入した1冊

とりあえず話題に乗っかっておくというのが今回の目的だったので、こういう話題の本を選ぶのがぴったりかなということで^^

言の葉の庭

また会うかもね。もしかしたら。雨が降ったら―。雨の朝、静かな庭で2人は出会った。靴職人を志す高校生の孝雄と、謎めいた年上の女性・雪野。迷いながらも前に進もうとする2人は、どこへ足を踏み出すのか。圧倒的な支持を受けた劇場アニメーション『言の葉の庭』を、新海誠監督みずから小説化。アニメでは描かれなかった人物やエピソードを多数織り込み、小説版ならではの新たなる作品世界を作り上げた傑作。

数々の新海誠映像作品を生み出している「コミックス・ウェーブ・フィルム」全面協力のもと制作、豪華キャストによる朗読にご期待くださいませ。

映画版では、その後どうなったのかすごく気になる終わり方でしたが、小説版には続きがあります

『君の名は。』の小説版もいいですが、個人的には新海誠監督の作品の中ではこの小説が一番好きですね

まとめ

オーディオブックサービスは気になるけどまだ使ったことがないという方、話題にとりあえず乗っかっておきたいという方は、Audible(オーディブル)の30日間無料体験がおすすめです

Amazonのアカウントがあれば入会手続きの手間はありませんし、入会後はすぐに1コインもらえます

返品、交換はあまり大声ではおすすめできませんが、私は2回やってみて制限はまだかかりませんでした

無料体験中に3,000円と3,500円のタイトルを2本も聴くことができましたので、めちゃくちゃ得しちゃいました^^

こんなに太っ腹な無料体験ってアリなんでしょうか?

(繰り返しの返品、交換は決しておすすめはしません!)

Audible(オーディブル)の30日間無料体験はいつまで続くか分かりませんので、まだの方は早めにお試しあれ!

>>Audible(オーディブル)30日間無料体験を試す


追記

無料体験で本を聴くだけでポイントが貰えるという、超太っ腹なキャンペーンやってます

ウソみたいな話ですがホントにやってます^^;

【参考】【Audible(オーディブル)】本を聴くだけで最大3000ポイントがもらえるキャンペーン!【12/12まで】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪