チープカシオ(チプカシ)一番人気モデル「カシオ F-91W」の魅力を徹底レビュー!

こんにちは!
おとんメディア編集長のariko(@otonmediariko)です

今回は数あるチプカシ(チープカシオ)の中でも定番中の定番、かつ一番人気のモデル「F-91W」の魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

チプカシ一番人気F-91Wの魅力

軽くて丈夫、電池長持ち、正確で機能性も高いカシオのスタンダードデジタル腕時計は「チプカシ(チープカシオ)」の愛称で多くのファンから親しまれています

中でも今回ご紹介するF-91Wはチプカシの魅力が全て凝縮された「これぞチプカシ」という定番のモデルです

「F-91Wの魅力を語る」イコール「チプカシの魅力を語る」と言っても過言ではありません!

何と言っても安い!

DSCN2483

まずは何と言ってもチープカシオという愛称の所以にもなっているその安さでしょう

メーカー希望小売価格2,900円(税別)とパッケージには書かれていますが実際には1,000円前後で買うことが可能です

ホームセンターなどに置いてあることも多く、来るもの一切拒まずな超低姿勢な販売体制はホント好感持てます♪

ただしここで言う「安い」とは「こんなに良い時計がたった1,000円で良いの!? 安っ!!」という意味です

安い腕時計は探せば他にもあるでしょうが、後述していく多くの魅力に対して1,000円という価格はあまりにもお手頃すぎるのです

カシオさんの企業努力にホント感謝ですね♪

壊れにくく狂わない

DSCN2487

電池寿命は約7年!

しかし、海外でのとある事件?がきっかけでこの時計がいかに壊れにくく狂わないかが実証されました

イギリスのエクセターに住むとある男性が6歳か7歳くらいの時にカシオの腕時計を無くしてしまい、20年後に両親の庭を刷新する時に見つけたとネットに投稿していました。
バックライトは多少消えかかっているものの全く問題なく動いており、時間も7分間遅れていただけだったとか。
時計の持ち主もこの時計はモルドールで作られたのか?と驚いていました。

出典:http://sow.blog.jp/

20年経ってもまだ動いてるのが驚きですが、その誤差がわずか7分!!

そして実際に見つかった時計がこちら

画像引用元:http://sow.blog.jp/archives/1031236863.html

画像引用元:http://sow.blog.jp/archives/1031236863.html

ちゃんと液晶が写ってる ヮ(゚д゚)ォ!

すごいぞチプカシ!

すごいぞF-91W!!

壊れにくく頑丈な時計と言えば同じくカシオのGショックが有名ですが、Gショックは一番安いモデルでも最低6,000円前後しますから、いかにF-91Wがお手頃かが分かりますね

シンプルさがかっこいい

DSCN2489

ひょ~♪

このスタイルたまりません(;゚∀゚)=3ムッハー

DSCN2490

余計なものは一切付いてません! それがまたカッコいい♪

DSCN2507

シンプルなデザインなので数字の視認性もバツグンです

外観レビュー

【左サイド】

DSCN2492

フレームが盛り上がっているのでボタンが押しやすくなってます

【右サイド】

DSCN2494

こちら側はボタンが1つ

【ベルト】

DSCN2496

ベルト幅は最大部分(本体接続部分)で2cmあります

DSCN2497

薄すぎてちょっと頼りなさそうですが、この薄さがバツグンのつけ心地と圧倒的な軽さを実現してるんですね~

【遊環】

DSCN2504

相対的に見ると結構太めな遊環がついてます。太さはおよそ1cm

【留め具】

DSCN2499

プラスチック製です。カクカクしたデザインですね

【背面】

DSCN2491

ヘアライン加工されたステンレス製のフタ。光の当たり具合でいい感じで黒光ってます♪

使いやすいシンプルな機能

DSCN2488_1

赤丸の「モードボタン」を押す度に「アラームモード」⇒「ストップウォッチモード」⇒「時刻合わせモード」に変更できます

【アラームモード】

DSCN2530

アラームは分単位でセットでき、セット時刻になると20秒間電子ブザー音が鳴ります

また、毎正時(00分のとき)を「ピッピッ」と電子ブザー音で知らせる時報もセットすることが可能です

【ストップウォッチモード】

DSCN2535

1/100秒単位で59分59秒99(60分計)まで計測でき、以後自動的に0に戻って計測し続けます

ラップタイム(途中経過時間)を計測することも可能です

【12時間表示・24時間表示の切り替え】

DSCN2488_2

メインの時刻モードの時に赤丸のボタンを押すことで12時間表示と24時間表示を切り替えることが可能です

左腕に時計をつけていると知らぬ間にこのボタンが押されて表示が切り替わってる時がたまにあります。もう一度ボタンを押せば元に戻ります

【LEDライト】

DSCN2503

左上のボタンを押すとこのように緑色のLEDライトが点灯します

バックライトでは無いのが残念ですが、暗い場所であればこれでも何とか視認性は保たれます

海外モデルラインナップ

F-91Wには海外限定のモデルとしていくつかラインナップがあります

日本で購入することも可能ですが当然割高です。ものによっては国内モデルが何本買えるの!?ってくらい高値がついてるものも!

ディスプレイ周りのライン色違い

F-91W-3:緑のライン F-91WG-9:ゴールドのライン

F-91W-3:緑のライン
F-91WG-9:ゴールドのライン

ラインの色が違うだけでだいぶ印象が違って見えますね

ポップなカラーバリエーション♪

左上からF-91WC-3、F-91WC-2、F-91WC-8 左下からF-91WC-4、F91WC-4A2、F91WC-9

左上からF-91WC-3、F-91WC-2、F-91WC-8
左下からF-91WC-4、F91WC-4A2、F91WC-9

何とも楽しいカラーバリエーション♪

コレクター心がくすぐられますね!コチョコチョ

A158Wと比べてみました

DSCN2512

チプカシ、メタルバンドの一番人気モデル「A158W」を並べてみました

画像では大きさが若干違うように見えますが、ディスプレイサイズを実際に測ってみたところほぼ同じサイズでした

DSCN2511

全体ではベルトの長さがF-91Wのほうが若干長いですね

DSCN2510

うーん♪ どっちもカッコいい!

さすが両方とも、チプカシのメタルバンドならコレ! ウレタンバンドならコレ! って言われるモデルなだけあります!

どちらも圧倒的な装着感の薄さ、軽さです。壊れにくくいつまでも正確な時を刻むチプカシにとってこの薄さ、軽さは「見た目のチープさ」ではなく「腕時計としての究極の機能性の高さ」としてユーザーに受け入れられているんですね!!

チプカシを単に安っぽい時計と評価する人はここを全く理解していないということです

(´Д`)ハァ…ワカッテナイナー

そう言えば、某国の有名なテロリストの方がこのF-91Wをはめてたことでも話題になりましたね。あの方はちゃんとチプカシの魅力が分ってたんでしょう

以上、分かる人には分かる、チプカシ一番人気モデル「カシオ F-91W」のご紹介でした

では、また

DSCN2513

メタルバンドの人気モデルについてはこちらの記事で更に詳しく紹介してますので、良かった参考にしてください♪
http://otonmedia.jp/cheap-casio/

こちらも人気の腕時計カシオデータバンクならこちらの記事を参考にどうぞ♪
http://otonmedia.jp/casio-databank/

チプカシのベルト交換はマジおすすめです!
http://otonmedia.jp/post-6893/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとんメディアをフォローして更新情報をゲット♪