原付バイクのナンバー取得方法/必要なものとか書類の書き方とか

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

ヤフオクで原付バイク(スーパーカブ90)をゲットしたので、早速、ナンバーを取得してきました。特に難しいことはありませんでしたが、必要なものとか書類の書き方とかをまとめてみましたので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ナンバー取得までの流れ

1.バイクの所有者から書類をもらう

2.その書類を持って市役所に行く

3.ナンバーゲット!

バイクを落札してからナンバーを取得するまでの流れは、簡単に言うとこれだけでした

今回、私がバイクを落札させてもらった出品者の方は、個人でバイクショップを経営している方でしたので、この辺のやりとりに関しては慣れたものなのでしょう。オークション終了後、すぐに書類を郵送してくれました(しかも速達で)

必要事項も既に出品者の方がほとんど記入してくれていたので、私は名前と住所書いて印鑑押すだけ。あとはその書類を市役所に提出して、無事ナンバーゲット!

原付バイクのナンバーって、書類1枚で取得できちゃうんですね!

ナンバー取得に必要なもの

①軽自動車税申告書兼標識交付申請書

②販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書いずれか1つ※

③身分証明書

④印鑑

②の「販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書いずれか1つ」というのは、必ずしも必要というわけではありません(実際、今回私は必要ありませんでした)。それぞれ説明していきます

①軽自動車税申告書兼標識交付申請書

見事に漢字ばっかりのいかにも役所の書類って感じですね

その名の通り、「これからバイク乗るんでちゃんと税金収めますよ、あと、ナンバーちょうだい!」っていう書類です

しかもこの書類は、販売証明書(譲渡でもOK)も兼ねていて、この書類に販売者の記名押印があれば、提出するのはこの書類1枚でOKです

ちなみに今回、出品者の方が私に郵送してくれた書類がコレになります

軽自動車税申告書兼標識交付申請書

軽自動車税申告書兼標識交付申請書

この書類自体は、各自治体のホームページからダウンロードできます

書式は自治体によって若干違いがあるようで、今回出品者の方が送ってくれた書類は、私の住んでる自治体のホームページからダウンロードできる書式とは違ってました

②販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書いずれか1つ

①「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」に、販売者の記名押印がない場合には、これらの書類を添付する必要があります

③身分証明書

免許証とか。でも、今回私は身分証明書の提示は求められませんでした。恐らく担当者のうっかりミスだと思うので、持っていったほうが良いでしょう

④印鑑

印鑑は、役所で①「軽自動車税申告兼標識交付申請書」を記入する際に必要なだけなので、事前に記入押印してあれば不要です。今回、一応持ってはいきましたが、結局使いませんでした

この他に、石ずりと言って、バイクのフレームに紙を押し当て鉛筆などで車体番号を移した物が必要な場合もあるそうです。私は今回必要ありませんでした。自治体によって違いがあるんでしょうか

書類の書き方

「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」の記入例

「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」の記入例

バイクの情報については、「車名(ホンダとかヤマハとか)」と「車台番号」、「排気量」が必須項目です。「型式及び年式」とか「型式認定番号」の記載は必要ありませんでした

役所の担当窓口

原付バイクのナンバー取得は、税金関係を担当する部署が窓口になっています

各自治体によって部署の呼び名は違いますが、一般的には税務課、課税課、市民税課といったところでしょうか

書類を提出し、内容に不備がなければその場でナンバーがもらえます

私は平日の午前中に行って、他に誰も人がいなかったせいもあるでしょうが、書類を渡しただけで3分も待たずにナンバーをもらうことができました

「えっ???もういいんですか?」

あまりにも簡単にもらえちゃったので、担当の人に聞いたくらいですw

あとがき

原付バイクのナンバーは、思った以上に簡単に取得することができました

バイク屋さんにお願いすると、当然、手数料として何千円かは取られるでしょうから、可能なら自分でやることをおすすめします

以上、原付バイクのナンバー取得方法のご紹介でした

それではまた!

90ccの原付バイクは黄色ナンバー!

90ccの原付バイクは黄色ナンバー!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

バイクの自賠責保険をコンビニで加入してみた/クレジットカードは使えないから注意!

スーパーカブをヤフオクで衝動買いするという行為を全力で肯定してみる!

ヤフオクで落札したバイクの配送料金を比較したら最大30,000円も差があったよ!

のんびり気ままなカブのツーリングブログ
CUBDOKO 今日はカブでどこ行こう」もチェックしてね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪