風呂場の鏡のウロコ落としにダイヤモンド?!最終兵器の実力を検証してみた!

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

風呂場の鏡についたウロコ状の汚れを落とすのに何とダイヤモンドが効くらしい?!

キズとか付かないの(;^ω^)??

スポンサーリンク

ダイヤモンドで鏡のウロコ落としに挑戦!

もちろん本物の天然ダイヤモンドじゃないですよ! そんなこと言われなくても分かってます?

使うのはこちら

DSCN2448

ダイソー「ダイヤモンドで鏡のウロコとり」

小さいのと大きいの2種類売ってましたが、今回は大きい方を買ってきました。ちなみに小さい方は「ダイヤモンドクリーナー」という商品名

100円ショップ「キャンドゥー」にも同様の商品があるようです

DSCN2469_1

材質表示にはちゃんとダイヤモンドって書いてあります。ただし「人工」です

人工ダイヤモンドって?

合成ダイヤモンドまたは人工ダイヤモンドは、地球内部で生成される天然ダイヤモンドに対して、科学技術により人工的に作製したダイヤモンドである。 主に高温高圧合成(HPHT)や化学気相蒸着(CVD)法により合成される。

ドリルの刃、のこぎり、研磨用のダイヤモンド粉末などに使用され、合成ダイヤモンドの最も一般的な利用方法となっている。

合成ダイヤモンド – Wikipedia

DSCN2449

水でこするだけで鏡についたウロコが落ちるそうです

人工ダイヤモンドで汚れを削り落とすということですね

表面は意外とツルツル

DSCN2454

タイル上になった白い部分が人工ダイヤモンドでしょうか。触った感じは全然ざらざらしてなくて、逆にツルツルしてます

持ち手の部分は固めのスポンジ状になってます

いざ!検証スタート

では早速使ってみたいと思います!

こちらが我が家の風呂場の鏡

DSCN2451

うへぇ~( ´Д`)=3

きったねーーー。。。

ウロコの正体

ちなみにこのウロコ状の汚れの正体は、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが蒸発して残った化合物だそうです

こんな感じでしっかりとこびりついちゃうと普通のスポンジではなかなか落ちない厄介なやつですね

まずは全体的に水で濡らして

DSCN2455

こすっていきます!

ゴシゴシと

。。。

。。。

。。。

おっ!

DSCN2459

なんか白いものが鏡についてます

ウロコが取れてる証拠ですかね?

まだまだこすっていきます!

ゴシゴシと

。。。

。。。

。。。

よし、こんなもんでいいかな(・∀・)

DSCN2458

濡れててよく分かりませんが何となく汚れが落ちてるような…

水で洗い流してみます

DSCN2460

おーーーーーっ!!!

すげーピカピカになってる♪

DSCN2451_2

こすった後に水で洗い流して乾いたタオルで拭き取ると、見事にピカピカの鏡になってました♪

使ってみた感想

こすっていると「シャリシャリ」というようにウロコが削れてるような感覚がスポンジから伝わってきます。それが感じなくなるまでゴシゴシしました

ただ、写真ではピカピカに写ってますがこの時点では実際にはまだ若干ウロコが残ってます。ガンコにこびりついてしまったウロコは1回こすっただけでは取りきれないようです

この後3回ほどこすっては水で流しを繰り返してようやくほぼ全てのウロコ汚れを取り切りました

ただ、どうしても取れない超しつこいウロコ汚れはこれ以上こすると鏡が心配なので今回は諦めました…

てかどんだけ汚しっぱなしにしてたんだ(;^ω^)

使用に適さないもの

パッケージにも書かれていますが、以下のものには使用しないよう注意してください

  • くもり止め加工、はっ水加工、フィルム加工、コーティング加工が施された鏡やガラス
  • すりガラス等の特殊加工ガラス
  • 樹脂製の鏡
  • メガネレンズ
  • 車のガラスやバックミラー

比較的新しい風呂場の鏡にはくもり止めやはっ水の加工がされていることがほとんどだと思いますので、いきなりこのダイヤモンドうろこ取りを使うのは止めたほうが良いでしょう

新品からある程度経過した鏡のガンコにこびりつきまくってしまったウロコ汚れの最終手段としてなら、この商品はおすすめです。なんたって100円ですし♪

ちなみに今回使い終わって

DSCN2465

こんな感じになりました

若干白い部分が削れたりハゲたりしてますが、まだまだ使えそうです

matome

普通のスポンジではどうしても落とせなかったしつこいウロコ汚れが、びっくりするほどキレイになったので満足してます♪

同じようなウロコ汚れに手こずっている方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか

せっかく鏡がピカピカになったので、もうウロコ汚れがつかないようにこれからはお風呂後には水気をキレイに取ってからあがるようにします!

ということでコレ買いました

毎日やってればこんな苦労することは無いですからね

以上、ダイヤモンドで鏡のウロコとりの感想でした

では、また

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加