Newニンテンドー2DS LLを買う前に3DSとの違いとかスペックとか調べてみた

どうも。ariko(@otonmediariko)です

この度、任天堂から新しく発売されたNewニンテンドー2DS LLを買うことになってしまったので、本当に買って良いものなのかどうか、3DSとの違いやスペックなどについて、もう一度じっくり調べてみることにしました

スポンサーリンク

2DS LLと3DSの比較

2DS LL vs 3DS LL

Newニンテンドー2DS LL Newニンテンドー3DS LL
発売日 2017年7月13日 2014年10月11日
希望小売価格 14,980円 18,800円
サイズ 86.36mm×159.36mm 93.5mm×160mm
厚さ 20.8mm 21.5mm
重さ 260g 329g
解像度 (上)400×240
(下)320×240
TN液晶
(上)400×240
(下)320×240
IPS液晶
CPU性能 4コア
268MHz
4コア
268MHz
メモリ 256MB 256MB
バッテリー 約3時間30分~6時間30分 約3時間30分~7時間
サウンド ステレオ ステレオ
裸眼立体視機能 無し あり

まずは、最も多くの人が比較検討するであろう2つの機種、Newニンテンドー2DS LLとNewニンテンドー3DS LLについて、それぞれのスペックを見て比べてみることにします。まず注目すべきは何と言っても価格ですね。2DS LLは3DS LLよりも3,820円安い価格になっています。定価が15,000円を切った価格になると、感覚的にかなり安くなった気がしますね。ちなみに、旧バージョンの3DS LLは14,286円でした

次にサイズの違い。たて横ともにほんの僅かですがNewニンテンドー2DS LLの方が小さくなっています。厚さも同じくNewニンテンドー2DS LLの方が薄くなっていますが、いずれもこれだけの差であれば、大きさの違いをはっきりと認識することは難しいでしょう

ただし、Newニンテンドー2DS LLの方が約70g、20%ほど軽い重さに関しては、持てば明らかに違いが分かる差があります。大きさがほぼ同等なことを考えると、これはかなり頑張ってくれた点と言って良いでしょう

解像度については、数値的には全く同じになっているものの、使われている液晶に違いがあります。Newニンテンドー2DS LLには、Newニンテンドー3DS LLに使われているIPS液晶に比べ、視野角が狭く、色の発色や再現性も劣るTN液晶が使われています。ちなみに、Newニンテンドー3DSにも同じくこのTN液晶が使われています。確かに、うちにある3DSLLと3DSを比べると、液晶品質に差があることが分かりますので、3DSLLから買い替えを検討される方は注意すべき点ですね

バッテリーの持ち時間については、最長時間で30分、Newニンテンドー2DS LLの方が短くなっています。そこまで気にするほどの差ではないように感じますが、念のためチェック

そして最後になりましたが、今回、比較する上で最も重要なポイント、裸眼立体視機能の有無です。言うまでもなく、Newニンテンドー2DS LLには裸眼立体視機能が付いていませんので、そんな人は滅多にいないでしょうが、どうしてもこの機能が無いとヤダって人は、Newニンテンドー2DS LLを買ってはいけません

2DS LL vs 3DS

Newニンテンドー2DS LL Newニンテンドー3DS
発売日 2017年7月13日 2014年10月11日
希望小売価格 14,980円 16,000円
サイズ 86.36mm×159.36mm 80.6mm×142mm
厚み 20.8mm 21.6mm
重さ 260g 253g
解像度 (上)400×240
(下)320×240
TN液晶
(上)400×240
(下)320×240
TN液晶
CPU性能 4コア
268MHz
4コア
268MHz
メモリ 256MB 256MB
バッテリー 約3時間30分~6時間30分 約3時間30分~6時間30分
サウンド ステレオ ステレオ
裸眼立体視機能 無し あり

次に、Newニンテンドー2DS LLとNewニンテンドー3DSを比較してみます。ただし、この2つの機種でどちらを買おうかと比較検討される方は恐らくいないでしょう。何故なら、上のスペック表を見ていただいても分かる通り、サイズ以外のスペックは殆ど変わらずに、それでいて価格はNewニンテンドー2DS LLの方が1,000円ほど安くなっています。スペックが同じで画面が大きくて安いのであれば、迷うことなくNewニンテンドー2DS LLを選ぶのは当然でしょう。どうしても裸眼立体視機能が欲しいという人でない限り、Newニンテンドー2DS LLを選んだほうが良いのは明らかですね

Newニンテンドー2DS LL買うべきはこんな人

ということで、いろいろ比較して見てきましたが、こういう人ならNewニンテンドー2DS LLは買うべき、というのを簡単にまとめますと

3DSを持っていない人

まずは、そもそも現在、新旧3DSいずれも持っていないという人。初めてDSを買うという人であれば、スペック的にも価格的にも、最初の1台としてはNewニンテンドー2DS LLを選ぶのが正解でしょう

旧バージョンからの買い替え

現在持っているDSが旧バージョンのもので、スペックに不満を持っているという人も、買い替えの機種としてNewニンテンドー2DS LLは買いだと思います

任天堂ファンもしくはコレクター

歴代の任天堂ゲーム機を全部揃えてる!みたいな、熱狂的な任天堂ファンの方なら当然買い、というか、そんな方は言われなくても買いますね笑。あとは、数量限定で販売される「Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション」は、コレクターアイテムとしての価値はかなり高いでしょう

私がNewニンテンドー2DS LLを買う理由

「Newニンテンドー3DS LLの3D機能がなくなって、代わりに価格が安くなった新しいDSが発売される」この発表を聞いた時、正直、興味が全く無いわけではありませんでしたが、その時点では、上記にあげたNewニンテンドー2DS LLを買うべき人のいずれにも当てはまらなかった私は、特に買うつもりはありませんでした

では何故、今回、Newニンテンドー2DS LLを買うことになってしまったのかというと。。

こちら、次男が使っているNewニンテンドー3DS。買ってからほぼ毎日のように約2年くらい使っているので、かなり年季が入ってます。よく見るとボタンの周りとかめちゃくちゃ汚いです。パソコンのキーボードは便器よりも汚れてる、なんてことがよく言われたりしますが、間違いなくこのDSはそれ以上でしょうね笑

そしてこの3DS、上の方の液晶画面をよく見ていただくと、何やら白いスジのような模様が入ってしまっているのがお分かりいただけますでしょうか

赤丸で示した部分がそれ。表面が光で反射している訳ではなく、この白い模様は液晶画面の中に入っています。汚れとかではないので、もちろん、拭いたりこすったりしても落ちません。そして、残念なことに、3DSの電源を入れると。。

こうなります。。

次男くんよ、あんたいったいどんな使い方したら、液晶画面がこんなになっちゃうんだい???しかも、タッチ液晶になっている下画面がこうなるんならまだ分からんでもないけど、普段触ることがない上画面がこうなるって。。

任天堂ホームページで修理料金を確認したところ、上画面液晶の交換は7,560円かかるとのこと。少し悩みましたが、ちょっと早めの誕生日プレゼントという条件で、今回はNewニンテンドー2DS LLに買い換えることになりました

あとがき

裸眼立体視機能が無くなると言っても、これまでほとんど必要としていなかった機能ですので、その分価格が手頃になって、こちらとしてはいいタイミングで?ありがたい機種を出してくれたなという感じです

Newニンテンドー2DS LLのレビュー記事については、気が向いたら書くことにします

それではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪