新日本海フェリーで北海道(敦賀→苫小牧)へ行こう!客室や船内施設を詳しく紹介

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

子供達の夏休みを利用して北海道旅行に行ってきました♪

本州から北海道へ行く交通手段は飛行機、電車、フェリーの3つ。自家用車で北海道内を旅行したい場合は必ずフェリーを使うことになります(青函トンネルは鉄道専用のトンネルなので車で直接北海道へは行けません!)

今回利用したのは、舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道(小樽・苫小牧)を結ぶ新日本海フェリー。その名の通り日本海側を通るルートのフェリーです

スポンサーリンク

新日本海フェリーで優雅で快適な船旅♪

新日本海フェリーの魅力

フェリーでの船旅の魅力は何と言っても移動中船内でゆったりと自由にくつろいで過ごせること。長時間船内で過ごすことになるので、より快適な時間にするため客室や船内施設にいろいろ工夫がなされています

新日本海フェリーは充実した船内施設が魅力のフェリー♪ 最長でまる1日近く過ごすことになる船内には、売店やレストランはもちろん、映画館、スポーツジム、広々としたお風呂まであり、ちょっとしたホテル並の充実っぷり!

ビンゴゲームや船内コンサートなどのイベントもあり、素晴らしい景色を眺めながら優雅で快適な船旅を満喫できるとっても贅沢なフェリーなのです♪

新日本海フェリーのホームページ

新日本海フェリーの航路

出典:新日本海フェリーHPより

出典:新日本海フェリーHPより

新日本海フェリーにはいくつか航路があります。以下、主要航路(北行き)をまとめてみました

出発 行先 出発 到着 所要時間
舞鶴 小樽 00:30 20:45 約20時間
敦賀 苫小牧東 01:00 20:30 約19時間
新潟 小樽 10:30 翌04:30 約18時間
新潟 苫小牧東 23:15 翌17:20 約18時間
秋田 苫小牧東 07:00 17:20 約10時間

航路によっては運休日があったり、シーズンによっては運行スケジュールに変更があるようです。詳しくは新日本海フェリーのホームページをご覧ください

予約はインターネット、電話・窓口、旅行会社を通じて、いずれかの方法で2ヶ月前から可能です。人気のフェリーですので夏休みやゴールデンウィークなどのシーズン中は早めのチェックが良いでしょう

ちなみに今回利用したのは、敦賀から苫小牧東港までの航路。夜中の1時に出発してその日の夜8時30分に到着、約19時間の旅です♪

船内の様子

船内でたーくさん写真を撮ったので、ここからは写真を添えて詳しく船内の様子を紹介していきます♪ 初めての船旅、その興奮とともに(;゚∀゚)=3ハァハァ

エントランス

DSCN3148

まずは明るく開放的なエントランスから♪

キラキラとした照明に美しくライトアップされた中央のオブジェが印象的です。ちなみに今回乗船したフェリーは「すずらん号」

DSCN3150

3つのフロアーが吹き抜けになっており、設備もめちゃくちゃ豪華! いきなりテンション上がりまくりです♪

DSCN3243

横には案内所があってスタッフが24時間対応してくれます。まさにホテルですね

客室(ツーリストA)

DSCN3122

今回利用したのは「ツーリストA」という一番手ごろな客室

他にも「スイート」「ジュニアスイート」「デラックスA」「ステートA」「ツーリストS」という客室プランが用意されてます

DSCN3124

寝具には、まくら、掛け布団、シーツ

DSCN3126

ベッドにはマットレスの上にシートがかけてあります。クッション性はちょい固めですかね

DSCN3130

枕元にはライトとコンセント。これはありがたい♪

DSCN3131

足元にはちょっとした物を置けるラックと、小さなフックがついてます

DSCN3134

通路を挟んで反対側のベッド。間にはこんな感じで戸棚があります

DSCN3135

ちなみに上の扉を開けると中には救命胴衣が入ってました。これは使わないことを祈りましょう

DSCN3133

向かいのベッドとの仕切りはカーテン1枚です

DSCN3137

部屋の間取りはこんな感じ。今回は向かい合わせのベッドを4つ確保できました、他人が向かいだと気になる人はちょっと気になるかも。女性とかだと余計ですね。その辺は予算に応じて他の客室プランを検討してみてください

ちなみに私は「ツーリストA」でもベッドの大きさ的にも間取り的にも十分快適に過ごせました

すずらん号の他客室の様子⇒http://www.snf.jp/ship/ship_suzuran.html

カフェ&レストラン

DSCN3174

船内にはこんなに明るいカフェがあります

DSCN3173

営業時間は9:30~11:30、14:30~16:00

軽食や飲み物を最高の景色を眺めながら楽しめます♪

DSCN3186

この日は天気にも恵まれて波も穏やか

DSCN3190

美しい日本海の景色を眺めながらいただくビールは最高でした♪

なんて贅沢なひととき(*°∀°)=3

DSCN3188

かわいいオリジナルのラテアートも♪

DSCN3175

奥にはレストランがあります

DSCN3178

メニューもとっても豊富です

DSCN3176

この日は新潟秋田フェアをやってました。こんな限定ご当地メニューが船の上で食べられるなんて嬉しいですね♪

フォワードサロン

DSCN3213

船前方の一番景色がよく見えるところにある「フォワードサロン」はおすすめです!

DSCN3209

最高の景色を眺めながらゆったりとくつろぐことができます

DSCN3207

朝8時から船が入港するまで使えますので、時間帯に応じてさまざまな景色を楽しめますよ♪

DSCN3208

ここからの眺めはさながら船長になった気分です

(`・ω・´)ゞ

コンファレンスルーム

DSCN3154

船内にはなんと映画館まであります!

DSCN3159

ゆったりとしたシート。普通の映画館と何ら変わりません

DSCN3153

こんな映画が上映されてました。結構な数のお客さんがいましたよ

ゲームルーム

DSCN3161

ゲームルームも用意されてます

DSCN3162

ゲーム機の台数はそこまでありませんが、ちょっとした暇つぶしにはなります

DSCN3163

うちはコレに1,000円使っちゃいました。。。

トレーニングルーム

DSCN3167

ランニングマシン2台にエアロバイク2台、座ってヒモを引っ張るマシン1台

DSCN3171

海を眺めながらランニングができます。これは運動好きな方なら是非とも利用したいですね♪利用する場合はウェアとシューズを持参して乗船しましょう

私も使いたかったんですが、あいにくサンダルで乗船してしまいシューズが無く断念…

DSCN3168

卓球台もあります。大きさは普通のものより一回り小さいサイズになってます。ラケットは1,000円でレンタルできるようです

ショップ

DSCN3140

先ほど紹介したエントランス横にある売店。出港、寄港する各地の名産品や北海道土産が所狭しと並べられてます

DSCN3145

ここでしか買えない限定グッズなんかも充実してます

DSCN3142

個人的にはこのカレー(おっさんの写真)が気になりましたw

大浴場&露天風呂

DSCN3149

ここまでくればもう完全にリゾートホテルですね♪

絶景の日本海を眺めながら入るお風呂はホント気持ち良かった! 特に海風がびゅんびゅんあたる船上の露天風呂は最高♪

中はさすがに写真撮れなかったので以下ホームページから画像を拝借させてもらいます

facilities_img_l05

facilities_img_l06

facilities_img_l07

※1:ボディソープ・リンスインシャンプー・ドライヤー・100円返却式コインロッカーをご用意しています。また、案内所にてレンタルタオルセット(300円)を貸し出しています。
※2:いれずみ・タトゥーのある方は大浴場・サウナのご利用をお断りしております。
現在、すいせんの女性用露天風呂はご利用いただけませんのでご了承ください。(2016年8月時点)

出典:http://www.snf.jp/ship/

アミューズボックス

DSCN3238

カラオケが楽しめる「アミューズボックス」が3部屋

DSCN3239

ほんと至れり尽くせりの施設。全て楽しもうと思ったら1日じゃ足りないくらいです

トイレ&コインランドリー

DSCN3219

船内の設備はどれも新しくとても綺麗な印象です

DSCN3220

ここが船の中ということを忘れてしまうくらい、トイレも清潔感があって良いですね

DSCN3215

コインランドリーも旅行者にとっては何気にありがたい設備です

キッズルーム

DSCN3225

小さなお子さん用にキッズルームまで用意されてます

DSCN3226

ここなら思いっきり騒いでも大丈夫。気兼ねなく遊べますね♪

自販機コーナー

DSCN3230_1

缶ビールが充実しすぎw

まとめ

リゾートホテルばりの十分過ぎる船内施設、綺麗で清潔感がある設備、行き届いたスタッフのサービス。美しい日本海の絶景を眺めているだけでも十分楽しめる上にこれだけ充実した新日本海フェリーでの船旅は、ホント1日じゃ足りない!そのくらい大満足のものでした♪

敦賀港から苫小牧東港までほぼまる1日という長時間の船旅でしたが、そんなことを全く感じさせない、あっという間の優雅で贅沢なひとときを過ごすことができました♪

個人的には絶景の大浴場露天風呂がおすすめです! 他ではなかなか味わえない最高に気持ちいいお風呂ですよ♪

天候に恵まれたおかげで揺れもほとんど感じられず、心配していた子供達の船酔いも全く問題ありませんでした。ただ、コレばっかりはその日の天候次第ですね

以上、新日本海フェリー船内の紹介でした。北海道旅行にフェリーを使われる方は是非参考にしてみてくださいね♪

ではまた!

DSCN4747

DSCN3257 (1)

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加