水泳用ゴーグルの正しい手入れ方法/おすすめの曇り止め液も紹介するよ♪

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

水泳用のゴーグルはきちんと正しく手入れをしていれば、長く快適に使うことが出来るアイテムです

今回は、ゴーグルの正しい手入れ方法についてご紹介したいと思います。是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ゴーグルの正しい手入れ方法

1.すぐに水洗い

プールでゴーグルを使った後は、すぐに水道水ですすぎ洗いして、プールの塩素や汚れをきれいに落としましょう。とくに内側のレンズ面に付いた油脂分などの汚れをそのままにしておくと曇りの原因になります

洗う時は、指で強くこすったりするのは止めましょう。レンズの内側はコーティングされているものがほとんどですので、優しくすすぐ程度が良いでしょう

また、ゴム素材のベルトも汚れや油脂分が劣化の原因になりますので、全体をまんべんなく水で洗い流すと良いでしょう

2.乾かす

水洗いした後は、すぐに水分を拭きとってからゴーグルケースもしくは乾いたタオルなどにくるんで持ち帰ります

濡れたまま放置していると、水アカになったり、カビが付着してそれが原因で肌がかぶれたりすることもあります

また、濡れた水着やタオルと一緒に長時間放置しておくと、まれに色移りすることがありますので注意しましょう

家に帰ったらすぐに陰干しして、ベルトやクッションの隙間に残った水分を完全に乾かすのがベストです

3.保管する

完全に乾いたゴーグルは、レンズに傷がつかないようにゴーグルケースに入れて保管するようにしましょう

特に、レンズがミラー加工されたゴーグルは、取り扱いには十分に注意が必要です。ミラー加工されたレンズ表面に傷がついてしまうと、コーティングが剥がれる原因になります。せっくのかっこいいミラーレンズが剥げ剥げだと台無しですからね

ゴーグルケースは定番のポーチ型や、コンパクトに持ち運べるタイプがおすすめです。ポーチ型であれば水着やタオルなど他のものと一緒に入れられる大きさのもの、ゴーグルだけのケースであれば包み込むタイプがコンパクトで良いでしょう

おすすめのゴーグルケアグッズ♪

曇り止め液

最近のゴーグルは曇り止め加工がされているものがほとんどですが、どうしても使っていくうちにその効果も薄れていきます

レンズの曇りが目立つようになってきたら、曇り止め液を使うことによって曇りを防ぐことができます

曇り止め液はスプレータイプのものが使いやすくておすすめです。ワンプッシュで適量出すことができて全体にまんべんなく塗ることができます。こすってレンズを傷つける心配もないので安心です

care02

1.レンズの内側にスイマーズデミストをスプレーします。
⇒塗りすぎないようにしてください。すすぐ際にくもり止め液が残りやすくなります。
2.水をはった容器の中で軽くすすぐいでください。
⇒余分なくもり止め液が残らない程度にすすぎます。指で強くこすりながら洗い流すとゴーグル本体のくもり止め加工をはがすおそれがありますのでご注意してください。

汚れ落とし

ゴーグルも長く使っていると、徐々に手垢や水垢など、どうしても落としきれない汚れがついてしまうことがあります

そんな時はゴーグル専用の汚れ落としというものも市販されていますが、食器用の中性洗剤でも代用することが可能です

水に洗剤液を数滴垂らして薄めたら、軽くレンズ面をすすぐようにして汚れを洗い落とします。くれぐれも強くこすり過ぎないよう注意しましょう

まとめ

  1. 使用後はすぐに水洗いする
  2. 水分は残さず完全に乾かしてから保管する
  3. レンズに傷がつかないようケースに入れて持ち運ぶ
  4. 曇り止めはスプレータイプがおすすめ
  5. 汚れが目立ってきたら食器用中性洗剤で洗う

せっかく買ったお気に入りのゴーグル、正しい手入れ方法で少しでも長く愛用できるよう心がけたいですね♪

以上、水泳用ゴーグルの正しい手入れ方法のご紹介でした

それではまた!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【2016年版】人気ブランドおすすめの競泳用水着まとめ(男性用)

競泳用水着の正しい洗い方と長持ちさせる方法

スポーツジムやプールに持って行きたいおしゃれでかっこいいおすすめのバッグ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪