ディアウォールでおしゃれな壁を作る方法

dscn5917

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmesiariko)です

今話題のDIYグッズ「ディアウォール」を使ってリビングに板壁を作ってみました。部屋の雰囲気がおしゃれに一変して大満足!

ディアウォールを使えば、既存の壁を傷つけたり穴を開けずに済みますので、賃貸の方でも気軽にDIYが楽しめます。是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ディアウォールって何?

話題のDIYグッズ「ディアウォール」

話題のDIYグッズ「ディアウォール」

ディアウォールとは、特殊くぎなどの建設用部品メーカー若井産業株式会社が発売している、2×4材専用の道具です

天井側に取り付ける方にだけ中にバネが入っているので、2×4材を突っ張り棒のようにして使うことができるようになります

中にバネが入ってます

中にバネが入ってます

取付け方は簡単で、市販の2×4材の両端にすぽっとはめ込むだけ!2×4材の断面の大きさはちゃんと規格で決まっているので安心です

2×4材の特徴

2×4材はホームセンターで簡単に手に入れることができて、しかも安い!DIYで一番使い勝手が良いサイズ「6フィート(1820mm)」の2×4材で、だいたい1本300円~400円程度で買えちゃいます

あらかじめ表面が研磨され、面取りもされているので、買ってそのまま使うことができます。切断や釘打ち、塗装など加工もしやすいので、DIYにはもってこいの材料です

もともとアメリカが発祥の建材なので、長さの単位はインチやフィートで表されます。あまり馴染みがない単位ですが、DIYするときはおぼえておくと何かと便利です

ちなみに2×4材は、断面のサイズが2インチ×4インチで作られています。ただし、乾燥させる段階で縮んでしまうので実際には1.5インチ(38mm)×3.5インチ(89mm)程度で規格化されています

安くて使いやすい2×4材

安くて使いやすい2×4材

ディアウォールの使用例

画像引用:http://roomclip.jp/

画像引用:http://roomclip.jp/

使い方次第では、こんなに素敵な机も作れちゃいます!これならスペースを有効活用できて、部屋も広々使えますね♪

画像引用:http://roomclip.jp/

画像引用:http://roomclip.jp/

キッチンにこんなおしゃれな棚があったら、毎日料理するのが楽しくなりそうです。ディアウォールには棚受けの専用パーツも用意されています

画像引用:http://roomclip.jp/

画像引用:http://roomclip.jp/

観葉植物もディアウォールを使えばこんなに素敵に飾ることができます。木の風合いがとってもおしゃれですね♪

dia_5

こんなにおしゃれな壁面の棚も、ディアウォールを使えば壁を一切傷つけることなく簡単に作ることができます。スゴいぞ!ディアウォール!!!

実際にディアウォールを使ってみた♪

dscn5917

ということで私もディアウォールを使って、リビングの壁の一部におしゃれな板壁を設置してみたいと思います!

壁の色に合わせて、今回は白のディアウォールを用意しました。カラーは白の他に、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックがあります

dscn5914

テレビが置いてある後ろの部分に、ディアウォールを使って板壁を設置してみます。クーラーが付いているのでうまくいくかちょっと心配です

dscn5923

2×4材の下にディアウォールをはめてみました。干渉することなくすっぽり入りました

dscn5928

ちなみに底面にはこんな感じでクッション材が張られています。滑りにくく、また床を傷つけることがないので安心です

dscn5922

上の方はこんな感じです。ぎゅっと押し込むとバネが縮んで、天井と床を突っ張って固定されました。一旦固定された2×4材は、再度上にぎゅっと持ち上げない限りズレることはありません

ディアウォール取付け時のポイント

マイナス40~45mmでカットする

2×4材の長さは、突っ張らせる床から天井までの実際の長さマイナス40~45mmを目安にカットしましょう。これよりも短くカットしてしまうとバネが効かずうまく突っ張らせることができませんし、逆に長すぎると突っ張りの強度が強くなりすぎて、天井と床の間に入れることができません

私は今回、マイナス40mmでカットしましたが、かなりガシッと設置できた印象です

天井に押し付けて設置

まず天井部分の位置をしっかりと決めて固定してから、ぎゅっと上に持ち上げながら下をずらしていく感じです。そうすることで天井の壁紙を傷つけることなくキレイに設置できます

垂直を計る

設置したら必ず2×4材が垂直に立っているかどうかチェックします。これをしないと、強度が保てずに危険です

色は先に塗っておく

塗装する場合には、設置する前に塗っておくと良いでしょう。塗装すると当然見た目もキレイになりますし長持ちするのでおすすめです

骨組み完成!

dscn5919

ということで、ディアウォールと2×4材を使ってあっという間に壁の骨組みが完成しました!今回、2×4材はホームセンターであらかじめカットしてもらっていたので、10分もかからずにここまで出来ちゃいました。めちゃくちゃ簡単♪

dscn5926

2×4材の連結には、ホームセンターの2×4材コーナーに売っていたこちらの金具を使いました。1個100円でとってもリーズナブル♪

dscn5921

この金具を電動ドライバーでビス止め。最終的に壁で見えなくなる部分なので、見た目を気にしないところであればこういった金具で十分ですね

取り付ける際には2×4材が水平になっているかどうか、必ず測ってから取付けましょう

杉板の壁材を取付け

dscn5932

2×4材の骨組みに杉板の壁材をビス止めしていきます。壁に直接じゃないので、何の気兼ねもなくグリグリとビス止めできて楽ちんです!ちなみに壁材はホームセンターで6枚2,000円でした

ということで、完成した壁がこちら!

dscn5929

これまでの単なる白い壁に比べて、雰囲気がガラッと変わってなかなかいい感じになりました。やはり木の風合いは部屋を暖かい雰囲気に変えてくれますね

dscn5934

ちなみに今回ここに壁を作ったのは、テレビを壁掛けにしたいな、というのがそもそもの発端でした

ただ、完成してみたら意外とこのままでも良いかな?と思ってます。これからこの壁に棚とかを取付けても良いかもしれませんね


追記

テレビを壁掛けにしてみました。見た目超すっきりになって更に大満足してます♪

参考:壁掛けテレビをDIYしてみた!金具の調子がすこぶる良い件


まとめ

ディアウォール良いっ!

ディアウォールを使えば誰でも簡単に、自由なDIYが楽しめます。何より安いのが良いっ!今回かかった材料費はというと

  • ディアウォール 900円×2
  • 2×4材(8フィート) 450円×2
  • 2×4材(6フィート) 350円×3
  • カット代 200円
  • 金具 100円×6
  • ビス 300円
  • 壁材 2,000円×2

合計8,200円でした。余った2×4材やビスもあるので、実際にはもう少し安く済んでるはずです

既存の壁に穴を開けたり傷つけることなく、おしゃれな壁や棚が作れるディアウォール。皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか。めちゃくちゃ楽しいですよ♪

それではまた!

dscn5929

dscn5932

ディアウォールはホームセンターよりネットの方が安かったです

この定規めちゃくちゃ便利!

垂直・水平を計りましょう

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【DIY】おすすめの工具箱15選/材質別・種類別にまとめてご紹介!!

プロが認める高品質のこぎり「ゼットソー」の切れ味は確かに凄かった!DIY初心者におすすめのモデルを紹介するよ♪

タクティクスの両面パーツケースが部品入れや小物入れとして使うのに便利すぎる件!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちらから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加