Amazonで並行輸入品をポチる前にイマイチよく意味が分かってないので調べてみた

スポンサーリンク

どうも。ariko(@otonmediariko)です

前から欲しかったスニーカーをAmazonで発見!しかも他よりもかなり安い価格になってる!商品名には『並行輸入品』と書かれていますが、イマイチその意味が分からなかったのでポチる前に調べてみることにしました!

スポンサーリンク

並行輸入品とは?

並行輸入とは、正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。

海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

出展:http://www.aacd.gr.jp/heikou

だそうです

海外のブランド品を直営店とか正規代理店とかじゃない第三者が外国で買ってきて、それを日本に輸入することを並行輸入、そしてその輸入した商品が並行輸入品ということになります

例えば、私がアメリカでナイキのスニーカーを買ってきてそれを日本で販売しようとした場合、これが並行輸入。そして私が買ってきたスニーカーは並行輸入品になるとういうことです

並行輸入のメリット

日本では買えない商品だったり、あとは為替の変動で日本よりも安く仕入れられたりするので、並行輸入にはそういったメリットがあります。確かに、日本では買えないレアなスニーカーを安く仕入れることができるのであれば、そういうスニーカーは人気なのですぐに買い手が見つかるでしょう

ブランド品のバッグとかも、日本の直営店とかでは安く買うことはなかなか難しいので、需要は結構多そうですね。ネット通販とかで見かける並行輸入品には、そういうブランド品が確かに多いです

並行輸入品のデメリット

欲しいものが安く買えるということであれば、これは利用しない手は無いように感じますが、並行輸入品にはいくつかのデメリットというかあらかじめ知っておくべき注意点もあるようです

そのひとつが、メーカーのアフターサービスを受けられない場合があるということ。商品に欠陥があったとしても、並行輸入品の場合は通常国内で買った商品で受けられるようなサービスの対象外扱いにされることがあるそうです

また、本来なら付いてくる箱が付いていなかったり、正規品には付いてくる付属品が無かったりする場合もあるみたいです。正規ではない流通経路をたどってきているということを考えれば、この辺は十分に考えられることですね

『並行輸入品=偽物』ではない!

あと、並行輸入品に対して正規品という言葉があるので、イメージ的にどうしても『並行輸入品=非正規品』という感じで個人的にはこれまであまり良い印象が無かったのが正直なところ

ただし、これはあくまでも流通経路が非正規なだけであって、商品自体が偽物だとは限らないということなので、そこはしっかりと抑えておくべきポイントですね

まとめ

まとめると

  • 海外ブランド品をメーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入したのが並行輸入品
  • 日本では買えない商品を買えたり、日本で買うよりも安く買うことができるのが並行輸入品の良いところ
  • 並行輸入品だとメーカーのアフターサービスが受けられなかったり、正規品には付いてくる箱や付属品が付いていない場合もあったりする
  • 必ずしも『並行輸入品=偽物』とは限らない

こんな感じでしょうか。欲しいものが安く買えるのは何よりですので、大事なのはやはり信頼できる業者選びということになるでしょうね!

私はこの並行輸入品をポチります!

ということで、並行輸入品がどういうものなのか分かったので、私はそれを踏まえた上で↓この商品をポチることにします♪

無事、商品が手元に届いたあかつきには、あらためて報告します!

海外から商品が送られてくる場合もあるので、その場合は納期に時間がかかることも踏まえておいたほうが良いですね!


追記

商品が無事手元に届きましたー!

Amazonでポチッとしたのが6月7日、届いたのが12日。今回は台湾の業者から購入し、現地から発送されてきたので到着まで5日ほどかかりましたが、無事に届いて一安心♪

商品も恐らく本物です!(たぶん笑)


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪

スポンサーリンク