これさえあればOK!自宅トレーニングで理想の体になるために必要なおすすめの器具3つ

どうも。ariko(@otonmediariko)です

長年ホームトレーニーだった私がジム通いするようになって早1年、現在は週5のペースでジムに通い筋トレしています。自宅トレーニングとジムでのトレーニング、両方をがっつり経験してきたそんな私だからこそはっきり言えることがあります。それは

自宅トレーニングでも理想の体になれる!

ということ。別に毎月高い会費を払ってジムに通わなくても、自宅トレーニングでも十分に理想とする体になることができるとあらためて感じています

ただし、それには最低限自宅に揃えておくべき器具が3つあります。今回は、これさえあれば自宅トレーニングでも理想の体になれる!というおすすめの器具を紹介します!

スポンサーリンク

1.可変式ダンベル 60kgセット

まず1つ目の器具はダンベルです。プレートを交換して重量を変えることができる可変式ダンベルで、重さは60kgセット(片手30kg×2セット)がおすすめです

ジムに通うようになってから感じるのは、筋トレ種目のほとんどはダンベルがあればできてしまうということです。これマジです

ジムには様々なマシンが揃っており、私も最初のうちは嬉しそうにあれもこれもと使ってみたりしていましたが、何のことはない結局最終的にはフリーウェイト(ダンベルやバーベル)を使ったトレーニングに落ち着きます

見ていると、トレ歴が長い方ほど同じようにマシンよりもフリーウェイトを重視している感がありますね。マシンは補助的な使い方みたいな感じで、メインはあくまでもフリーウェイト。でかい人ほどフリーウェイトでがっつりトレーニングしています

フリーウェイトは、マシンよりも自由な角度や稼働域で筋肉に刺激を与える事ができ、また、バランスをとるために関節回りのインナーマッスルなども刺激する事ができるというメリットがある一方、正しいフォームを習得するにはある程度経験が必要です

最初のうちは自分の適性重量が分からないでしょうから、軽い重量から初められる可変式ダンベルであれば初心者の方でも扱いやすく、正しいフォームを覚えることができるでしょう。そして、60kgセットあれば最終的な目標設定としても十分な重さです

選ぶならプレートにゴムが付いているタイプのダンベルが良いですね。ゴムが無いと確実に床に傷が付きます

ちなみに、私が自宅で使っているのはアイロテックのやつ↑です。価格の割に品質がすごく高く、使っていてこれといった不満はありません。赤いラバーがかっこいいです!

2.角度調整可能なベンチ

二つ目の器具は、角度調節可能なベンチです。フラット、インクライン、デクラインというように背もたれの角度が自由に調節できるトレーニング専用のベンチがおすすめです

最初に紹介したダンベルですが、ダンベルだけでもいろいろな種類の筋トレができるのですが、この角度調節可能なベンチがあると更にできる筋トレ種目が増えます。正に、鬼に金棒、ダンベルにはベンチです!

パーンっと盛り上がった大胸筋、筋トレ始めたての人なら誰しもが憧れるでしょうが、そのためにはベンチを使ったダンベルプレスとダンベルフライこの2種目だけで十分イケます。角度調節可能なベンチであれば大胸筋の上部、中部、下部をまんべんなく鍛えられますのでバッチリです

ちなみに、私は自宅ではフラットベンチを使っていますが、やっぱりインクラインやデクラインもできるベンチにすればよかったと今になってすごく後悔しています。スペース的にはどちらも変わりませんので、買うなら絶対に角度調節可能なベンチにしましょう!

3.懸垂バー

最後3つ目の器具は、懸垂バーです。懸垂をするためのバーで、自分がぶら下がって懸垂しても危険がないのであれば基本どんなもの(場所)でもOKです

これまで紹介してきてた2つの器具、ダンベルとベンチを使えばある程度全身をくまなくトレーニングすることは可能ですが、唯一それだけでは物足りない箇所があります。それは背中です

ダンベルローイングやダンベルデッドリフトなど、ダンベルを使った背中の種目もありますが、背中を鍛えるにはどうしても引っ張る動作が必要で、ダンベルだけではどうしても物足りません

そこで懸垂です。懸垂については以前この記事『【最強の筋トレ】懸垂の効果で3ヶ月で体がみるみる変わったよ!/正しい懸垂のやり方も紹介♪』でも書いている通り、個人的には最強の自宅トレーニング種目だと思っています。懸垂をしっかりやり込めば、体はみるみる変わってきますよ!

懸垂にこれといった器具は必要ないのですが、自宅の中にそんなに都合よく懸垂ができるところは中々無いでしょうから、おすすめなのはドアの枠に取り付ける懸垂バーです。場所を取らずに設置できますし、何より安いのでおすすめです

ちなみに私の自宅にはこのドアジムの他に、DIYで自作した懸垂バーもあります。ドア枠に固定するのはちょっとという方は、自作してみるのも良いかもしれませんので参考にどうぞ!

【参考】【自宅で懸垂】DIYで懸垂バーを取り付けてみた! / おとんメディア

買って失敗だった筋トレ器具

最後に、個人的にこれは買わなくてよかったなという、買って失敗だったなと思う筋トレ器具を紹介しておきます

■ベンチプレスセット

ベンチプレスセットは、自宅にあるとがっつり上半身を鍛えることができるのですが、ダンベルでも代用できますし、何より場所をとるのがよろしくないですね

10kgプレート↑がデカくて重いです。自宅に十分なスペースがある方なら別ですが、そうでない方はダンベルセットで十分でしょう

まとめ

■自宅トレーニングで理想の体になるために必要なおすすめの器具3つ

1.可変式ダンベル 60kgセット
2.角度調節可能なベンチ
3.懸垂バー

これら3つの器具を用意してきっちりとトレーニングすれば、わざわざジムに行かなくても、高い会費を払わなくても、自宅でも理想の体は十分に手に入れることは可能です!

是非参考にしてみてくださいね!

この3つの器具でまずはしっかり自宅トレーニング!ジムはそれからでも十分ですよ

今回紹介したおすすめの器具

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪