Kindle Fire HD8新型と旧型を比較して分かった3つの違いと実際使ってみた感想

どうも。ariko(@otonmediariko)です

2017年6月7日に発売された新型のKindle Fire HD8を手に入れました。Amazonの事前の発表では、スペック的には旧型とほとんど変わっていないように感じましたが、実際のところはどうなんでしょうか。Kindle Fire HD8新型と旧型を比較してみました

スポンサーリンク

Kindle Fire HD8新型と旧型の違い

まずは、Kindle Fire HD8の新型と旧型のスペックの違いについて見ていきます。新型が発売される前に、あらかじめ確認してはいましたが、こうしてスペック表であらためて見てみると「どこが変わったの???」と、難しい間違い探し問題並に、変わったところを見つけるのが難しいです笑

スペック比較表

Fire HD(新型) Fire HD(旧型)
ディスプレイサイズ 8インチ HD 8インチ HD
解像度 1280×800(189ppi) 1280×800(189ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz
RAM 1.5GB 1.5GB
コンテンツ 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ 16/32GB 16/32GB
microSDカードスロット あり
256GBまで対応
あり
200GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 12時間 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.7mm 214 x 128 x 9.2mm
重量 369g 341g

いかがでしょうか。皆さんは、新型と旧型で変わったところをいくつ見つけることができましたか?

SDカードの対応容量が増加

Kindle Fire HD8新型と旧型の違い、まず一つ目は、SDカードの対応容量です。新型旧型ともにmicroSDカードスロットを本体に搭載しているのは変わりませんが、その対応容量が旧型は200GBまでなのに対し、新型は256GBまでになりました

Kindle Fire HD8は、ストレージが16GBと32GB、2つのモデルしかありませんが、SDカードスロットがあるので、容量については特に気にすること無く使用することができます。対応容量は大きいに越したことはありませんので、数値的には微妙な違いですが、これは単純に新型になってスペックが上がったということで良いでしょう

本体右側にあるスロットの位置や形も、微妙ですが違ってます。ちなみに、上が新型、下が旧型です

本体が分厚くなった

Kindle Fire HD8新型と旧型の違い、2つ目は、本体の厚みです。新型と旧型の本体サイズを比べると、縦横の大きさは全く同じになっていますが、厚みは新型の方が旧型に比べて0.5mm分厚くなっています

左が新型、右が旧型です。確かに左の新型の方がほんの僅かですが分厚くなっているのが分かりますね。ちなみに、新型旧型ともに液晶画面には同じ保護フィルムが貼ってあります

デバイスの厚みに関しては、より薄いほうが良しとされる傾向がありますので、僅か0.5mmといえど新型になって分厚くなってしまったので、それだけで見れば改悪点と言わざるを得ないでしょう

ただ、こうして新型と旧型をとなり同士並べて、それもドアップでじっくり見てようやく分かるといったレベルの違いで、少し離れてしまうと、どちらが新型でどちらが旧型か、はっきり言って見分けがつきません。落下させても壊れにくい耐久性という面で見ると、必ずしも薄けりゃ良いってもんでもなかったりしますので、このくらいの差であれば、一概に分厚くなったから悪いとも言い切れませんね

重量が重くなった

Kindle Fire HD8新型と旧型の違い、最後3つ目は、本体重量です。新型と旧型を比べると、28g新型の方が重くなっています

28gと言えば、ちょうど小さめのピーマン1個分くらいの重さでしょうか。新型と旧型を片手づつ持って比べてみると、うーん。。確かに言われてみれば小さめのピーマン1個分くらい新型の方が重いかな?という感じです

持っていて手が疲れませんし、カバンなどに入れて持ち運びする際にも楽なので、重量に関しては当然、軽いほうが良いので、これは新型になって悪くなった点ですね。いくら小さめのピーマン1個分といえど、ここはもう少し頑張ってほしかったところです

相変わらず神デバイスであることに違いはない!

ということで、SDカードの対応容量、厚み、重量、以上の3つが、Kindle Fire HD8の新型と旧型を比較して分かった違いです。いずれも、言われないと分からないくらいのレベルの違いで、解像度やCPU、メモリなどその辺の主要なスペックについては全く変わっていないので、普通に使っている分には違いを見つけることは困難でしょう

もともと、8インチクラスのタブレットとしては、コスパ最強の神デバイスだったKindle Fire HD8。はっきり言って、スペック的にはほぼ進化していない新型ですが、それでも尚、現時点では相変わらず神デバイスであることに違いはありません。なんてったって、16GBモデルが7,980円(定価11,980円ですがAmazonプライム会員なら特典で4,000円OFF!)で買えちゃうんですから!

ただ、今回私は、使っていた旧型のKindle Fire HD8が壊れてしまったので、新型を購入することになりましたが、まだ旧型のKindle Fire HD8が元気に動いている方であれば、新型への買い替えはあまりメリットは無いかもしれません

【関連記事】
Amazon Kindle Fireは修理不可って知ってた?しかも保証期間は90日だってさ

あとがき

Kindle Fireは、Google Playストアをインストールして初めて神デバイスに昇格します。新型のKindle Fire HD8でも、Google Playストアをインストールして、今のところ問題なく動作しています。インストール方法は、旧型と同じでOKでした。下の記事で紹介していますので、よかったら参考にどうぞ

以上、Kindle Fire HD8新型と旧型を比較して分かった3つの違いと実際使ってみた感想でした

それではまた!

【参考記事】
Kindle FireにGoogle Playストアをインストールしてみたら息子も大喜びの最強タブレットになった!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪