東京マラソン スタート前トイレについての注意点

2017年に初めて東京マラソンに出場した経験を踏まえて、気づいたこと、注意点などをご紹介していきます

今回は、スタート前のトイレについて。あらかじめ知っておくと、よりスムーズにスタートできますので、是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

スタートまでのタイムテーブル

  • 7:00-8:15 入場ゲートOPEN
  • 7:00-8:30 手荷物預け
  • 7:45-8:45 スタート位置に整列
  • 9:00-9:05 スタートセレモニー
  • 9:05 車いすランナースタート
  • 9:10 スタート

入場ゲートOPENからスタートまで、基本、毎年同じタイムテーブルで実施されています

初めて東京マラソンに出場される方であれば、当日は、なるべく早め早めの行動を心がけているでしょうから、スタート会場に到着してからスタートするまでは約2時間

この2時間の間に必ず済ませておかなければならないのが、そう。トイレです

トイレは何時までに済ませておく?

スタート位置に整列すると周りじゅうランナーでうめつくされてしまいますので、そこから抜けだしてトイレに行くのは至難の業です

ですので、スタート位置に整列する締切時間「8時45分」までには、トイレを済ませておく必要があります

ただし、スタート位置整列の締切時間ぎりぎりにトイレに行って、万が一締切時間までに間に合わなった場合には、最後尾からのスタートになってしまいます

また、早めにトイレに行きすぎてしまうと、スタートするまでにもう1回トイレに行きたくなるなんてことも考えられます。できれば、スタート前は1回で済ませてしまうのが良いでしょう

8時30分くらいまでにはトイレを済ませておくのがベストでしょう

スタート会場のトイレ

スタート会場にはばらばらに約10箇所ほど仮設トイレが設けられています。それぞれの場所には何十台もの仮設トイレが連なっています

あれだけの数のトイレを見れば誰もが、「これだけあればすぐに済ませられるだろう」と思うはず

でも、それは大きな間違いです!

東京マラソンのスタート会場には、約3万6千人以上のランナーが集まっています。その方たち全てとは言わないまでも、大半のランナーがスタート前にトイレを使います

スタート位置整列までにトイレを済ませようと皆同じことを考えますので、時間が経過するとともにトイレに並ぶ行列はものすごいことになってきます

ちなみに、私がゴールした後にたまたま話す機会があった他のランナーさんに話を聞いたところによると、その方はスタート前のトイレ行列に40分ちかく並んでいたんだとか!

トイレ行列に並ぶ場合は、必ず時間を逆算して並ぶようにしましょう

スタート会場はランナーで埋め尽くされます!

おすすめのトイレ

ちなみに、偉そうなこと言ってますが、私もトイレ行列の時間を完全に見誤った一人で、いざトイレに行こうと思った時には、既に行列の長さがとんでもないことになっていました

これは絶対に間に合わない!(色んな意味で)

とっさにそう思った私は、スタート会場のエリアマップを見て、他の場所にあるトイレに行ってみることにしました

そこで発見したのが、新宿中央公園の水の広場に設置された仮設トイレ

スタート会場の中心部からは少し離れた場所になりますが、それでも歩いて5分もかかりません

スタート会場中心部にあるトイレに比べると、仮設トイレの台数こそ少ないものの、行列の長さはそこまで長くありませんでした

こちらがその時の様子↓

たくさん並んでいるように見えるでしょうが、これでも、スタート会場中心部のトイレに比べると行列の長さは半分くらいです

仕方ないここに並ぶか、と、そう思った次の瞬間

信じられないような光景がそこに!!!

めちゃくちゃ空いてるーーー!!!

そうなんです。

新宿中央公園の水の広場に設置された仮設トイレは、男女兼用で使える個室タイプのトイレと、その隣に、男子用の小用トイレが設置されているんです

台数も多く、回転率が良いので、全く並ばずにサッと用をたすことができました!

今回たまたま発見できた男子専用の小用トイレですが、もしかしたら、スタート会場の他の場所にもあるかもしれません

もし、男性で小用のみでOKの方は、決して男女兼用トイレには並ばずに、男子専用トイレを探すことを強くおすすめします!

スタッフに聞くと教えてくれるはずです。スタート前の貴重な時間を、ずっと立ったまま40分過ごすのはもったいないですからね

もし、レース中にトイレに行きたくなったら?

東京マラソンでは、コース上各所にトイレ(公衆トイレ、仮設トイレ)が設置されています

どうしても我慢できなくなった場合には、そちらを利用するとよいでしょう。場所は、案内板を持ったスタッフが誘導してくれますのですぐに分かります

ただし、ペースが乱れたり大幅なタイムロスに繋がりますので、できるだけレース中は使わずにおきたいものですね

まとめ

トイレばっかりはなかなか思うようにコントロール出来ないものですが、できるだけ早め早めの行動を心がけ、万全の状態でスタート位置につけるようにしましょう

以上、東京マラソンスタート前のトイレについての注意点でした

是非参考にして、東京マラソンを最高の思い出にしてくださいね!

それではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪