【スタバ・ドトール・タリーズ・サンマルク・・・】サイズの読み方・量・価格まとめ

サイズの読み方はお店によって違いがあります。それぞれサイズの量や価格も店によってさまざま

主要カフェチェーン店のサイズの読み方、それぞれの量と価格をまとめてみました

スポンサーリンク

ショップ別サイズ早見表
【ホット・ブレンドコーヒー編】

ショップ
S
175ml
¥100
M
300ml
¥150
なし
ショート
240ml
¥302
トール
350ml
¥350
グランデ
470ml
¥360
なし ¥270
おかわり自由
なし
S
150ml
¥220
M
200ml
¥270
L
260ml
¥320
なし (普通)
未公開
¥420
たっぷり
未公開
¥520
ショート
240ml
¥310
トール
350ml
¥370
グランデ
470ml
¥420
S
未公開
¥216
M
未公開
¥270
L
未公開
¥324
なし カップ
未公開
¥420
デキャンタ
カップ2杯分
¥520
レギュラー
未公開
¥240
M
未公開
¥390
L
未公開
¥340
レギュラー
160ml
¥260
トール
240ml
¥290
ラージ
320ml
※アイスのみ
なし M
未公開
¥200
L
未公開
¥240
S
220ml
¥300
M
285ml
¥350
L
380ml
¥400
なし R
未公開
¥250
L
未公開
¥270
S
未公開
¥230
M
未公開
¥280
L
未公開
¥330
ショート
未公開
¥300
トール
未公開
¥350
グランデ
未公開
¥400
ピッコロ
未公開
¥330
クラシコ
未公開
¥370
グランデ
未公開
¥410

※1 店舗数の多い順に並んでます
※2 価格は、すべて消費税込みです
※3 価格、量は各社HPから引用していますが、店舗により一部異なる場合もあります
(2017年2月時点)

おなじみの「S、M、L」

スモール、ミディアム、ラージの頭文字で表したサイズ表記。洋服などでも使われていることが多く、普段から最も馴染みのあるサイズの表し方ですね

大体の大きさをイメージできるので、この表記であれば注文するときも迷わなくて済みます

「S、M、L」表記の店
・マクドナルド
・ドトール
・サンマルク
・ベローチェ
・エクセルシオール
・ベックス など

左からS、M、L
分かりやすくてありがたい!

おしゃれな感じ「ショート、トール、グランデ」

スターバックスでお馴染みのサイズの表し方。偏見ですが、この表記の仕方には、何となくおしゃれな雰囲気が漂ってますね

「ショート」は分かるにしても、最初「トール」と聞いても普通サイズをイメージできずに苦労したのは、きっと私だけではないはず。しかも、ショート、トールは英語なのに、グランデだけはイタリア語という謎の組み合わせ

ちなみに、スタバとタリーズには、グランデよりさらに大きいサイズがあります。スタバは「ベンティ(Venti:イタリア語で『20』の意味)」、タリーズは「エノルメ(Enorme:イタリア語で『巨大な』という意味)」。それぞれ量は590mlです

「ショート、トール、グランデ」表記の店
・スターバックス
・タリーズ
・シアトルズベストコーヒー など

590ml=20オンスなので「ベンティ(20)」

独自のサイズ表記する店

こうしてみると、ミスタードーナツの「1サイズのみだけどおかわり自由」や、コメダ珈琲の「たっぷり」、珈琲館の「カップ、デキャンタ(カップ2杯分)」など、その店独自のサイズ表記が目を引きます

中でも、セガフレードの「ピッコロ、クラシコ」はかなりクセがすごい。日本人であれば、ピッコロといえば絶対にピッコロ大魔王のことですよねw

ちなみにピッコロはイタリア語で「小さい」という意味だそうです

ミスドのコーヒーはおかわり自由!

ややこしい「レギュラー」サイズ

プロント、カフェドクリエ、ホリーズカフェなどで採用している「レギュラー」というサイズ表記。感覚的には「いつもの」といった感じで、普通サイズをイメージする単語ですが、実際の使われ方は店によって違ってます

プロントでは、一番小さいサイズがレギュラーで、その上にMサイズとLサイズ

カフェドクリエでも、一番小さいサイズがレギュラーでそこは同じなんですが、その上のサイズの呼び方はトール、ラージになっています

ホリーズでは、小さいサイズが無くてレギュラーとラージの2サイズのみ

こんな感じで「レギュラー」は、もともとサイズを表す単語ではないので、店によってその使われ方に差がでてしまうんですね。うーん、ややこしい

「レギュラー」サイズはややこしい…

どのサイズを選べばいいの?

標準的なコーヒーカップに入るコーヒーの量は、だいたい130cc~140ccが一般的と言われています。昔ながらの喫茶店ででてくるコーヒーのサイズですね

マグカップだと、コーヒーカップ2杯分くらいが一般的なサイズですので、260cc~280ccといったところでしょうか

そういった意味で見てみると、各店ともだいたい一番小さいサイズがコーヒーカップ1杯分の量、真ん中のサイズがマグカップ1杯分の量、にサイズ設定されているようです

コーヒーカップで飲むか、マグカップで飲むか、サイズ選びに迷ったら、カップの大きさをイメージすると良いかもしれませんね

カップのサイズでイメージする


あとがき

全ての店で「S、M、L」で通じるとは思いますが、できればどの店に行っても正しいサイズ名でスマートに注文したいですね

レジであたふた慌てないためにも、是非参考にしてみてくださいね!

以上、ショップ別のサイズの読み方、量、価格のまとめでした

それではまた!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

コメダ珈琲に行ったら絶対に食べたい人気メニュー10選!

市販品で一番美味しいカレーはコレで決まり!/「印度の味」バターチキンカレーの作り方

とろ~りチーズが絶品!! 肉汁たっぷりチーズインハンバーグの作り方

おしゃれなデジタルキッチンスケール(電子はかり)があると料理がもっと楽しくなる♪おすすめアイテムご紹介!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪