【2017年版】ガキの使い名物企画「七変化」の歴代ランキングと獲得賞金まとめ

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

毎回、挑戦者があの手この手を使って、ガキ使メンバー及びスタッフを笑わせる「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の名物企画「七変化」

これまでの「七変化」歴代ランキングとその獲得賞金をまとめてみました

スポンサーリンク

ガキ使七変化歴代ランキング

順 位 名 前 賞 金 放送日
1 次長課長 河本 63,000円 2005年4月17日
2 森三中 黒沢 55,000円 2011年8月7日
3 笑い飯 哲夫 53,000円 2009年2月8日
3 ボブ・サップ 53,000円 2002年11月24日
5 千鳥 大悟 52,000円 2013年2月17日
6 ジャングルポケット 斉藤 51,000円 2016年11月13日
7 ブラックマヨネーズ 小杉 48,000円 2008年1月13日
8 ロバート 秋山 47,000円 2017年4月9日
8 友近 47,000円 2010年9月12日
10 バナナマン 日村 46,000円 2010年2月28日
11 劇団ひとり 45,000円 2014年11月23日
11 FUJIWARA 原西 45,000円 2007年4月29日
13 TKO 木下 44,000円 2014年4月27日
13 構成作家 竜泉(堀部圭亮) 44,000円 1999年11月7日
15 千原兄弟 千原せいじ 43,000円 2004年11月7日
16 ドランクドラゴン 塚地 42,000円 2014年8月31日
16 ネプチューン 堀内 健 42,000円 2013年11月3日
16 中川家 礼二 42,000円 2011年12月11日
19 ケンドーコバヤシ 41,000円 2009年11月1日
20 ココリコ 田中 40,000円 1997年9月28日
21 フットボールアワー 後藤 38,000円 2006年4月2日
21 くりぃむしちゅー 有田 38,000円 2004年2月15日
23 バナナマン 設楽 37,000円 2010年5月9日
23 腰フリおばちゃん 37,000円 1997年11月23日
25 ハリセンボン 春菜 36,000円 2012年10月7日
26 野性爆弾 くっきー 35,000円 2011年2月6日
26 FUJIWARA 藤本 35,000円 2007年2月25日
28 フットボールアワー 岩尾 33,000円 2006年2月5日
29 ふかわりょう 31,000円 2002年9月8日
30 大友ディレクター 29,000円 1997年6月8日
31 ハリウッドザコシショウ 27,000円 2016年4月3日
31 笑い飯 西田 27,000円 2009年3月8日
31 木村祐一 27,000円 2002年2月17日
34 たむらけんじ 26,000円 2016年8月16日
34 千原兄弟 千原ジュニア 26,000円 2004年12月12日
34 雨上がり決死隊 宮迫 26,000円 1999年5月16日
37 狩野英孝 25,000円 2016年7月17日
37 磯俣マネージャー 25,000円 1996年9月29日
39 雨上がり決死隊 蛍原 19,000円 1999年3月14日
40 ココリコ 遠藤 16,000円 1997年9月21日
41 菅プロデューサー 14,000円 1995年11月26日
42 品川庄司 品川 12,000円 2003年10月19日
43 オモロー山下 11,000円 2001年6月17日
44 堤本ディレクター 10,000円 1996年3月3日
44 月亭方正 10,000円 1995年11月5日
46 中村プロデューサー 9,000円 1996年6月9日
47 構成作家 高須 7,000円 1997年2月2日

長年トップの座を守り続ける次長課長河本

ガキ使七変化歴代ランキングの1位は、次長課長の河本さんです

獲得賞金は、2位の森三中黒沢さんより8,000円も多い63,000円で、ダントツのトップ

2005年に放送されていますので、もうかれこれ10年以上も七変化ランキングのトップを守り続けていることになります

今や伝説となっている河本さんの七変化。1発目から、まさかの大御所、落語家の桂きん枝師匠が登場して全員撃沈。その後も、ダウンタウンの二人をうまくいじりながら次々と笑いをとっていきました

まさかの大御所登場w

ダウンタウン松ちゃんに至っては、7回全てで笑ってしまうというw

誰かにつられて思わず笑ってしまうというのが、七変化ではよくあるパターンですが、ダウンタウンをいじることで他の参加者を笑わせるのが見事にハマった感じですね

浜ちゃんイジられて全員爆笑w

ガキ使七変化は芸人にとって試練の場

挑戦者から意気込みを聞くおなじみのオープニング。毎回どの芸人さんもめちゃくちゃ緊張しているのが伝わってきて面白いですね

見事結果を残して、歴代5位にランクインした千鳥の大悟さんも、挑戦前には緊張のあまり顔に謎の巨大なできものができてしまうという話もw

憧れのダウンタウンを笑わせる企画。結果次第では、今後の芸人人生が変わってしまうくらいの、芸人さんにとっては大一番の仕事でしょうから、そりゃあ緊張もするでしょう

たださすがに、上位にランクインしている方は、皆面白くて人気のある芸人さんばかりですね

七変化は芸人さんにとって大一番

昔の七変化のランキングが低い理由

こうしてみてみると、下位にランキングされているのは、ほとんどがかなり昔に挑戦した方たちばかり

単純に、その方たちは面白くなかったからその順位になったかと言うと、実はそうではなく、昔は笑わせる人数が少なかったから、集まる金額も少なかったんですね

月亭方正さんは、過去の自分の七変化の順位(43位で下から3番目、芸人では最下位)をイジられる度に、そのことを強く言ってます。方正さんに関しては、人数は関係ない気がしますがw

やっぱり寒かった方正さんw

ランキングには無い幻の七変化

実は、過去に七変化に挑戦した人の中で、ランキングに入っていない人が2名います

それは、ダウンタウン松ちゃんと板尾創路さんです

今やガキ使の名物企画になった七変化ですが、記念すべき最初の1回目の挑戦者は、ダウンタウンの松ちゃんでした

番組の企画会議をしている最中におもむろに一人抜けだして、七変化しながら皆の邪魔をするというもの。当時はまだ、笑ったら1000円罰金というルールもなく、ただ会議の邪魔をするとういう、何ともシュールなネタでした

記念すべき第1回目の七変化

もう一人が、ガキの使いには欠かせない人物、板尾創路さんです

番組進行中、嫁と一緒に勝手に収録に入ってきて、何かといちゃもんを付けては金をせびるというおなじみのネタ。そのネタの中で、勝手に七変化するというものw

いずれの七変化も、公式にはカウントされておらず、ランキングには入っていません

相変わらず難癖つけて金をせびる板尾さんw

個人的な神回はコレ!

実際は、35,000円という中途半端な結果に終わってしまった野性爆弾のくっきーさんでしたが、個人的には1番笑った七変化ですね

最近では、激似顔マネが面白すぎると話題で、人気も急上昇している野性爆弾くっきーさんですが、七変化に登場した当時(2011年)はまだそこまでメジャーではありませんでした

ただ、当時から既に、顔を真っ白に塗って有名人の顔マネするネタはやっていたんですね。七変化で披露したかまやつひろしの顔マネはマジでツボw

こんなん絶対笑うでしょw

天才?ローバート秋山は8位タイ

その笑いの才能から、ダウンタウン松ちゃんをして「天才」と言わしめるロバートの秋山さんが、2017年4月、満を持して七変化に登場しました

歴代1位も狙えるのでは?と期待されての挑戦スタート。おなじみ梅宮辰夫の体モノマネや、風俗店の店長コントなどで、次々と笑いを取っていき、最終的に獲得賞金47,000円で8位タイで終了しました

赤ちゃんネタの笑い声と笑顔がしばらく頭から離れそうにありません(笑)

まとめ

毎年2、3回のペースで行われている七変化の企画。今後もいろんな挑戦者の方が繰り出す七変化がとても楽しみですね!

以上、ガキの使い名物企画「七変化」の歴代ランキングと獲得賞金まとめでした

それではまた!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

ガキの使い絶対に笑ってはいけないシリーズおすすめランキング!!

【M-1グランプリ】歴代の優勝者とファイナリスト

野性爆弾くっきーの顔モノマネ歴代面白いランキング!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪