ミニスーパーファミコンを買って20年ぶりに友人と家でゲームして遊ぶ!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

話題のミニスーパーファミコンを手に入れたので、この週末、早速、近所に住む幼馴染と一緒にプレイしてみました。家に友人を呼んでゲームで遊ぶなんて実に20年ぶりくらいのことでしたが、いやー盛り上がるの何の!ミニスーパーファミコンやっぱり激アツです!

スポンサーリンク

ミニスーパーファミコンを買った!

1990年に任天堂から発売された名機スーパーファミコン(愛称スーファミ)が、本体デザインはそのままに、大きさが手のひらサイズになって復活!しかも本体には厳選された名作ソフトが21本も収録されて!この発表を聞いて、心躍らないおっさんはいなかったはず。小学校高学年から中学3年間という、恐らく人生で一番ゲームで遊びまくったであろう時期が、スーファミ全盛期の頃にモロかぶり世代の私としては、最初このニュースを聞いた時は心どころか本当に踊ってましたから笑

先に発売されたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ファミコンミニ)は、世代的に若干ズレていたのと、本体に収録されていたソフトがあまりにもレトロ過ぎて、買ったは良いものの速攻飽きてしまい、ほとんど遊ばずにお役御免になってしまっていただけに、このミニスーパーファミコンの発売を、今か今かとほんと首を長くして待っていました!

【関連記事】
[レビュー]ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ開封!小さいけどコントローラーの操作性は悪くない!/おとんメディア

入手困難になることは火を見るより明らかだったミニスーパーファミコンでしたが、運良く、予約無しで並ばずに購入することができた私。都会では入手争奪戦になるような人気の商品が地方だと意外なほどあっさりと簡単に手に入る、都会の人たちは不公平感を感じるところでしょうが、この辺は地方在住者のメリットですね

手のひらサイズの可愛らしい本体。ディテールや細部のクオリティの高さは流石の任天堂といった印象です。おっさんの所有欲を満たしまくる、魅力溢れる商品です

2人プレイが楽しめる♪

ミニスーパーファミコンは、本体は手のひらサイズのコンパクトサイズになっていますが、コントローラーは当時の大きさと全く同じサイズになっています。本体もコントローラーもミニサイズだったファミコンミニでは、コントローラーの操作性に不満があった方も多かったようですが、その点今回はバッチリ改善されています

しかも、コントローラーは最初から2つ付属していますので、ストツーやマリカー、ゴエモン、ドンキーコングなど、2人プレイが激アツだったこれらのソフトも、当時と同じように対戦プレイや協力プレイをして遊ぶことができます。個人的には、聖剣伝説2の2人プレイと、スーパーフォーメーションサッカーの2人対戦が、懐かしすぎてヤバいです

厳選タイトル全21本!

ちなみに、本体に収録されている全21本のタイトルはこんな感じ

・スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
・超魔界村
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
・スーパーフォーメーションサッカー
・魂斗羅スピリッツ
・スーパーマリオカート
・スターフォックス
・聖剣伝説2
・ロックマン X
・ファイアーエムブレム 紋章の謎
・スーパーメトロイド
・ファイナルファンタジーVI
・スーパーストリートファイター II
・スーパードンキーコング
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
・パネルでポン
・スーパーマリオRPG
・星のカービィ スーパーデラックス
・スターフォックス2

難易度が高過ぎてすぐに死んじゃいますが、魂斗羅スピリッツの2人協力プレイもめちゃくちゃ楽しかったなぁ。あと、交代交代順番にプレイするソフトでは、当時は、友人がプレイしている最中は、早く終われと心のなかで邪悪な念を送り続けながらジリジリと画面を見つめて待っていたのを憶えています笑

友人を家に呼んでゲームする♪

ということで、この週末、早速近所に住む幼馴染の友人を家に呼んで、2人でミニスーパーファミコンで遊ぶことにしました。家に友だちを呼んでゲームで遊ぶなんて、実に20年ぶりくらいのことです。友人を誘う時には「家でスーファミしよーぜー」という、当時と全く変わらない誘い文句で笑。この時点でテンション上がりまくりです!

手のひらサイズのコンパクトな本体、HDMIとUSB給電だけで手軽に接続できるミニスーパーファミコンは、こうして遊びたい時にいつでもどこでもサクッと遊べるのが良いですね。あと、何と言っても、起動時間がめちゃくちゃ速いのもポイントです。ゲームを始めるまでの手軽さ、これに関しては最近のゲーム機には中々まねできない、ミニスーパーファミコンならではの魅力と言って良いでしょう

2人で収録ソフトを一通りプレイしてみましたが、一番盛り上がったソフトは、スーパーフォーメーションサッカーでした。選択できるチームがかなり限られていたり、ゲーム設定もかなり大雑把な部分はありますが、シンプルで分かりやすい操作性と、サクサクとテンポよくプレーできる軽快さ、グラフィックも見やすくて本当に良くできたサッカーゲームだとつくづく実感しました

あと、登録されている選手はもちろん当時(1991年発売)のままなので、往年の名プレーヤーを現役選手として扱える楽しさも味わうことができます。既に引退して各国代表の監督をしてたりするプレーヤーが、普通に現役選手としてラインナップされているのを見るとちょっとニヤッとしちゃいますよ。ちなみに、ブラジル代表にはジーコが現役でいます笑

まとめ

当時スーファミをリアルタイムでガッツリ遊んでいた世代、現在30代、40代の方であれば、チェックしていない人はいないであろうミニスーパーファミコンでしょうが、買おうかどうか迷っているという人は、持っておいてまず損はしないと思いますよ!

発売して間もない今はまだ供給が追いついておらず、定価でゲットするのは中々難しい状況のようですが、生産は継続して行うようですので、諦めず気長に待つことをおすすめします

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミリーコンピュータをAmazonでチェックする

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

スーパーファミコン(SFC)もう一度やりたいおすすめ名作ソフト20本!

私が実際にプレイしたゼルダの伝説シリーズのおすすめタイトル8選

ゲーム買取サイトはここがおすすめ!中古ゲームソフトを1円でも高く買取してもらう方法

[レビュー]ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ開封!小さいけどコントローラーの操作性は悪くない!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪