「KAVU(カブー)シンセティックストラップキャップ」は軽量で速乾性に優れたアウトドアおすすめのキャップ!

こんにちは!!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

海や山でアクティブに動きまわりたい方に、とっておきのおすすめアイテムをご紹介します!!

スポンサーリンク

「KAVU(カブー)シンセティックストラップキャップ」

DSCN1396

KAVU(カブー) シンセティックストラップキャップ」です!

KAVUってどんなブランド?

kavu_logo

1993年、バリー・バル(Barry Barr)によって設立された、アメリカのアウトドアメーカーである。漁師の家に生まれ育ったバリーはサーモン漁中に、「アラスカの過酷な環境にも耐えられ、頑丈で水に浮き、強い日差しから目を守り、船上での作業中でも強風に飛ばされにくいサンバイザーを作る」というアイデアを思いついたのが、KAVU社設立のきっかけだという。

出典:http://lance2.net/tozan/z175.html

KAVUはアウトドアブランドとしての確かな機能性や耐久性はもちろん、秀逸なデザインで世界中のアウトドアファンに支持されているブランドです

ちなみにKAVUとは快晴の日を表します

KAVU公式ホームページ

シンセティック素材の特徴

シンセティック素材とは、極細のポリエステル繊維で、木綿と同等の吸水性や通気性・保温性を持たせた化学合成素材で

とっても軽い

速乾性に優れている

といった特徴があり、アウトドアウェアに必要な要素を兼ね備えています

KAVUの代名詞「ストラップキャップ」

1993年KAVU社の創設者であり社長でもあるBarry・Barr氏が開発した野球帽をベースにウェビングテープを縫い付け、後部でベルクロ留めをしたストラップキャップ。ウェビングでサイズ調節するという、今までにない全く新しいコンセプトのユニークなストラップキャップは、初年度はスキー市場、翌年にはアウトドア市場、特にカヌー、カヤック市場へと急速に浸透していき、サンバイザーの発展形としてKAVU社のフラッグシップ商品となる。実際このキャップは、1996年のアトランタオリンピックで、米国カヌー&カヤックチーム公式ライセンス製品にも選ばれ、KAVUは一躍アウトドアブランドとしての地位を高めるに至った。

出典:http://www.kavu.jp/

デザインの特徴は何と言っても帽子をぐるりと一周したストラップ! アウトドアな感じの柄がカッコいいですね

ウェビングストラップのデザインは生産工程上様々な柄のストラップを使用しているため、同じ色の帽子でもストラップが違うものがあります

こんな動画があったので参考にどうぞ
「KAVU ストラップキャップができるまで」

商品レビュー

それでは詳細をご紹介していきます!

DSCN1396

今回、わたしがゲットしたのは「ハーバーブルー」という色

この爽やかな色に一目惚れしちゃいました! ウェビングストラップの色、柄とも見事にマッチしてますよね

DSCN1397

左サイドのウェビングストラップ部分にKAVUのロゴマークが縫い付けられてます

カッコいい!!

DSCN1398

後ろ部分にもロゴのタグが付いてます

DSCN1400

ベルトの調節部分はこんな感じ。 時計の留め具みたいになってます

このように

DSCN1403

留め具を上に上げるとベルトの長さを調節することができます

DSCN1406

シンセティック素材はなんとも言えない触り心地♪ とっても柔らかいんですが軽くて丈夫です

DSCN1404

中の部分。 素材感が表面と若干違っていて少し光沢がある感じです

おでこがあたる部分は伸縮性のあるゴムでできており、汗も吸いやすい素材になってます

DSCN1405

サイズはS、M、Lの3種類あります

ちなみに私の頭周りは58cm。そこまでデカいわけではないと思うんですがLサイズが一番しっくりきました

店頭で試着した感想として、サイズの違いは帽子の深さの違いが大きいです。頭周りはストラップで調節できるのであまり気になりませんでした。私の場合、帽子を浅めにかぶるのがあまり好きではない(似合わない)ので

DSCN1396

KAVUの看板商品であるストラップキャップに、シンセティック素材という機能性の高い素材を組み合わせた「KAVU(カブー) シンセティックストラップキャップ」は軽くて丈夫、速乾性にも優れているので、アウトドアには持って来いのナイスなキャプです!!

野外で思いっきりアウトドアライフを楽しみたいアクティブ派のあなたにとって「KAVU(カブー) シンセティックストラップキャップ」はお気に入りのアイテムになること間違いなしですよ!!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

【人気ブランド別】キャンプに持って行きたいおすすめのアウトドア帽子

帽子・キャップの洗い方/型崩れせずに長持ちさせる3つのポイント

ニューエラの汗止め お気に入りキャップを汗染みから守るおすすめの方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪