おすすめのリストラップ・手頃な価格で高品質!初心者から上級者まで使える優れもの

どうも。ariko(@otonmediariko)です

リストラップを新調したのでかるくご紹介しときます。ジムの先輩に「これマジでいいよ!」と勧められて購入したものですが、確かにこれ、マジでいいです!

スポンサーリンク

リストラップとは?

リストラップは、手首に巻き付けることで手首を固定し、トレーニングを補助する為の筋トレアイテムです。ベンチプレスやダンベルプレスなど押す系の種目(プレス系)をする際、リストラップを使うことで手首の安定感が増し、前腕部分のブレを抑えてくれる効果があります。高重量でもフォームを安定させ、胸の筋肉に意識を集中させることができるので、より効果的なトレーニングに繋がります。前腕のブレは肩や首などのケガに繋がる恐れもあるので、ケガ予防にも有効なアイテムです

リストラップとリストストラップの違い

リストラップとよく似た名前のアイテムで、リストストラップというものがあります。どちらも、手首に巻く筋トレアイテムなので初心者の方はよく混同しがち。名前はよく似ていますが用途は全く違うアイテムで、リストストラップとはデッドリフトや懸垂など、引く系の種目(プル系)をする際、シャフトにストラップを巻きつけて、握力を補助するために使うアイテムです。リストラップは手首に巻く帯状の形をしているのに対し、リストストラップはシャフトに巻きつける分長いストラップ状の形になっています

リストラップは上級者向けアイテム?

ジムに行くと、上級者っぽい人ほどリストラップの着用率が高い気がします。やはり高重量を扱う場合には、手首を安定させることは大事になってくるのでしょう。手首を気にしなくちゃいけないほどまだ重量扱えないし自分にはまだ必要ない、と思っている筋トレ初心者の方であっても、リストラップを使うことで安定した正しいフォームでトレーニングを行うことができるようになるので、筋トレ初心者こそリトラップを使ってトレーニングするのがおすすめです

私が購入したリストラップ

FERRY(フェリー) リストラップ

ということで、今回私が新しく購入したリストラップがこちら。FERRY(フェリー)というブランドのリストラップです。フェリー??初めて聞く方が殆どだと思いますし、実際私も教えてもらうまでは知りませんでした。Amazonで同ブランドの他商品を検索すると、偏光サングラスやゴルフボールケース?がいくつかヒットします。恐らく中華ブランドだとは思いますが、ぶっちゃけその正体は不明です笑

大手メーカーに引けを取らないクオリティ!

そんな、正体不明のフェリーブランドですが、商品のクオリティははっきり言ってめちゃくちゃ高いです。リストラップと言えば、Schiek(シーク)やゴールドジムのやつが有名でジムでもよく見かけますが、そういった大手メーカーのリストラップと比べても、質の高さでは決して引けを取っていません!

生地の厚みや柔軟性、伸縮性、フィット感も申し分なく、リストラップに求められる機能的な部分はかなり高いレベルでクリアしている感じ。筋トレ上級者でも十分に満足できる内容になっています。実際、私にこのアイテムを教えてくれた方は、ボディビル歴20年以上のガチビルダーの方です

細部の縫製も抜かりなく、すごく丁寧に作られている印象です

手頃な価格が嬉しい♪

筋トレ上級者をも満足させるほど高いクオリティの商品にもかかわらず、超お手頃価格なのも、このFERRY(フェリー)リストラップの良いところ。大手メーカーのリストラップに比べると、3分の1から4分の1程度の価格で購入することが可能です

リストラップは、どんなに高品質なものでも、トレーニングで使い続けていくとどうしても見た目や耐久性が劣化していくもの。マジックテープの着脱の繰り返しで、表面が毛羽立ってもけもけになってきたり、機能面が劣化して安定感が失われてきたりするのは仕方ありません。いわば消耗品的なアイテムなので、価格が手頃なのは非常にありがたいですね

カラーが豊富なのも◎

FERRY(フェリー)リストラップには、全部で4種類のカラー(レッド、ブルー、イエロー、グレー)があります。ジムでは、赤黒ストライプ柄もしくはゴールドジム率がかなり高く、他の人とかぶってしまうことがしばしばありますので、カラーバリエーションが豊富なのはうれしいですね。誰が見ても分かる大手メーカーのロゴは、それはそれでかっこ良く魅力がありますが、ロゴが付いているだけで価格が何倍にもなっているということが、このFERRY(フェリー)リストラップを購入してみて実感することができました

私は今回グレーを購入しました。ウェアに合わせて他の色も欲しいな♪

長さ50cm

FERRY(フェリー)リストラップの長さは約50cmあります。リストラップの長さは50cm~60cmのものが一般的ですので、やや短めの商品にあたりますが、個人的には安定感を得るにはこれでも十分な長さだと思います。生地の幅と厚みも関係しているのでしょう。ただ、マジックテープを止める部分の長さが少しだけ短いのかなと感じました。手首が極端に太い人だと、もしかするとマジックテープを全て止められずに、生地にマジックテープのチクチク部分が当って、次第にもけもけになってくるのかも。。ちなみに私はちゃんと全て止められました

巻きつけ具合によって、手首をガチガチに固めることもできます。生地が良くフィット感があるので長時間付けていても苦になりません

その他おすすめのリストラップ

ここからは、ジムでよく見かける装着率が高いリストラップをいくつかご紹介します。よく選ばれるということは、やはりそれだけ物が良いということなのでしょう。ま、単純にロゴがかっこいいからという理由もあるとおもいますが笑

Schiek(シーク) リストラップ 24インチ

アメリカの老舗トレーニングギアメーカー、Schiek(シーク)社のリストラップ。アメリカの国旗があしらわれた分かりやすくてかっこいいロゴが大きくバシーっと入ったリストラップは、やはりジムでも目立ちます。人とかぶることを気にしなければ、これを選んでおけばまず間違いは無いでしょう。長さは24インチ(約60cm)ということで結構長めのタイプ

ゴールドジム リストラップ G3511

言わずと知れた世界一有名なボディビルジム、ゴールドジムのリストラップ。筋トレしてる人なら何故かこのロゴが入ったアイテムを使いたくなってしまうという、それくらい魅力のある人気ブランドですね。ジムでも、老若男女、幅広い層の方たちが使っているのを見かけます。黒地にお馴染みのロゴがよく映えて確かにかっこいいですね

king2ring リストラップ pk360

こたらもアメリカのトレーニングギアメーカー。このメーカーのパワーグリップを使っていて、それがすごく使い勝手が良いので、恐らくリストラップも良いのだろうなということで選んでみました。個人的には、次はコレを是非試してみたいですね。価格も上の2つに比べると手頃です

【関連記事】
懸垂をより効かせるためのおすすめアイテム!

まとめ

ということで、FERRY(フェリー)リストラップはこんな方におすすめ!

  • プレス系種目のフォームを安定させて重量アップを目指したい方
  • 安くて品質の高いリストラップが欲しい方
  • 大手メーカーのものに比べ価格がかなり違うけど実際どーなの?と購入に悩んでいる方

これからリストラップを購入しようと思っているけど、どれを選んだら良いかわからないという方は、是非参考にしてみて下さいね!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

ジムで筋トレするのに一番おすすめなシューズは?

【ジムの持ち物】必ず必要なもの・あると便利なもの・私のバッグの中身を公開します!

【自宅で懸垂】DIYで懸垂バーを取り付けてみた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪