コンパクトな卓上三脚「SLIK MINI-PRO DQ」はクイックシュー仕様の自由雲台付きで超おすすめ!

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

使い勝手の良い卓上三脚を探していたところ、良さ気なアイテムを見つけたので早速ゲットしました!

詳細レビューしていきますので、検討されてる方は参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

「SLIK MINI-PRO DQ」の紹介

今回手に入れたのはこちら!

DSCN2775
SLIK スリック 三脚 MINI PRO DQ【輸出専用棚ズレ品】

輸出専用モデル

こちらの商品、輸出専用のモデルということでSLIKのホームページを見ても商品ラインナップには掲載されてません。ただ日本でもまだ普通に購入することが可能です(2016年7月現在)

ちなみに「棚ズレ品」とは一般的に、売れ残りの旧形式商品や製造年月日の古い製品、商品のことを指します。ズレて傷が付いているという意味ではありませんのでご安心を

DSCN2776

輸出専用という割にはこのようにちゃんと日本向けの箱になってます

  • 全高:226mm
  • エレベーター下げ全高:181mm
  • 縮長:205mm
  • 脚直径:20mm、2段
  • 重量:350g
  • センターポール式
  • カメラネジ:1/4-20UNC、長さ:4.5mm

セット内容

DSCN2778

  • 本体
  • 専用ポーチ
  • 取扱説明書

DSCN2779

輸出専用モデルということで、取扱説明書はこのように英語表記のみとなってます

保証について

またメーカー保証についても、輸出専用モデルということで付いていません

初期不良などの対応は購入店舗にて問い合わせる必要があるので、その点は注意が必要ですね

ちなみに今回私はAmazon経由で「ケンコー・トキナーオンラインショップ」というとこから購入しました。ただし「発送はAmazonから」となってますので、返品交換の条件はAmazonの条件になります

詳細レビュー

それでは詳細を見ていくことにします!

DSCN2780

出ました!!

何か、ちっちゃくて可愛い(*´ω`*)

DSCN2781

ロゴはこんな感じでシール貼りです

DSCN2784

この状態で全高が226mm

DSCN2785

脚の付け根部分

ここはプラスチック製です

DSCN2786

脚はこの角度まで開きます。ヒンジは適度なかたさがあるので途中で止めてもしっかりとまります

アルミ製ですね

DSCN2817

脚の先端部分。先端にはゴムのキャップが付いてます

ナットはプラスチック製

DSCN2791

回すと

DSCN2792

約3センチ伸ばすことができます

可動もスムーズ、固定もしっかり安定してますね

DSCN2789

センターポールの先端はこんな感じで吸盤になっていて

DSCN2788

床にくっついて安定させることができます

DSCN2793

中央のつまみを回すと

DSCN2794

センターポールを約5センチ伸ばすことができます

DSCN2795

脚、センターポールを最大まで伸ばした状態

全高:約295mm

雲台「SBH-100DQ」

DSCN2796

次に雲台を見ていきましょう

DSCN2782

型番「SBH-100DQ」

  • 高さ:68mm
  • 重量:130g
  • ベース部直径:33mm
  • 耐荷重:1.5kg

DSCN2797

チルトレバーを回してみます

DSCN2798

ストッパーが付いているのでこれ以上回らないようになってます

締まった状態からだと90度回って止まる感じです

DSCN2799

左右方向に180度、水平に360度回転します

スチール製ですのでヌルヌル動く訳ではありませんが動きはスムーズ。固定も安定してますね

クイックシュー

DSCN2800

最後にクイックシュー部分

DSCN2801

レバーを回して外してみます

DSCN2803

カメラとの接触部分にはこのようにコルクが付いていてカメラが傷つかないようになってます

DSCN2807

裏はこんな感じ

ネジはコインで締めるタイプです

DSCN2808_1

レバーを回すと赤丸部分のロック機構が解除されクイックシューが外れる仕組みになってます

カメラを取り付けてみた♪

Jpeg

すごーくコンパクト♪

Jpeg

はいチーズ!

全高比較(MAX状態⇒MIN状態)

カメラを取り付けた状態での全高を比較してみました

Jpeg

MAX伸ばした状態

Jpeg

縮めた状態

hikaku

「MINI-PRO DQ」がお買い得な理由

今回ご紹介した「MINI-PRO DQ」とほぼ同等スペックの国内販売モデルは「PRO-MINI Ⅲ N(プロミニ3N)」がそれにあたります

4906752106587
SLIK 三脚 プロミニ III N

両者の違いはセットされている雲台の違い

MINI-PRO DQの雲台 ⇒ SBH-100DQ
プロミニ3Nの雲台 ⇒ SBH-100BKN

画層見て分かるとおり、プロミニ3Nの雲台はカメラを直接止めて固定するタイプ。一方、MINI-PRO DQの雲台はクイックシュー仕様の雲台です

クイックシューが圧倒的に便利!

三脚にカメラをセットしたり取り外したりする時、クイックシューならいちいちネジを回すことなく、レバーひとつでセッティング完了!

同じクイックシュー仕様の雲台であれば他の三脚にも取り付けすることが可能です。撮影するシーンによって使う三脚を変えたい場合にもクイックシューならストレスフリーですぐにセッティングできちゃいます

まさにクイック(゚∀゚)♪

ちなみに以前紹介した「SLIK GX6400」もクイックシュー仕様。両方ともちゃんと取り付けすることができました

【レビュー】SLIK 三脚 GX6400

クイックシュー仕様の雲台「SBH-100 DQ」は単体でも購入することができますが、Amazon最安値で約3,300円します(2016年7月現在)

51CqLdUU9UL._SL1009_
SLIK 雲台 SBH-100 DQ

価格比較

以下、Amazonでの最安値を参考までに(2016年7月現在)

MINI-PRO DQ(輸出専用モデル) ⇒ 3,769円
プロミニ3N(国内販売モデル) ⇒ 4,545円

クイックシュー仕様の雲台「SBH-100 DQ」がすでにセットされている「MINI-PRO DQ」が、いかにお買い得な商品かということが分かりますね

以上、コンパクトでとってもお買い得な卓上三脚「SLK MINI-PRO DQ」のご紹介でした

では、また

DSCN2810

SLIKの三脚ならこちらもおすすめ♪ コスパ最強です

【レビュー】SLIK 三脚 GX6400
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪