【自宅で懸垂】DIYで懸垂バーを自作してみた!

どうも。ariko(@otonmediariko)です

これまで、自宅で懸垂するときは「ドアジム」を使っていましたが、ドア枠以外の場所でも懸垂できたらいいな、ということでDIYで懸垂バーを作って取り付けてみました!

スポンサーリンク

ドアジムは素晴らしい器具だけど。。

ドア枠に突っ張り棒のように取り付ける「ドアジム」は、自宅で手軽に懸垂ができる超おすすめアイテムです

ドア枠のサイズに合わせてバーを伸縮させることができるので、簡単に取り付けることができますし、何より価格が安いのが良いですね

私も長年「ドアジム」を愛用して、上半身を鍛えてきました

【参考記事】
【最強の筋トレ】懸垂の効果で3ヶ月で体がみるみる変わったよ!/正しい懸垂のやり方も紹介♪

取り付けする場所には、ガッシリとした強度が必要なので、ドア枠に取り付けるのが一番ですが、柱や壁を使って取り付けることも可能です

ただし、この場合、取り付け可能な幅は、バーの長さ(だいたい最長100cm~130cmくらいまで)に限られます

ドア枠を傷つけたくないという方や、もっと幅が広い場所で懸垂したいという方は、「ドアジム」以外の方法を探す必要があります

スタンド型の懸垂マシン」を使うという方法もありますが、設置場所の問題や、価格もかなり上がってしまいます

DIYで懸垂バーを取り付ける!

ということで今回は、ドア枠以外の場所で、尚且つ、幅が130cm以上ある場所に、DIYで懸垂バーを取り付けてみたいと思います

使用する材料

  • 2×4(ツーバイフォー)材 1820mm 300円
  • ステンレスパイプ 32×1.2×1820mm 1,200円
  • パイプソケット 200円

2×4材は、カットや穴あけなど加工がしやすく、価格もとっても手頃なので、お手軽DIYには欠かせない材料ですね

あらかじめ必要な長さを測っておいて、ホームセンターでカットしてもらうのがおすすめです

2×4材は、商品によってかなり個体差があります。選ぶ際には、反りがない真っ直ぐなものを選ぶようにしましょう

ステンレスパイプは、長さ1820mmのものを購入して、ホームセンターで必要な長さにカットしてもらいました

ステンレスパイプをカットするには専用の工具が必要ですので、こちらもホームセンターでカットしてもらうのが良いでしょう

パイプの太さは、握りやすさと、耐荷重を踏まえて、32mmのものを選びました

こちらが、ステンレスパイプを壁などに取り付けるための専用ソケット

中央の穴にステンレスパイプを差し込んで、ビス止めして固定するという、とてもシンプルな仕組みです。ちなみに、このソケット自体には耐荷重の表記はありませんでした

2×4材を固定する

今回、2×4材は、懸垂バーを取り付ける柱代わりとして使用します

2×4材の断面サイズは38mm×89mm。これくらいの太さであれば、懸垂バーを支える柱としては十分な強度があるでしょう

階段の手すりに2×4材を直接ビス止めして固定しました

ソケットとバーを取り付ける

2×4材で作った柱にソケットとステンレスパイプのバーを取り付けます

ステンレスパイプは、幅ピッタリにカットしてあるので、一緒に取り付けないと後からではソケットに入りませんので注意

反対側は壁に直接ビス止めしました。ソケットを壁に取り付ける際には、壁の裏側に柱が通っていることが必要です

DIY懸垂バーの完成!

ということで、あっという間に手作り懸垂バーの完成です♪

作業時間10分。材料費1,700円でした

肝心の使い勝手はというと。。

すごくいい感じです♪

体重60kgの私が全力でぶら下がっても、全くびくともしません。バーの真ん中を持って、思いっきり体重をかけると、微妙にバーがしなるくらい

懸垂するときは、肩幅かそれよりやや広めの位置でバーを握りますので、その位置で握る分には、公園にある鉄棒くらいの強度がありそうです

当然、ぶら下がる人の体重によって、必要なバーの太さや長さが異なりますので、DIYで自宅に懸垂バーを取り付けて使う際には、十分に安全を確認してから使用するようにしましょう!

ちなみに、ステンレスパイプの耐荷重の大きさは、パイプの太さや長さに比例します。ホームセンターには今回購入した太さ32mmの他に、太さ38mmのパイプも売っていました

ボツになった取り付け方法

今回、バーを支える柱として使用した2×4材は、階段の手すりにビス止めする方法で固定しましたが、当初は「ディアウォール」を使って固定しようと考えていました

ディアウォール」は、2×4材の両端にキャップのように取り付けることで、床と天井を突っ張り棒のようにして2×4材を固定できる優れもの。これまで、「ディアウォール」を使って色んな物を作ってきました

【参考記事】
ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法

ただ、「ディアウォール」を使った2×4材の柱は、左右とか前後の力には強いのですが、上下とくに下にかかる力に対しては弱い、という特徴があります

バネの力で床っと天井を上下に突っ張っているので、よく考えれば当然ですね

まとめ

いろんな事情で「ドアジム」が使えない、けど自宅で懸垂がしたい!という方は、今回ご紹介した方法を是非参考にしてみてくださいね!

2×4材、ステンレスパイプ、ソケットは、いずれもホームセンターで安価で揃えられる材料ですので、工夫次第でいろんな場所に懸垂バーを取り付けることができますよ

ただし、くれぐれも使用する際には、十分な強度と耐荷重があるかどうかを確認してからにしましょう!

以上、DIYで自宅に懸垂バーを取り付ける方法のご紹介でした

それではまた!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【最強の筋トレ】懸垂の効果で3ヶ月で体がみるみる変わったよ!/正しい懸垂のやり方も紹介♪

腹筋ローラーの効果 いくら続けても腹筋が割れない理由

プロテインはいつ飲む?理想的な体づくりに最適な摂取タイミング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪