グレゴリー テールメイトSは丈夫で使い勝手が最高のバッグ! カラーに迷ったらHDナイロンがおすすめ♪

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

グレゴリーのテールメイトSは誰がなんと言おうと素晴らしいバッグです

私もその圧倒的な使い勝手の良さと見た目のスタイリッシュさに惚れ込み、かれこれ10年ちかく使い続けてきました

今回は、すでに語り尽くされてきたであろうテールメイトSの魅力と、これから購入を考えている方におすすめのカラーをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

グレゴリー テールメイトの魅力

20年以上愛され続けるデザインと実用性

最初にテールメイトが発売されたのは今からなんと20年以上前! 以来、ロゴマークデザインに若干変更があったものの基本的なかたちは一切変わっていない超ロングセラーのド定番ウエストバックです

特徴的な楕円形のアウトライン、立体裁断により体にぴったりフィットするので、ショルダーバッグとしても利用することが可能です

シンプルかつ洗練された機能美と高い実用性を併せ持つテールメイトは、タウンユースは勿論アウトドアシーンでも活躍します

種類とスペック

テールメイトは大きさの違いで2種類のラインナップがあります

どちらもデザインは同じです

テールメイトS

容量 重量 サイズ
8L 415g 39.5W×16H×13Dcm

テールメイトXS

容量 重量 サイズ
3.5L 270g 31.5W×13.5H×10.5Dcm

使い勝手は圧倒的に「S」が良い

テールメイトSの容量は8L。この数値はウエストバッグとしてはかなり大きな方で、軽いデイバッグ並の数値です

ちょっと大きすぎるのでは? テールメイトの購入を考えている方は最初こう思うのではないでしょうか。「XSの方がコンパクトで見た目もすっきりするかも…」私もそうでした

しかし実際テールメイトSを使ってみると、カチッとまとまったフォルムが8Lという容量を全く感じさせない見た目になっており、デイバッグ並みの収容力とウエストバッグの携帯性を両立させた絶妙な大きさであることに気づくはずです

どちらにしようか迷われている方は圧倒的に「S」がおすすめですね

完成度がとてつもなく高い

ここからは私が実際使っているテールメイトSを写真で紹介していきます

ちなみに現行モデルとはロゴデザインが若干違っていますが、それ以外の部分はほとんど同じです

まずは正面から!

DSCN2248

カラーは「HDナイロン」です

ちなみに「HDナイロン」はバッグの素材の種類をさしており、他のカラーとは違い生地に「バリスティックナイロン」が使われています

バリスティックナイロンとは

軍用に開発された通常のナイロンの5倍の強度を持つと言われている繊維。防弾チョッキにも採用されるなど、強度や耐久性に優れたヘビーデューティーの代名詞である素材。高強度・軽量で水に浮き、同重量比で鋼鉄の15倍の強度を誇ります。また燃やしても水と二酸化炭素になり有害物質を発生しません。

参考:http://kijiya.me/

アップにするとこんな感じ

DSCN2250

10年以上使い倒してますが全くヘタってません!

スゴイぞ! バリスティックナイロン!!!

DSCN2251

ここに「S」のタグがつてます

DSCN2252

フロント部分のジッパーにはこんな感じで太めの黒い皮ひもがついていて開け閉めがとってもカンタン♪

DSCN2269

革ひもは茶色のモデルが多いですが、このように全体が黒で統一されているのでよりスタイリッシュに見えますね

DSCN2262

フロントのジッパーを開けてみました

私はいつもこの部分にスマホを入れてます

DSCN2263

中の生地はこのように柔らかめになってるので使いやすいですね

DSCN2254

メイン収納部分のジッパーにも同じように黒の皮ひもがついてます

DSCN2264

メイン収納部をガバッと開けてみました

では実際にどれくらいのものが入るか試してみましょう!

DSCN2265

いつもこんな感じでガシガシと物を突っ込んで使ってます

DSCN2266

  • 財布
  • 縦長ポーチ
  • モバイルバッテリー
  • 充電ケーブル類が入った袋
  • スマホ
  • 500mlペットボトル

こうしてあらためて見てみると脅威の収容力ですね!

DSCN2271

底のマチ部分 約13cmあります

DSCN2270

ジッパーを閉めるとこのように生地で覆い隠されるようになっています

見た目がとてもスッキリして見えるのもこういった細かい部分にこだわりが詰まっているからでしょう

DSCN2255

体に当たる面はこのようにゴムっぽい素材になっていて、クッション性と密着性を高める工夫がされています

DSCN2256

こういった機能的に考えぬかれたこだわりの部分もテールメイトの魅力ですね

最後にベルト部分の紹介

DSCN2257

かなり太いベルト

この太いベルトのおかげで長時間肩に担いでいても痛みなく疲れません

DSCN2303

幅は約5cmあります

DSCN2260

頑丈な作りで長年使っていても一切トラブル無しです

カラーに迷ったら「HDナイロン」がおすすめ♪

選べるカラーは全19色!(2016年6月現在)

選べるカラーは全19色!(2016年6月現在)

たくさんのカラーバリエーションがあるのもテールメイトの魅力。でもたくさんありすぎて正直選ぶのに迷ってしまいますよね

そんな時は「HDがナイロン」をおすすめします!

ご紹介してきたとおり、シンプルかつ洗練された機能美と高い実用性を併せ持つテールメイトは本当に長く愛用できるバッグです

そこで重要になってくるのが生地の色褪せやヘタリ

グレゴリーのバッグはどれも完成度が高く丈夫で長持ちするんですが、長年使い続けているとどうしても生地が色褪せてきたり、ヘタってきたりしてしまいます

その点、「HDナイロン」の生地はバリスティックナイロン。私のテールメイトSを見ても分かるとおり、10年以上使いたおしても全くと言っていいほど色褪せやヘタリがありません!

革ひもの部分だけ若干色落ちしていますが、肝心のカバン本体は今でも新品同様の状態です。それくらい生地が丈夫なんですね

テールメイトの魅力を最大限味わうには「HDナイロン」一択なのです!

現行モデルはロゴマークがちょっと変わってます

現行モデルはロゴマークがちょっと変わってます

今のロゴの方が格好良いなぁ…(´Д`)

matome

外出する際なるべく荷物は持ちたくないという方でもやはり、財布、スマホは必需品。最近ではモバイルバッテリーやケーブル類などもありますね

ポケットには入りきらないしリュックでは大きすぎる、そんな時テールメイトSの絶妙なサイズ感は本当に助かります。一度使うとその使い勝手の良さはすぐに実感できるはず

シンプルかつ洗練された機能美、高い収容力と携帯性、安定の丈夫さ、テールメイトSはきっとこれから先長い間あなたの外出をしっかりサポートしてくれる頼もしい相棒になってくれるはずです!

以上、テールメイトSのご紹介でした

ではまた!

DSCN2248

⇒Amazonで「グレゴリー テールメイトS」最安値をチェックする!

⇒楽天で「グレゴリー テールメイトS」最安値をチェックする!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

グレゴリーのリュックが15年使ってもへたれない理由

【レビュー】機能性高し!! 「グレゴリー スケッチ 25」は使い勝手が良すぎるとてもナイスなリュックだった

DANNER(ダナー)とかいうクソかっこいいおすすめのブーツ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪