【GoProおすすめモデル比較】簡単まとめ。アクションカメラ初心者はどっちを買うべき?

数年ぶりにバイク購入!

でも天気が悪くてなかなか走りに行けない

ユーチューブでツーリング動画を見まくる日々

自分でもこういう動画撮りたい!←今ここ

ということで、アクションカメラを色々と物色中のariko(@otonmediariko)です。どうもこんにちは!

これまで全くノーマークだった分野なだけに、技術の進歩に正直かなり面食らっております。4K撮影や高性能な手ぶれ補正は当たり前、迫力ある美しい映像が誰でも簡単に撮影できちゃう今のアクションカメラすご過ぎ!

中でも、「GoPro」ってのがどうやら人気のようです。ということで今回は、GoProの最新モデルを比較して、アクションカメラ初心者はどっちを買うべき?についてまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

GoProって?

GoPro(ゴープロ)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオの企業Woodman Labsが所有する探検での撮影向けのヘルメットカメラといったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。プロからアマチュアに至るまで幅広く使われている。2002年創業。

Wikipedia-GoPro

高い性能と使い勝手の良さに加え、さまざまなアクティブシーンに対応する専用アクセサリーが充実しているのがGoProの特徴

もとは、サーフィン大好きな兄ちゃん(現CEO)が、自分がサーフィンしてるところをかっこよく撮影できるカメラが欲しいけどそんな便利なカメラは無い。ないなら自分で作っちゃえ!ってのがきっかけでできた会社なんだそうで

アクションカメラならGoPro!

GoProは、そんな「使う側の視点で作られたカメラ」なだけあって、実際に同じように使いたいという世界中の人達に大いにウケて、「アクションカメラならGoPro」と言われるくらい、その分野ではずっと一人勝ち状態が続いているブランドです

ということで、アクションカメラが欲しいなら今のところGoProを選んでおけば間違いなさそうです

モトブロガーは大体GoPro!

ちなみに、私が最近毎日のように見ているバイク動画も、その撮影に使われているカメラは大体がGoProだったりします

下は、世界的に有名なモトブロガーの一人RoyalJordanian氏の動画で、バイクの排気音(めちゃくちゃ爆音w)で交通マナーを注意する人気動画です。カッコ良い!

日本人のモトブロガーだとNonAlcoholRiderさんなんかも好きですね。北海道や九州のツーリング動画では、GoProで撮影した美しい映像がたくさん楽しめて、観るとほんとバイクが乗りたくなります!

GoProのラインナップ

現在、GoProには2つのアクションカメラがラインナップされています。正確に言うと、GoProには2つしか商品はありません。これなら、機種選びにそこまで悩む必要は無いので良いですね

GoPro HERO 5 Black

「ごーぷろ ひーろーふぁいぶ ぶらっく」と言います。その名の通り、GoProの5代目にあたるモデルで、2016年10月に発売されたGoProの最新モデルになります

名前が戦隊シリーズものの一人みたいでかっこいいですね。戦隊ものでは大抵、主人公のレッドよりブルーとかブラックが好きだった私としてはこの時点で既にツボです

GpPro HERO 5 Session


「ごーぷろ ひーろーふぁいぶ せっしょん」。ブラックに比べて本体が小さいのが特徴です

ジャズなどで集まって一緒に演奏するあの「セッション」が、名前の由来でしょうか。コンパクトなので頭とかに装着するには良さそうですね

「Black」と「Session」の違いは?

こうしてみると、機能的にはそこまで差が無いように見えますね。基本的な撮影の性能に関しては、ほぼ同等という感じです

上の表で見ると、大きく異なる点は3つ。「タッチディスプレイの有無」、「位置情報取得(GPS)の有無」、「RAW形式保存&WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影の有無」

違いその①
タッチディスプレイの有無

『GoPro HERO 5 Black』には2インチのタッチディスプレイが搭載されています。非常にコンパクトなカメラなので、画面をタッチして操作できるのは良いですね。撮影した内容をすぐに画面で確認できるのもポイントでしょう

その点、『GoPro HERO 5 Session』ではどうにもならないか、というとそんなことはなく、スマホの専用アプリを使ってカメラと連動させることで、スマホの画面で確認、操作が可能です

違いその②
位置情報取得(GPS)の有無

撮影した場所のデータを記録できるかどうかの違い。あれば便利でしょうが、個人的には別になくてもいいかな、という機能です

違いその③
RAW形式保存&WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影の有無

静止画をRAW形式で保存できるかどうかの違い。編集ソフトを使って画像を扱うときに、このRAW形式のファイルだと何かと編集しやすいんだそうで

あと、WDR(ワイドダイナミックレンジ)ってのは、これまた静止画を撮影するときの機能で、明るさを自動補正してくれてより鮮明に写すことができる機能のようです

GoProで静止画も撮りたい!って人ならどちらもあったほうが良さそうな機能ですね

その他の違い①
バッテリー

『GoPro HERO 5 Black』は容量1220mAhで着脱可能、『GoPro HERO 5 Session』は容量1000mAhで着脱不可となっています

バッテリー切れの時に、予備のバッテリーで対応できるかどうかの違い。もし『GoPro HERO 5 Session』のバッテリーが切れたら、本体ごと充電しないといけないということ。これって結構重要なポイントではないでしょうか

その他の違い②
インターフェイス

両機種ともに、記録用のmicroSDスロットと、充電やパソコンとの接続端子としてUSB-Type Cを装備。それとは別に『GoPro HERO5 Black』のみ、マイクロHDMI出力が付いてます

『GoPro HERO5 Black』なら、テレビとかにHDMI接続して撮影した映像をみんなで楽しむ、っていうような使い方ができますね

その他の違い③
動画性能

極端な差はありませんが、『GoPro HERO 5 Black』の方が画角が広く、高いフレームレートを選択できるようです

『GoPro HERO5 Black』であれば、毎秒240フレームのスローモーション的な動画を撮影して楽しむことができます

その他の違い④
操作性

物理ボタンはどちらも1つだけ。電源のオンオフや、撮影をスタートストップするときも、全てこのボタン1つで行います。しかも、両機種とも音声コントロール機能を搭載しているので、基本的な操作に関しては、小さいからといって操作性が悪くなるということはなさそうです

ただし、カメラの設定を変更する時や、設定状況を確認するときは、タッチディスプレイを搭載している『GoPro HERO 5 Black』の方が当然操作性は良いでしょう

その他の違い⑤
アクセサリー

『GoPro HERO 5 Black』には、水中での色補正用フィルタや、水深60mまで対応した防水ケースなどが用意されています

本格的にダイビング撮影を楽しみたいという方は、『GoPro HERO 5 Black』を選んだほうが良さそうですね

まとめ

『GoPro HERO 5 Black』はこんな方におすすめ

  • 映像をすぐに確認したい
  • 撮影した場所を記録しておきたい
  • 動画だけでなく静止画にもこだわりたい
  • 長時間撮影する
  • 本格的なダイビング撮影をしてみたい

『GoPro HERO 5 Session』はこんな方におすすめ

  • 自転車やバイク、ヘルメットなどに取り付けたい
  • 手軽にGoProを楽しみたい
  • スマホで確認、設定ができれば十分

だいたいこんな感じでしょうか

肝心の価格については、定価で11,000円の差があります。それも含め「手軽さ」の『Session』と「性能重視」の『Black』と言ったところでしょう

ということで、私はというと、そもそものきっかけが、バイク動画を撮影してみたい!ということでしたので、ヘルメットに取り付けることを考えるとよりコンパクトな『GoPro HERO 5 Session』が良さそうですね。バッテリーの件だけがちと気がかり

以上、検討されてる方は是非参考にしてみてくださいね!

それではまた!

性能を重視したいならこっち!

手軽にGoProを楽しむならこっち!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

Amazonで買ってよかったもの/私の生活を豊かにしてくれた16の商品

Kindle Fire HDにGoogle Playストアをインストールしてみたら息子も大喜びの最強タブレットになった!

【まとめ】Amazonプライムビデオで今観れるおすすめの映画・ドラマ・アニメ一覧

【Amazon Fire TV Stick】開封からAVアンプ接続、設定、プロジェクター投影まで

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪