競泳用水着の正しい洗い方と長持ちさせる方法

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

プールに行って泳いだ後、帰ってきてからその日着ていた水着を洗濯機に入れて他のものと一緒に洗っている、こんな人はいませんか?

それやっちゃダメですよー(*_*)!

スポンサーリンク

正しい競泳用水着の洗い方

1.すぐに水洗い

競泳用水着の生地に使われる「ポリエステル」「ポリウレタン」といった素材は、プールの塩素に弱く、長時間放っておくと水着が変色したり生地が傷む原因になります

脱いだ水着はその場ですぐに水洗いして、ある程度水分を切ってから持ち帰るようにしましょう。プールに脱水機があれば20秒ほど脱水すると良いでしょう

また、水着を持ち帰る際には、なるべく乾いたタオルなどに包んでおくと良いでしょう。ビニール袋など通気性のない袋に密封しておくと、蒸れて色移りすることがあります

2.洗剤で手洗い

持ち帰った水着はすぐにもう一度洗います。この時、洗濯機は使わずに必ず手洗いするようにしましょう

競泳用水着の素材はとてもデリケートで、熱や摩擦もできるだけさけた方が良いです。少しでも水着を長持ちさせるためにも、面倒かもしれませんが手洗いすることをおすすめします

30℃以下の水に中性洗剤(おしゃれ着用洗剤:アクロン、エマールなど)を溶かして、「押し洗い」や「振り洗い」で全体をやさしく手洗いします

71ukccwhdql-_sl1000_

3.すすいでタオルドライ

よくすすいでから水分を切ります。この時、水着をあまり強く絞り過ぎないように注意しましょう。ある程度水分が切れたら、水着をタオルで包み残った水分をタオルに移します

4.干す

風通しのよい場所で陰干しします。直射日光に当てると生地が色褪せたり、傷んでしまいます。また乾燥機も生地を傷める原因になりますので絶対に止めましょう

まとめ

  1. 脱いだらその場ですぐに水洗いしてから持ち帰る!
  2. 洗濯機は使わずに面倒でも手洗いすること!
  3. 強く絞り過ぎない!
  4. 風通しの良い場所で陰干しする

せっかく買ったお気に入りの競泳用水着、大事に使って少しでも長く愛用できるように心がけましょう!

水泳は使う道具が極端に少ないスポーツです。だからこそそんな数少ない道具の一つ、水着を大切に扱って気持よく水泳を続けたいですね

以上、競泳用水着の正しい洗い方のご紹介でした

是非参考にしてみてくださいね♪

ではまた

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【2016年版】人気ブランドおすすめの競泳用水着まとめ(男性用)

水泳用ゴーグルの選び方/ノンクッションでも目が痛くならないおすすめのゴーグルをご紹介♪

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加