シェラカップの使い方を知ればキャンプがもっと楽しくなる♪

どうも。ariko(@otonmediariko)です

これまでシェラカップを単なる雰囲気アイテムだとばかり思い込んでいた私。どうせ、いかにもキャンプしてる感を演出してくれるだけの、実用性以外のところにしか価値のないアイテムなんでしょみたいな

でも、実際に使ってみて、シェラカップの使い方を知れば知るほど、シェラカップのあまりの便利さと、これまでシェラカップのことを小馬鹿にしてきた自分のアホさ加減に気付かされます笑

スポンサーリンク

シェラカップとは?

シェラカップの始まり

アメリカの自然保護団体シエラクラブが、クラブの会員向けに作ったオリジナルのカップ(シエラクラブカップ)が、シェラカップのそもそもの始まりで、公式のものにはカップの底に「SIERRA CLUB」という刻印が入っています。そして公式のシェラカップは、その購入資金の一部がシエラクラブを通じて自然保護に役立てられるという仕組みになっているので、シェラカップを所有することには、私は自然保護に協力していますという意思表明の意味合いもあるそうな

そんな話を聞くと、ますますシェラカップが見た目だけのアイテムっぽく感じてしまいますが、オリジナルのシェラカップは確かに雰囲気があってかっこいいですね

シェラカップの特徴

オリジナルのシェラカップがあまりに人気だったため、その後、いろいろなメーカーが、オリジナルの形状を真似て似たようなカップがたくさん作られるようになり、それらを総称してシェラカップと呼ばれるようになりました

シェラカップの特徴としては、軽くて丈夫な金属製のカップに、ワイヤーでできた取っ手が付いていて、取っ手のワイヤーはカップの縁にぐるりと巻きつけられているものが一般的です。これは、カップを火にかけても縁が熱くならないようにする為の工夫なのですが、さすがに火から下ろした直後は熱いので気をつけましょう。指を引っ掛けるようにして持つ独特の形をした取っ手は、ロープやザックなどに吊り下げるのにも便利です。また、シェラカップは重ね合わせて収納することができるので、荷物がかさばらないといった特徴もあります

シェラカップの便利な使い方

取り皿

まず最初に紹介するシェラカップの使い方は、食事の際の取り皿として使うという使い方。実際、キャンプにシェラカップを持って行った時に、この使い方が一番利用シーンが多いのではないでしょうか

プラスチック製の皿や紙皿に比べ、取っ手が付いている分遥かに使いやすく、ある程度底が深いのでこぼれにくいのも◎。バーベキューの際には、最強のタレ皿になります♪

マグカップ

コーヒーやスープなどを飲む時にマグカップとして使うという使い方もできます。シェラカップは直接火にかけることができるので、お湯を沸かしてそのまま飲むなんていう使い方も可能です

口が広い形状なので、どうしても冷めやすいのが玉にキズ。ただ、私はすごく猫舌なのでそのほうが助かります

シェラカップは鍋として使うこともできちゃいます。基本は湯沸かしですが、そこに粉末のスープを入れたり、食材を入れて煮込み料理をつくることも可能です。鍋と取り皿を兼ねているので洗い物が少なくて済むのも◎

底が小さいので、火にかけている時にひっくり返らないように注意が必要です。安定しない場合には五徳の上に小さな焼き網を乗せてから、その上にシェラカップを置くと良いでしょう

フライパン

もちろん、シェラカップはフライパンとして使うことも可能です。サイズ的にはかなり小さくはなってしまいますが、朝食用にベーコンやウインナーを焼いたり、目玉焼きを1個作る分には十分です

油汚れなども落としやすく、とても丈夫に作られているので、使った後の手入れもすごく簡単です

炊飯器

シェラカップを使ってお米を炊くこともできます。鍋として使えるのであれば、米が炊けても全然不思議ではありませんが、ポイントは同じサイズのシェラカップを2個使うこと。フタになるシェラカップがズレないようにクリップなどで固定すると良いでしょう

計量カップ

シェラカップの内側には、大抵、目盛りが付いているので、計量カップとして使うことも可能です。キャンプに計量カップを別で持っていく人は中々いないでしょうが、兼用で使えるシェラカップならこれ1個でOKです

インスタントの味噌汁を作る時などは、水の量を計らなくても直接注ぎながら確認できるのですごく便利♪

スコップ

シンプルな構造で、とても頑丈に作られているシェラカップは、少々手荒な使い方をしても、壊れることはありません。ということで、シェラカップをスコップ代わりとして使って、地面に穴を掘ることだって出来ちゃいます!

食器としても使うものをスコップとして使うなんて。。と敬遠される方もいらっしゃるでしょうが、シェラカップはガシガシ使い込んでこその道具なのです

飾り

最後に紹介する使い方は、これまで私が、シェラカップを小馬鹿にしてきた『雰囲気アイテム』としての色合いが少々濃くなってしまうのですが、テントサイトにハンギングチェーンをかけ、そこにシェラカップを吊るして飾りとして使うという使い方です

これに関しては、実用性は完全に無視、単なる見た目だけの使い方になってしまいますが、実際にやってみると意外に良いもんだったりします笑

おすすめのシェラカップ

超軽量のシェラカップ

超軽量なチタン製シェラカップ。軽すぎてカップだけだと風などで飛ばされてしまう、それくらい軽量です。軽さをそこまで求めないのであれば、同じスノーピークのもので、ステンレス製のシェラカップもおすすめです

目盛り充実のシェラカップ

こちらのシェラカップは、目盛りがすごく細かく刻まれているので、計量カップとして使う場合、他のものに比べかなり使いやすくなっています。炊飯用に1合分180mlの目盛りが付いているのも◎

大きめサイズのシェラカップ

鍋やフライパンとしての使い方をするには、正直、もう少し大きさがあるものの方がより便利。容量630mlのこちらのシェラカップであれば、メイン料理も楽に調理することができるでしょう。価格も手頃なのがありがたい♪

あとがき

シェラカップが、決して見た目だけの雰囲気アイテムではないということがお分かりいただけましたでしょうか。次のキャンプには是非、お気に入りのシェラカップを持って行ってみて下さい。きっと大活躍してくれるはずですよ♪

それではまた~!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪