NBAをテレビで見る方法を比較してみた【2017ー2018シーズン】

どうも。ariko(@otonmediariko)です

NBAをテレビで見るにはどんな方法があるのか?それぞれの方法にはどんな違いがあるのか?料金や見ることができる試合数、その他特徴など比較してまとめてみました

スポンサーリンク

1.楽天TVで見る

NBAをテレビで見る方法、まず一つ目の方法は、動画配信サービス「楽天TV」が提供する月額見放題サービス「Rakuten NBA Special」を使って見る方法です

2017ー2018シーズンから日本国内におけるNBAの独占的な放映・配信パートナーになった楽天。複数年のパートナーシップ契約を締結していることから、今後しばらくは国内では「NBA見るなら楽天TV」という感じになりそうです

ちなみに楽天は、2017-2018シーズンからゴールデンステート・ウォリアーズのスポンサーにもなっており、今シーズンのウォリアーズのユニフォームには、楽天のロゴマークがあしらわれています

料金

Rakuten NBA Specialの料金は月額972円(税込)になります

月額見放題サービスなので、月額料金を支払えば何試合見ても料金は変わらず、定額でNBAテレビ観戦を楽しむことができます

視聴できる試合数

Rakuten NBA Specialでは、レギュラーシーズンはもちろん、オールスターや注目のプレイオフゲーム、カンファレンスファイナル、ファイナルなど、シーズン中毎日1~2試合をライブ視聴することが可能です

ライブ配信された試合は1ヶ月後まで何度でもオンデマンドで視聴することが可能なので、ライブで見ることができなかった試合でも後で楽しむことができます

その他、厳選されたNBA動画が視聴可能な他、ウォリアーズのゲームは全試合放送される予定になっています

テレビで見る方法

Rakuten NBA Specialをテレビで見るには、SONYやPanasonicなどの「Rakuten TVアプリ」に標準で対応しているテレビを使う他、メディアストリーミング端末「Chromecast」を使う方法や、家に「Wii U」や「Xbox one」がある方はそれらを使って見ることも可能です

Rakuten NBA Specialを視聴しているスマホやタブレット、パソコンなどの端末とテレビをHDMI接続して見る方法もありますが、この方法では端末のスペックやHDMIケーブルの仕様により高画質で視聴できない場合や、視聴自体ができない場合があるので注意が必要です

2.NBA League Passで見る

NBAをテレビで見る方法、2つ目の方法は、NBAが提供するNBA公式のネット配信サービス「NBA League Pass」を使って見る方法です

NBA League Passでは、レギュラーシーズンやオールスター、カンファレンスファイナル、ファイナルなどシーズン中に行われるNBAの全試合1,400試合を楽しめるプランや、1チームを選択して視聴できるプラン、視聴したいゲームを1ヶ月8試合だけ選択するプランなど、視聴スタイルに合わせてプランを選択できるようになっているのが特徴です

マッチアップやボックススコア、ハイライトなど各ゲームの詳細な情報に加え、音声のみ再生、デュアル表示といった様々なオプションも用意されています

盛りだくさんの情報は公式サービスならでは。ただし、NBA League Passでは実況解説は英語のみとなっています

料金

NBA League Passの料金は、全試合が楽しめる「リーグパス」が月額2,400円。1チームを選択して視聴する「チームパス」が月額1,300円。1ヶ月8試合を選択して視聴する「ゲームチョイス」が月額940円となっています

視聴できる試合数

NBA League Passを使って視聴することが出きる試合数は、リーグパスの場合、全チーム、最大1400試合。チームパスの場合、選択した1チームの試合全て。ゲームチョイスの場合、1ヶ月8試合になります

テレビで見る方法

NBA League Passをテレビで見るには、メディアストリーミング端末「Chromecast」や「Apple TV」を使う方法の他、「Wii U」や「Xbox one」「PlayStation」を使って見ることも可能です

Rakuten NBA Special同様、視聴しているスマホやタブレット、パソコンなどの端末とテレビをHDMI接続して見る方法もありますが、端末のスペックやHDMIケーブルの仕様によっては高画質で視聴できない場合や、視聴自体ができない場合があるので注意が必要です

3.WOWOWで見る

NBAをテレビで見る方法、3つ目の方法は、衛星放送「WOWOW」に加入して見る方法です

視聴するにはテレビで衛星放送を受信することができる環境が必要ですが、WOWOWに加入すればNBAの試合だけでなく他のスポーツの試合や、もちろん映画やドラマなど様々な番組を視聴することができるようになります

料金

WOWOWの料金は月額2,484円(税込)になります。ちなみに、申し込み月は視聴料無料になっています

視聴できる試合数

WOWOWでは、毎週4試合のNBAゲームを視聴することができます

オールスターやカンファレンスファイナル、ファイナルなどの視聴に関しては、今のところまだ未定です

テレビで見る方法

WOWOWでNBAを見るには、BSデジタルチューナー内蔵テレビもしくはレコーダー、それに衛星放送を受信するためのBSアンテナが必要です。ケーブルテレビに加入されている方であれば、ケーブルテレビ局経由でも視聴することができます

WOWOWの申し込みはネットで簡単に申し込むことが可能です

NBAをテレビで見る方法の比較

  Rakuten NBA Special NBA League Pass WOWOW
リーグパス チームチョイス ゲームチョイス
料金 月額972円 月額2,400円 月額1,300円 月額940円 月額2,484円
試合数 毎日1~2試合(平日1日1試合、週末1日2試合) 全チーム、最大1400試合 1チームの試合を全て 1ヶ月8試合 週4試合
実況・解説 日本語 英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、中国語など(日本語なし) 日本語
支払い方法 クレジットカード
キャリア決済
※初回のみ楽天ポイント払い可
クレジットカード クレジットカード
口座振替
対応デバイス PC / iOS / Android / Chromecast / Xbox BSチューナー内蔵TVなど
VIERA / BRAVIA / Wii U Apple TV / PlayStation3
その他 オンデマンド視聴可 マルチゲームビューなど視聴オプション多数有り 多彩な番組

2017-2018シーズンNBAをテレビで見るなら「Rakuten NBA Special」

詳細なゲーム情報と視聴スタイルに応じてプランを選べるNBA League Pass、週4試合のNBAに加えて多彩な他番組が楽しめるWOWOW、それぞれに特徴はあるものの、とりあえずNBAにをテレビで見たいなら今のところRakuten NBA Specialが最もおすすめな方法でしょう

Rakuten NBA Specialなら毎日1~2試合、必ずNBAの試合をライブ視聴できるだけでなく、見逃してしまったり時間が合わずに見ることができなかった場合でも、1ヶ月間ならオンデマンド視聴でいつでも何度でも視聴することが可能です

NBAの試合は、日本時間の午前中に開催されることが多いですので、ライブで視聴するのは難しいという人でも、オンデマンド視聴ができれば平日の夜や週末などにまとめてNBAを楽しむことができますね♪

視聴できる試合数と料金から考えても、一番手頃なのがRakuten NBA Specialです。もし自分の視聴スタイルに合わなければ、すぐに解約することもできますが、日割りで返金してくれるといった制度はなく、毎月1日に自動更新で課金されるようです

オールスターゲームやカンファレンスファイナル、ファイナルなど、見たい試合がある月だけ1ヶ月間、Rakuten NBA SpecialでNBAを楽しむという方法もアリかもしれませんね

とは言っても、月額972円でシーズン中毎日NBAの試合を見ることができるのであれば、個人的にはNBAファンなら全然安いと思いますね

まとめ

2017-2018シーズン、NBAをテレビで見るには「Rakuten NBA Speciall」「NBA League Pass」「WOWOW」3つの方法があります

それぞれの特徴を踏まえた上で、自分にあったベストなNBAの楽しみ方、視聴方法を選択してみて下さいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪